« 人生はビギナーズ/Beginners | トップページ | 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE »

2012年1月31日 (火)

しあわせのパン

Photo 北海道を舞台に洞爺湖の辺でパンカフェを営む夫婦とそこを訪れる客との心温まる交流を描いたハートフルドラマだ。主演は『東京オアシス』の原田知世と『探偵はBARにいる』大泉洋。共演は森カンナ、平岡祐太、光石研、中村嘉葎雄、余貴美子といった若手からベテランまで幅広い。監督・脚本は三島有紀子、製作には『シャッフル』の製作も手がけた森谷雄が参加している。
>>公式サイト

これはもうキャスティングから勝利だよ

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

観終わった後にとても心がホッコリ暖かくなる作品だった。ゆったりとした時間の流れはまるで荻上直子監督作品のようでもあり、でも少しファンタジックな雰囲気は篠原哲雄監督の『つむじ風食堂の夜』とか、富永まい監督の『食堂かたつむり』のようでもある。そう言えば『食堂かたつむり』にも本作で登場する余貴美子が出演していた。ただ本作がそのいずれとも似ていながら異なるのは、ひとえに主演を務める原田知世と大泉洋のおかげだろう。あの2人の持つ静かで優しく暖かいイメージは、それぞれが演じているりえさん(水縞りえ:原田)と水縞くん(水縞尚:大泉)のそれと実にすんなり重なってくれるのだ。と思ったら、やはり監督は殆どの役を当て書きしていたそうだ。

02_2

03_2

04_2

2人は洞爺湖のほとりでパンカフェ“マーニ”を営んでいる。りえさんは東京出身、水縞くんは北海道の札幌出身だが、東京で2人は知り合い、水縞くんの誘いでこの地にやってきたという。2人は夫婦なのだが、何故かあまり夫婦らしさを感じられないのが不思議だった。もちろんだからといって他人行儀という訳ではなく、心の絆は感じられる。りえさんが入れてくれる手で豆を挽きネルドリップしたコーヒーの香り、水縞くんが厳選した食材を使って焼くパンの味、本来画面からは伝わりにくいはずなのに、これは間違いなく美味いはずだと確信できるのが嬉しい。それは2人が丁寧に丁寧に作る姿から人をもてなす心がしっかりと伝わるからだ。茶道の「一期一会」の精神がそこには感じられた。

05

06

物語は大きく三章に分けられる。それぞれに登場人物=お客さんがいて、夫婦や他のお客さんとの交流が描かれているのだが、全てに共通するシーンがある。それは必ず一つのパンを二つに分けて相手に渡すというシーンだ。それぞれのシーンにはもちろんそれぞれのシチュエーションがある。齋藤香織(森カンナ)と山下時生(平岡祐太)のそれは失恋した彼女の心を癒すものだったし、未久(八木優希)と未久のパパ(光石研)のそれは去っていった母親を悲しむ父娘の心の垣根を取り除くものだったし、阪本史生(中村嘉葎雄)とアヤ(渡辺美佐子)の老夫婦のそれは余命幾ばくもない妻と共に最後まで生き抜く勇気をくれるものだった。どれもがとても感動的で印象深いが一番印象深かったのは香織たち。

07_2

08

寂しい誕生日になってしまった彼女を元気付けようとりえさん、水縞くん、時生の3人が誕生パーティーを開くのだが、途中彼女の目の前で水縞くんがりえさんにパンを分けるシーンがある。その仲睦まじさは今の香織には辛いのは当然だ。しかし、ケーキ代わりのパンを食べようという段でりえさんはパンを2つに切って時生に渡す。やけに大きく切って渡すなと思いきや、時生はおもむろにそれを2つに分けて香織に渡すのだ。これは三島監督の意表をついた演出にやられた。一歩引かされた分だけ感動のうねりがまとめてやってくるのである。他にも、未久とそのパパをマーニに招いた食事のシーンが良い。ここでは未久の出て行ってしまった母親の得意料理・カボチャのポタージュが供される。

