« 天使突抜六丁目 | トップページ | 源氏物語 千年の謎 »

2011年12月10日 (土)

フェイク・クライム/Henry's Crime

Photo_2 無実の罪で刑務所に入れられた男が出所し、本当に銀行強盗を企てるというクライムムービー。主演は『50歳の恋愛白書』のキアヌ・リーブス、共演に『ミッション:8ミニッツ』のヴェラ・ファーミガや『ゴッドファーザー』シリーズのジェームズ・カーンが出演している。監督は本作が長編2作目のマルコム・ヴェンヴィル。
>>公式サイト

タイトルと俳優に騙されたわ…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

キアヌ・リーヴスやヴェラ・ファーミガ、ジェームズ・カーンといった実力派俳優が出演している割に冴えない物語になってしまったのは脚本家のせいだろうか。アイディア自体はそれほど悪いとは思わないのだが、どうもそれぞれのセンテンスに関して大雑把な感じが否めない。主人公のヘンリー(キアヌ・リーヴス)は無実の罪で服役し、刑務所で知り合ったマックス(ジェームズ・カーン)にその生き方を諭される。出所してからどうしようかと考えていると、ふとした情報を得たことで濡れ衣を着せられる元となった銀行を本当に襲うことを決めるのだった。しかし最終的には計画の途中で知り合ったジュリー(ヴェラ・ファーミガ)とともに生きることを決意する―っとまあこんな流れの物語である。

02_2

03_2

そもそも高校時代の悪友に野球の試合に誘われ、試合に出向く途中車を銀行の前に停めて待っていると、その悪友たちが銀行強盗をしていたというのが発端。何が何だか解らないうちに彼は逮捕されるのだが、悪友たちの名前を決してしゃべらない。そもそもこの最初からして疑問である。一人で罪を背負う瀬戸際なのによもや仕返しが怖いからなのか?だがそれに関する説明は一切ない。しかも服役中に離婚した彼が出所後家に帰ると、彼女の夫はその銀行強盗の一味だったりする。要するに無実の罪で服役中に妻を寝取られているのだ。にも拘らず、その男を平気で今度の銀行強盗の仲間に誘ってしまうとは普通とは思えない。しかもこの妻はその話のためだけに登場し、それ以外では一切登場しないのだ。

04_2

05_2

マックスは刑務所にいるのが気楽故にわざと出所しないでいるのだが、そんな彼をヘンリーは仲間に引き入れるために出所するように説得する。釈放のチャンスがあるたびに暴言を吐きまくってまで刑務所に居残ろうとする男を相手にして、自分の生きる目的を見つけたこと、それが銀行強盗であることを一生懸命語るヘンリーだが、これがまた著しく説得力に欠ける。だが、何故かマックスはアッサリ出所してしまうのだった。そもそもどうしてヘンリーは銀行強盗をしようと思ったのか。実は銀行とその向かいにある劇場が地下道で繋がっていて、禁酒法時代に銀行に酒を隠していたという古い新聞記事を見たからだ。かくしてヘンリーはジュリーと知り合ったことをきっかけにして舞台俳優として雇われる。

06_2

07_2

この辺の劇場にもぐりこむくだりだけは、マックスが元詐欺師だという経歴を少しだけ活かした流れが作られていた。ただどちらにしても十分にその経歴を活かしたとは言い難い。地下道に続く壁をハンマーでぶち破ったり、スコップで土を掘り出したり、それが1日ではなく延々と続いてばれない筈がないと思うのだが、これが全くばれない。その間にヘンリーとジュリーのラブストーリーもサクサクと進展してゆくのだが、そんなことよりも「オーシャンズ」シリーズばりの下準備や計略を見せて欲しかった。何しろ計略どころか、銀行の警備員が自ら彼らに協力し、聞いてもいないのに情報を売ってくるなんてのは失笑ものでしかない。一応自分の妻の病気の時に銀行がお金を貸してくれなかったそうだが。

08_3

09_2

恨みがあってもその後何十年もその銀行に勤めているのだから説得力が無いこと著しい。もしかして罠ではないかと最後まで疑ってみたが、これが本当だった(苦笑)更に、いよいよ決行間近ということになると、今度は最初の銀行強盗の際にヘンリーを直接誘った主犯格の悪友が強引に仲間にしろと言い寄ってくる。ひと悶着ありそうなものだが、これまたヘンリーは素直にこの男を仲間にしてしまうのだ。案の定金を手に入れると銃を突きつけて裏切ろうとするものの、何とその場でマックスがアッサリ取り押さえてしまう…。一体何のために出てきたんだ?という訳で、最終的にはジュリーを捨てて逃げられずに舞台に戻り、その時の気持ちをセリフに見立てて舞台で芝居を繰り広げると言う下らなさ。

