« DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る | トップページ | 人生はビギナーズ/Beginners »

2012年1月29日 (日)

ドットハック セカイの向こうに

Photo 2002年に始まったゲーム、コミック、アニメと展開する「.hack」シリーズの最新版。今回はシリーズ初の3Dアニメーションだ。世界規模の人気を誇るオンラインゲーム「ザ・ワールド」の世界の異変が現実にも影響を及ぼしてしまう様子を描く。声優に桜庭ななみ、松坂桃李、田中圭といった若手人気俳優を起用したのにも注目だ。
>>公式サイト

無性にMMORPGがやりたくなった

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

「.hack」シリーズは「ザ・ワールド」というネットゲームの世界をベースにしてメディアミックスに展開されているだけにゲーム、アニメ、小説、漫画と様々な作品が存在している。私はその中の『.hack//SIGN』、『hack//黄昏の腕輪伝説』、『.hack//Roots』、『.hack//Liminality』、『.hack//G.U. TRILOGY』の5作品(全てアニメ)を観てきたので今回は6作品目のアニメということになる。今回は3DDGアニメということだったのだが、何と久しぶりに重いメガネと暗い画面で悪名高きXpand3Dでの鑑賞となった。観始めてすぐ思ったのは、ここ久しくこんなにチープなCGは観たことがないというぐらいのCG画面。一体何年前の映像なんだと愕然としてしまった程だ。

02

03

このシリーズはネットゲーム「ザ・ワールド」の世界と現実世界がシンクロするところがミソだが、酷いのは現実世界の方だった。ただ観続けてゲーム世界が映し出されると、今度はそのある種あからさまなCGアニメが、現実のゲーム画面として観る分にはとても美麗に見えてくる。要するに物語内のゲーム画面と現実世界を同じCGアニメで表現しているが故に見え方に差が生じるわけだ。それが解ってからは、現実シーンとゲームシーンでは受け止め方を自然に変える事が出来て、全体としては気にならなくなった。主人公の有城そら(桜庭ななみ)は当初「ネットゲームなんて…」と敬遠しているが、同級生の田中翔(松坂桃李)や岡野智彦(田中圭)の誘いでお試しで始めてみる。

04

05

個人的に思ったのは、ゲームを始めるまでがちょっと長いのではないかということ。正直言ってゲーム世界で起こる事件が現実とシンクロすることがこの作品のキモなんで、いつまでたっても事件が起こらないのがタルい。が、一端そらがゲーム世界に足を踏み入れるとそこから先の展開は一気だった。というか一気にネタバラシ過ぎて、NABのデイビッドの存在が何の山場も無く味方と判明してしまうのは勿体無くないだろうか。ともあれそらは「ザ・ワールド」の世界でカイトというキャラクターを操ることになる。シリーズを観ている人なら誰でも気付くだろうが、智彦の操るバルドルと翔の操るゴンドーは明らかにバルムンクとオルカそのものだ。(実際ゴンドーの声優・増谷康紀は同じである。)

06

07

ゲーム内の問題で現実世界の人間が意識を失ってしまい、それを助けるためにカイトが活躍するのはいいのだが「ザ・ワールド」内の究極AIであるアウラの助けを得る理由が今一つ明確でないのが苦しいところだ。アウラの存在の大きさが初見では今一つ伝わらない気がするが、多分この作品はシリーズを全く知らない人は観ないだろうという前提なのだろう。一応カイトには秘められた役目、アウラから託された役目があるのだが、それも今一つピンと来ない。更に言うなら、最後の決戦でも別にカイトが何かと戦うわけではなく、ただアウラのいる場所へとひたすら走るのみだ。しかし、これはMMORPGをやったことがある人なら解るだろうが、目的を共にする一つのイベントと捉えるとこれは燃える。

08

09

現実世界のジイちゃんがジャック・スパロウ張りの格好良いPCになり、友達の女の子が可愛らしい動物系PCになる、そして痩せて秀才肌の翔は筋骨隆々のファイターになり、体育会系の智彦がスマートな剣士として艦隊を指揮する…。みな自分の理想をヴァーチャルな世界で体現し、現実世界とはまた異なる絆が生まれるのだ。ネットワークが繋ぐ現代のもう一つの人間関係としてはこれは実に面白いし、結構感動的だった。久しく離れていたMMORPGの世界だったが、これを見て無性にやりたくなってしまった。もっとも、始めてしまったが最後、映画鑑賞などそっちのけではまることは解りきっているので自粛するけれど。むしろ自制が聞いているそらたちのプレイスタイルを尊敬する(笑)

個人的おススメ度3.0
今日の一言:Xpand3Dはもう廃止しようよ
総合評価:63点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る | トップページ | 人生はビギナーズ/Beginners »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43906983

この記事へのトラックバック一覧です: ドットハック セカイの向こうに:

» ドットハック セカイの向こうに [とりあえず、コメントです]
近未来の福岡・柳川を舞台に、オンラインゲームの世界で活躍する中学生たちを描いたファンタジーアニメです。 ゲームには疎いのですけど、絵が綺麗そうだなあとちょっと気になっていました。 予想以上に綺麗で細密な絵とストレートな青春が楽しい作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月30日 (月) 00時00分

» 映画「ドットハック セカイの向こうに(3D版)」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「ドットハック セカイの向こうに(3D版)」観に行ってきました。 2002年から始まり、マンガ・アニメ・ゲームその他多彩にメディアミックス展開されてきた「.hack(ドットハック)」シリーズの3Dアニメ映画。 当初、今作は私の映画観賞予定リストには含まれていなかったのですが、たまたま休みとなった2月1... [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 22時47分

» 「ドットハック セカイの向こうに」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 メディアミックスプロジェクト「.hack」シリーズ初の長編映画作品。  西暦2024年、巷で大流行のネットゲーム「THE WORLD」に参加した少女に起こる、そこで体験するさまざまな出来事と事件を、現実世界とゲーム世界、二つを交えて描く。  実は「.hack」シ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 18時39分

» ドットハック セカイの向こうに☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『サマー・ウォーズ』にちょっとテイストが似ている気がしたのは、舞台が仮想世界の共通点からかな。「.hack(ドットハック)」プロジェクト自体は知らなかったけど、真っ白な状態でも、結構楽しめるアニメになっています。舞台はちょっと近未来の福岡。THE WORLDというネッ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 22時32分

» 懐かしい未来〜「ドットハック セカイの向こうに 3D」〜 [ペパーミントの魔術師]
もし 2024年の福岡天神がこんなふうになってたら見たいな。(そこツッコミ?) 劇場版映画でソラたちが住む未来が ここまでコンピューター管理された世界になってるとしたら 「サマーウォーズ」でも見たような混乱は マジで訪れるかもね。 便利になる反面で たとえ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 16時57分

» ドット ハック セカイの向こうに [だらだら無気力ブログ!]
桜庭ななみと南沢奈央の区別がつかねぇ。 [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 00時20分

« DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る | トップページ | 人生はビギナーズ/Beginners »