09

10

未久にとってカボチャのポタージュは母との大切な思い出であり、それを安易に供するのはある種残酷でもある。しかしそこには厳しいけれど現実を見つめて前向きに歩いていって欲しいという励ましが込められていた。2つに分けたパンを分け合い、ポタージュに浸して食べる2人。そこには母を失った悲しみを分け合う父娘が、そして母への愛を自分の中で想い出へと昇華する2人がいた。一見マイナスのように見せておきながら、その実りえさんと水縞くんの決して押し付けがましくない思いやり。三島監督はセリフにせずとも、その役者の動きやモノ、自然といった全てを丁寧に丁寧に描くことで登場人物の心を伝えることに成功していると思う。久しぶりに後味が素敵な作品に出会えた。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:あがた森魚さんがまた最高にいい味だしてます
総合評価:79点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 人生はビギナーズ/Beginners | トップページ | 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43930320

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせのパン:

» 『しあわせのパン』 (2011) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 三島有紀子 出演: 原田知世 、大泉洋 、森カンナ 、平岡祐太 、光石研 フリーパスポート14本目。 パン焼きな私としてはこれ、公開日に鑑賞することはmustに近いものがあり(笑)、何を差し置いても行かねばならなかったのであります。 そして行ってみた...... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 03時09分

» しあわせのパン [象のロケット]
東京から北海道の月浦に移り住み、洞爺湖が見渡せる丘の上で宿泊もできるパンカフェ「マーニ」を始めた水縞夫妻。 夫の「水縞くん」がパンを焼き、妻の「りえさん」がそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくるマーニには、日々ちょっとワケありのお客さんたちがやって来る。 月浦での四季の暮らしと、人々の出会いを描くハートフル・ストーリー。 ≪おなかがすいたら、来てください。 あったかいパンを焼いて、待ってます。≫... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 09時29分

» しあわせのパン [とりあえず、コメントです]
洞爺湖のほとりにある月浦を舞台に原田知世&大泉洋主演でおくるヒューマンドラマです。 美しい風景と美味しそうなパンの登場する予告編を観て、これは観たい~と思っていました。 ちょっとファンタジックな雰囲気を醸し出すような人々の優しい心に癒される時間を過ごしました。 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 19時53分

» しあわせのパン [佐藤秀の徒然幻視録]
パンよりも帽子に注目 公式サイト。三島有紀子監督、原田知世、大泉洋、森カンナ、平岡祐太、光石研、八木優希、中村嘉葎雄、渡辺美佐子、中村靖日、池谷のぶえ、本多力、大橋の ... [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 22時56分

» 明るい予感。『しあわせのパン』 [水曜日のシネマ日記]
北海道でパンカフェを開いた夫婦のもとに集まる客たちとの温かい交流を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2012年1月31日 (火) 23時37分

» しあわせのパン [Said the one winning]
監督:三島有紀子キャスト:原田知世 大泉洋 森カンナ 平岡祐太 光石研 八木優希 中村嘉葎雄 中村靖日 池谷のぶえ 本多力 渡辺美佐子 あがた森魚 余貴美子 『東京オアシス』の原田知 世と『探偵はBARにいる』大泉洋が初共演を果たし、夫婦を演じたハートウオーミングな...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 14時39分

» しあわせのパン [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
しあわせのパン (ポプラ文庫)クチコミを見る北海道の自然が美しい癒し系ドラマ「しあわせのパン」。生活感はないが、健康と自然嗜好のロハス・ムード満載だ。北海道の洞爺湖畔の小 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 1日 (水) 21時46分

» しあわせのパン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
『東京オアシス』の原田知世と『探偵はBARにいる』大泉洋が初共演を果たし、夫婦を演じたハートウオーミングな人間ドラマ。北海道でパンカフェを開いた夫婦のもとに集まる客たちと ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 09時29分