何の深みもない、人物的魅力もない、サスペンスも、緊張感も、おおよそ映画に必要な要素の全てが足りない「オーシャンズ」シリーズの超ショボイ版で救いは3人の俳優だけだった。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:久々にドハズレ引いた…
総合評価:53点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 天使突抜六丁目 | トップページ | 源氏物語 千年の謎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43320413

この記事へのトラックバック一覧です: フェイク・クライム/Henry's Crime:

» フェイク・クライム [佐藤秀の徒然幻視録]
通り過ぎるものだった車が自分に衝突した奇跡 公式サイト。原題:HENRY'S CRIME。マルコム・ヴェンヴィル監督、キアヌ・リーヴス、ヴェラ・ファーミガ、ジェームズ・カーン、ピーター・ ... [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 07時56分

» 「フェイク・クライム」フェイク違い [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
「信じたらだまされる  フェイク・クライム  罠だらけのクライム・サスペンス』 という映画の宣伝文句を信じたら騙される! [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 14時11分

» フェイク・クライム [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★☆【1,5点】(13) クライム・サスペンス?とんでもない! [続きを読む]

受信: 2011年12月10日 (土) 20時20分

» 映画『フェイク・クライム』を観て [kintyres Diary 新館]
11-83.フェイク・クライム■原題:Henrys Crime■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:108分■字幕:岡田理枝■料金:1,800円■鑑賞日:12月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷 □監督:マルコム・ヴェンヴィル□脚本・原案・製作総指揮:サーシャ・...... [続きを読む]

受信: 2012年1月18日 (水) 23時47分

» フェイク・クライム [風に吹かれて]
理解できない無気力男公式サイト http://www.fake-crime.comニューヨーク州バッファローで高速道路の料金徴収係をしているヘンリー(キアヌ・リーブス)は、何の夢も目標も持たないその日 [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 16時05分

» フェイク・クライム [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「地球が静止する日」のキアヌ・リーヴス主演で贈るクライム・サスペンス。知らぬ間に強盗の片棒を担がされた男が刑務所から出所後、服役した借りを返そうと、実際に銀行強盗を計 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 00時33分

» フェイク・クライム [こんな映画見ました〜]
『フェイク・クライム』---HENRYS CRIME---2010年(アメリカ)監督:マルコム・ヴェンヴィル出演:キアヌ・リーヴス 、ヴェラ・ファーミガ、ジェームズ・カーン ごく平凡な男ヘンリー(キアヌ・リーヴス)は、高校時代の悪友に騙され、知らぬ間に銀行強...... [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 23時35分

» フェイク・クライム [新・映画鑑賞★日記・・・]
【HENRYS CRIME】 2011/11/26公開 アメリカ 108分監督:マルコム・ヴェンヴィル出演:キアヌ・リーヴス、ヴェラ・ファーミガ、ジェームズ・カーン、ピーター・ストーメア、ジュディ・グリア、ダニー・ホック、カリー・グレアム、デヴィッド・コスタビル、フィッシ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 12時51分

» メン・イン・ブラック3/MEN IN BLACK III 3D 字幕 [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>秘密組織MIB所属のエージェント J(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)は、 日々異星人の取り締まり追われていた。 長年コンビとしてやってきた2人だが、Kの単独捜査を...... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 14時43分

» フェイク・クライム [ゴリラも寄り道]
フェイク・クライム [DVD](2012/04/07)キアヌ・リーヴス、ヴェラ・ファミーガ 他商品詳細を見る内容(「キネマ旬報社」データベースより) 無実の罪で服役するハメになったひとりの男が、 刑務所で出会った...... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 14時43分

» 「フェイク・クライム」 久々のキアヌ主演(゚▽゚*) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
無実の罪で服役した男が、ひょんなことから本当に銀行強盗 を働くさまを、小粋なロマ [続きを読む]

受信: 2012年6月 2日 (土) 00時02分

« 天使突抜六丁目 | トップページ | 源氏物語 千年の謎 »