« 白夜行-白い闇の中を歩く-/백야행 : 하얀 어둠 속을 걷다 | トップページ | J・エドガー/J. Edgar »

2012年1月20日 (金)

ルルドの泉で/Lourdes

Photo 奇蹟を起す泉があることで名高い聖地ルルドを舞台に描かれるヒューマンドラマ。手足の麻痺した主人公に起こる奇蹟と、それを目の当たりにした周囲の人間の心情をあぶりだす。主演は『サガン -悲しみよ こんにちは-』のシルヴィー・テステュー。共演に『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』のレア・セドゥーやブリュノ・トデスキーニらが出演している。監督はオーストリアのジェシカ・ハウスナー。
>>公式サイト

人の心は本当に難しいものです…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

舞台となっているのは奇蹟を起こすことで名高いルルドの泉とその村。従って地理的な広がりはなく、こじんまりとしているのだが、代わりに登場する人物の様々な心情が広がりを見せてくれる作品だった。主人公クリスティーヌ(シルヴィー・テステュー)は多発性硬化症という難病で手足が動かせず、車椅子の生活を余儀なくされている女性である。そんな彼女がルルドの泉を訪れるツアーに参加する。物語としては彼女にルルドの奇蹟が起こり、それを目の当たりにした周囲の人々の心情がどう変化するのかを描いていた。テーマである人々の心情の変化もさることながら、名前だけは聞いたことがあっても見たことのないルルド村観光ツアーを疑似体験できるのもこの作品の楽しい一面だと思う。

02

03

洞窟の壁に触りキスをする人々の姿や、奇蹟の水を沐浴する様子、大聖堂に無数の巡礼者が集まり祈りを捧げたりと、初めて見る光景ばかりでとても興味深い。一方で、キチンとツアー化されていて、介助ボランティアが翌日のスケジュールを発表したりする姿を見ると、カトリックの聖地としての一面と、世界的な観光地としての一面が両立しているのがユニークである。一番驚いたのは、クリスティーヌに奇蹟が起きた後だ。奇蹟そのものは物語的には解っていたことなので別に驚きはないが、奇蹟だと認められるには、ルルド国際医療委員会の認定が必要だというのだ。意外にシステマティックであり、スピリチュアルな要素を科学で判定するという点で不思議な感覚を覚えたりもする。

04

05

ちなみに今日まで奇蹟の認定を受けたのは僅か67件だそうで、言うなれば68件目がクリスティーヌということになるワケだ。そんな彼女の周囲に要る主だった人々はそれぞれ特徴的に描かれていた。自分の役割を直ぐ忘れ、仕事中に男探しに夢中になってしまう介助ボランティアのマリア(レア・セドゥー)。そしてマリアがほったらかしにしたクリスティーヌの車椅子を押し、なにかれとなく親切にしてくれる老婦人。噂話に花を咲かせるおばさん2人組に、病を抱えた子供の車椅子を押す母親、そしてクリスティーヌが密かに恋心を寄せる介護ボランティアのクノ(ブリュノ・トデスキーニ)。この中でクリスティーヌに奇蹟が起こる前も後も全く変わらないのは老婦人だけだなのである。

06

07

例えば手足が不自由であろうともクノに好意を寄せるクリスティーヌに、マリアはあからさまに上から目線を送っていたのが、奇蹟後には何とはなしにバツが悪そうな表情になっている。おばさん2人組や病を抱えた子を持つ母は「どうして彼女に奇蹟が起きたの?」と考えていたし、特に母親のほうの羨望と恨みが混じったような瞳は印象的だ。そもそもクリスティーヌ自身が特に信仰に厚い訳ではなく、単なる観光も兼ねて訪れたに過ぎないのだから余計にそうだろう。「神は自由なのです」と神父は言うが、そんな言葉で納得できないのは人間なら当然だ。一つ気になったのは奇蹟が起こった後のクリスティーヌの言動だった。無論、長年の苦しみから解放されたばかりなのだから仕方ないのだが…。

08

09

この辺は西洋と日本の違いがあるのかもしれないが、日本人ならば人前ではまず自分の喜びをアピールし続けるような言動はとらないものだ。自分の喜びが他の人全てにとっても同様ではないことに気を使う国民性だから。むしろ他人の気持ちを慮る方へ転化するだろう。例えば私にはアレだけ親切にしてくれた老婦人に対して、彼女のほうから労わる様な言葉や行動が一切ないのがとても奇異に映ってしまう。ラストで彼女が急に転んだ時「やはり奇蹟じゃなかったのか」ならともかく、「元に戻ってしまえ」的な空気を感じたのだが、それは彼女自身が招いたものだろう。この時、神父がかつて彼女に言ったもう一つの言葉が思い返された。「あなたは歩ける人が無条件にあなたより幸せだと思うのですか?」

