« デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/The Devil's Double | トップページ | ロボジー »

2012年1月11日 (水)

INVITATION from SPIKE JONZE

Invitation_from_spike_jonze スパイク・ジョーンズ最新短編『アイム・ヒア』とドキュメンタリー映画『みんなのしらないセンダック』の日本を同時に上映。スパイクらしいピュアなラブストーリーを描いたSF作品は例によってとても丁寧な演出により胸にジンと来る感動作だ。ドキュメンタリーでは奇才・センダックの知られざる実像が本人により語られる。
>>公式サイト

お得で貴重な二本立てに感謝

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

『アイム・ヒア』

01

面白いキャラクターを作ったものである。男性は頭がタワー型パソコンのようなロボット。女性はもう少し滑らかな丸みを帯びた造形である。特徴的なのがその瞳の美しさ。惹き込まれるような美しい瞳は、彼らに対して怒りをぶつける老婆や、ふざける若者といった人間のどこか濁りを感じる瞳とは一線を画す。ただだからロボットが良くて人間が駄目だといった短絡的な話ではない。ロボットだから、機械だからこその純粋さであるし、その濁りが人間らしさでもあるのだから。ただその純粋な愛情が突き詰められて行った結果には感動と共に複雑な想いも抱かざるを得なかった。

02

08

<ネタバレ>
アクシデントで次々と体のパーツを失っていく女性ロボットに、自らのパーツをあげていく男性ロボット。最終的に自らの頭を残した全てを彼女に捧げることになる。しかしロボット故に頭だけでも死にはしない。この純化した愛情はある種人間の親子間の無償の愛情にも通じるものであり、同時に嫌でも人間の移植手術を連想するものだ。しかし人間は頭だけでは生きてゆけない。愛情とは何処まで突き詰めてゆけるものなのだろうか。この部分がピュアな感動だけではいられなかった

『みんなのしらないセンダック』

04

『かいじゅうたちのいるところ』の奇才モーリス・センダックに複数回にわたるインタビューで密着しそれを編集したドキュメンタリーである。これを観るとなるほどセンダックが奇才と呼ばれる所以が良く解る。とにかく話が面白いのだが、自らのゲイの話題も含めなにも隠すことなく語ってくれるのだ。両親は本当は自分を作るつもりが無かっただとか、彼の兄と姉、特に兄の影響でアートの道に入っていった話などは、彼の人となりを知る上で重要な語りだと思う。

05

06

彼が愛して止まない犬の話、その犬を延々自分の作品に描き続けた話、『かいじゅうたちのいるところ』だけが自分の作品で有名であることのジレンマなどなど、取材している監督たちをも引きこむ話の数々は聞いておいて決して損はない。メリル・ストリープ、キャサリン・キーナ―、そしてジェームズ・ガンドルフィーニら著名人のコメントや、回想シーンでスパイク自らが演じているのも面白かった。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:センダックっておもろいじいさんだなぁ
総合評価:78点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/The Devil's Double | トップページ | ロボジー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43698264

この記事へのトラックバック一覧です: INVITATION from SPIKE JONZE:

» IM HERE スパイク・ジョーンズ監督最新短編作品とアート展開催中  [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 19日〜DIESEL ART GALLERY @ DIESEL SHIBUYAにて、 スパイク・ジョーンズによるアート展「THERE ARE MANY OF US - Irsquo;M HERE」が5/15まで開催中 スパイク・ジョーンズ作品好きとして逃せません初日に早速...... [続きを読む]

受信: 2012年1月11日 (水) 20時12分

» 『インビテーション・フロム・スパイク・ジョーンズ』をユーロスペース2で観て、スパイクの短編はなかなかだぞふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
『マルコビッチの穴』でデビューして、 その後、何かボヤケテしまった感が強い監督スパイク・ジョーンズの短編三本立て。 ■■ 爆弾のように詩情をぶつけてくる『アイム・ ... [続きを読む]

受信: 2012年1月15日 (日) 08時34分

« デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/The Devil's Double | トップページ | ロボジー »