» しあわせのパン/原田知世、大泉洋 [カノンな日々]
映画予告編のなんだかとても人が好さそうで穏やか大泉洋さんを観てると何故かカチンとくるのは私だけでしょうか?別に大泉洋さんが嫌いではなくむしろ好きなほうなんですけど、何 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 22時18分

» ひとつだけ〜『しあわせのパン』 [真紅のthinkingdays]
 北海道・月浦。洞爺湖を望む静かなこの土地に、夫婦ふたりが営むカフェ「マー ニー」はある。「水縞くん」(大泉洋)が焼くパンと、「りえさん」(原田知世)が挽くコ ーヒー。好きな場所で、好きな人と...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 3日 (金) 15時40分

» 映画・しあわせのパン [読書と映画とガーデニング]
2011年 日本 北海道・洞爺湖畔の月浦でCafeマーニを営む水縞くん(大泉洋)とりえさん(原田知世)夫妻 Cafeマーニを訪れるご近所の常連さんたちと夏・秋・冬にそれぞれやってくるお客さんたち 夏のお客さま、香織(森カンナ)とトキオ(平岡祐太) ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 3日 (金) 19時49分

» 『しあわせのパン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「しあわせのパン」□監督・脚本 三島有紀子 □キャスト 原田知世、大泉 洋、森 カンナ、平岡祐太、光石 研、八木優希、中村嘉葎雄、      中村靖日、池谷のぶえ、本多 力、渡辺美佐子、あがた森魚、余 貴美子 ■鑑賞日 1月29日(...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 09時07分

» 映画 「しあわせのパン」 [ようこそMr.G]
映画 「しあわせのパン」 [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 16時58分

» 『しあわせのパン』 2012年2月4日 TOHOシネマズ西新井 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『しあわせのパン』 を鑑賞してきました。 いや~ギリギリ劇場間にあったので良かった 早めに出て正解でした 【ストーリー】  りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、パンカフェ「マーニ」を開店する。夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは妻の担当で、いつも季節の食材をふんだんに使った料理がテーブルを彩っていた。そんな「マーニ」には、それぞれ何かしらの事情を抱えた客たちが店を訪れるものの、帰りには不思議とみんな心が軽くなっているのだ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 11時30分

» 『しあわせのパン』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
なぜか、全く予告を観ていませんでした。 でも、チラシは手元にあって、まぁ~るいおいしそうなパンに 原田知世さんと大泉洋さ [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 14時10分

» No.307 しあわせのパン [気ままな映画生活]
原田知世と大泉洋が主演し、北海道・洞爺湖のほとりの小さな町・月浦を舞台に、宿泊設備を備えたオーベルジュ式のパンカフェを営む夫婦と、店を訪れる人々の人生を四季の移ろいと ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 5日 (日) 22時18分

» しあわせのパン [だらだら無気力ブログ!]
今回は寝落ちしなかったど〜!! [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 00時21分

» 月とマーニ。〜「しあわせのパン」〜 [ペパーミントの魔術師]
矢野顕子メインで考えるならベスト盤なんだけど、 清志郎とコラボしてるのはコチラのアルバムらしい。 はじめてのやのあきこ矢野顕子 槇原敬之 小田和正 YUKI 井上陽水 忌野清志郎 上原ひろみ ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2006-03-08売り上げランキング...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 00時09分

» 「しあわせのパン」 [みんなシネマいいのに!]
 北海道の湖が見渡せる丘の上でパンカフェを始めた夫婦。 そこにやってくる客は色々 [続きを読む]

受信: 2012年2月10日 (金) 00時53分

» ほんわか生活の裏に見え隠れする闇と分け合う幸せ ─ 映画『しあわせのパン』 ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 映画『しあわせのパン』 ─ 矢野顕子と忌野清志郎がデュエットした名曲「ひとつだけ」が起用されたと知って気になっていた映画『しあわせのパン』を観てきました。 オール北海 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 08時12分