個人的おススメ度4.0
今日の一言:レア・セドゥーって仲里依紗に似て可愛い♪
総合評価:77点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 白夜行-白い闇の中を歩く-/백야행 : 하얀 어둠 속을 걷다 | トップページ | J・エドガー/J. Edgar »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43806985

この記事へのトラックバック一覧です: ルルドの泉で/Lourdes:

» ルルドの泉で [佐藤秀の徒然幻視録]
「すぐ戻るから」 公式サイト。原題:Lourdes。ジェシカ・ハウスナー監督、シルヴィー・テステュー、レア・セドゥー、ブリュノ・トデスキーニ、エリナ・レーヴェンソン。万病を治すと ... [続きを読む]

受信: 2012年1月20日 (金) 23時55分

» ルルドの泉で [あーうぃ だにぇっと]
ルルドの泉で 12月25日@シアターイメージフォーラム [続きを読む]

受信: 2012年1月24日 (火) 05時40分

» 『ルルドの泉で』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
舞台はルルドだが宗教色は薄く、意地悪なくらい冷静な目で、人々の心の葛藤を描いている。一見地味だが、かえってこのくらいの方が、ヒューマンドラマとしては面白い。奇蹟が起これば幸せになれるのか? 聖地への旅行気分が味わえて、奇蹟を求める意味について考えさせら…... [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 17時58分

» 『ルルドの泉で』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
舞台はルルドだが宗教色は薄く、意地悪なくらい冷静な目で、人々の心の葛藤を描いている。一見地味だが、かえってこのくらいの方が、ヒューマンドラマとしては面白い。奇蹟が起これば幸せになれるのか? 聖地への旅行気分が味わえて、奇蹟を求める意味について考えさせら…... [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 18時04分

» ルルドの泉で [foggyな読書]
この映画、知ったのがついこの間。 もうすぐ終わるというので、大慌てで観てきました。 シアター・イメージフォーラムなどという、めったに行かない映画館へ。 「奇跡が起こってめでたしめでたし」という映画ではないです。 そんな映画、いまどきフランス人が作るはずがない。って、監督はオーストリア人だった(苦笑) 正式に「奇跡」と認定されるかどうかということと、人の心はまったく別問題なのです。 ラストは観る人にゆだねられています。 全部説明されないと気が済まない人には向かないけれど、私は明る... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 10時53分

» 『ルルドの泉で』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
舞台はルルドだが宗教色は薄く、意地悪なくらい冷静な目で、人々の心の葛藤を描いている。一見地味だが、かえってこのくらいの方が、ヒューマンドラマとしては面白い。奇蹟が起これば幸せになれるのか? 聖地への旅行気分が味わえて、奇蹟を求める意味について考えさせら…... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 02時10分

» *『ルルドの泉で』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:オーストリア+フランス+ドイツ合作映画、ジェシカ・ハウスナー監督、シルヴィー・テステュー、レア・セドゥー、ブリュノ・トデスキーニ、エリナ・レーヴェンソン 出演。 [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 14時07分

» 『ルルドの泉で』 [こねたみっくす]
奇蹟を受け入れる優しさがあること自体が奇蹟なのか。 フランス南西部にある奇蹟を起こす泉として有名な聖地ルルドで、一人の女性が多発性硬化症から奇蹟的な回復を遂げたことで ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 17時52分

» 病いも奇蹟もなぜ私に!?『ルルドの泉で』 [Healing ]
ルルドの泉で ★★★★4.2 なぜ、私が? そこに意味はあるのか? ようやく観てきました。年末からの念願でした。 すっかり観光地と化している、フランス南西部の巡礼の地ルルド。 聖母マリアの出現の地、聖なる泉として 病いの治癒と回復を求め、心身の安らぎを求める人たちが集うという場所。 多発性硬化症のクリスティーヌも、 その中の1人としてルルドにやってきました。... [続きを読む]

受信: 2012年4月11日 (水) 00時57分

» ルルドの泉で [迷宮映画館]
うーん、残酷なはなしf [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 09時30分

« 白夜行-白い闇の中を歩く-/백야행 : 하얀 어둠 속을 걷다 | トップページ | J・エドガー/J. Edgar »