» しあわせのパン(2012-016) [単館系]
しあわせのパン ユナイテッドシネマ浦和 りえ(原田知世)と尚(大泉洋)夫婦は、東京から北海道の月浦に引っ越し、 パンカフェ「マーニ」を開店する。 夫が丁寧にこねたパンに見合う料理を作るのは妻の...... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 01時52分

» ■映画『しあわせのパン』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
北海道・洞爺湖のほとり、月浦にあるパンカフェを舞台にしたヒューマン・ファンタジー『しあわせのパン』。 夫・水縞くんがパンを焼き、妻・りえさんがコーヒーや料理を作るステキなパンカフェ。 二階には宿泊施設もあり、オーベルジュのように宿泊もできます。 そんなステキ... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 12時56分

» [映画] しあわせのパン [日々の書付]
ほっこりと、幸せな気分になれました「しあわせのパン」 洞爺湖のほとり・月浦にカフェ・マーニを営む水縞くん、りえさん夫妻と、周囲の人々、訪れるお客さんたちとの交流を、四季を通して丁寧に描いた物語です。 ・それぞれの季節に、それぞれのお客さん マーニには春夏秋冬、それぞれの季節を象徴するお客さんたちが現れます。ちゃんと季節にあった演出なんですね。 夏には、生命力にあふれた若いカップルの恋 秋には、寂しさを抱えた父と子の絆 冬には、老夫婦が迎える人生の終焉。 そして、生命が再生する春... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 21時11分

» [映画] しあわせのパン [日々の書付]
ほっこりと、幸せな気分になれました「しあわせのパン」 洞爺湖のほとり・月浦にカフェ・マーニを営む水縞くん、りえさん夫妻と、周囲の人々、訪れるお客さんたちとの交流を、四季を通して丁寧に描いた物語です。 ・それぞれの季節に、それぞれのお客さん マーニには春夏秋冬、それぞれの季節を象徴するお客さんたちが現れます。ちゃんと季節にあった演出なんですね。 夏には、生命力にあふれた若いカップルの恋 秋には、寂しさを抱えた父と子の絆 冬には、老夫婦が迎える人生の終焉。 そして、生命が再生する春... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 00時41分

» しあわせのパン(2011) [銅版画制作の日々]
わけあうたびにわかりあえる気がする 評価:=70点 京都シネマにて鑑賞。 なんてことはないお話なのですが、意外に好きでした。まったく関係ないのですが、昨年観た原田さん出演の「東京オアシス」があまりにも何じゃこれ!って感じだったので観ようかどうしょうか?...... [続きを読む]

受信: 2012年2月25日 (土) 18時16分

» 「しあわせのパン」 [てんびんthe LIFE]
「しあわせのパン」ヒューマントラストシネマ有楽町で鑑賞 2012-027 女性は好きでしょうねこういう作品。 個人的にはかなり柔らかく押し付けられた感じで、少し苦手気味な感じが強かったと思います。 「かもめ食堂」あたりからこの手のおいしい料理を見せる人間ドラマを女性監督が作る。 っぽい作品ぐーーんと増えてきているように感じられます。 この作品は北海道でパンカフェを営む若夫婦とそこへ来るお客さんの交流を描いたオムニバス映画。 当然テーマは料理というよりはパンなんです。 カンパーニュ... [続きを読む]

受信: 2012年3月12日 (月) 22時08分

» しあわせのパン☆独り言 [黒猫のうたた寝]
最近偏頭痛がひどかった原因は、環境が激変したせいだったのかもしれませんが、ストレス解消はおいしいものと映画でしょう♪久々の2連休で、おいしい生牡蠣食べた後にこの作品。北海道の月浦でパンカフェを始めた水縞夫婦とカフェマーニに訪れた人々の物語。しあわせは、パン... [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 23時02分

» しあわせのパン [迷宮映画館]
原田知世さんは、まるでマリア様! [続きを読む]

受信: 2012年4月 8日 (日) 19時11分

« 人生はビギナーズ/Beginners | トップページ | 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE »