« はさみ hasami | トップページ | アニマル・キングダム/Animal Kingdom »

2012年2月 2日 (木)

マシンガン・プリーチャー/Machine Gun Preacher

Photo アフリカはスーダンの内戦でゲリラに誘拐された子どもたちを救うために奔走する実在の活動家、サム・チルダースを描いた人間ドラマ。主演は『完全なる報復』のジェラルド・バトラー。共演に『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のミシェル・モナハン、『ロシアン・ルーレット』のマイケル・シャノンが出演している。監督は『チョコレート』のマーク・フォスター。
>>公式サイト

soon 2月4(土)日公開

暴力と非暴力の二元論に矮小化せずに観て欲しい

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

本作はドラッグの売人だった主人公サム・チルダース(ジェラルド・バトラー)が宗教に目覚め、とあるきっかけから南スーダンの子ども達の惨状を救うべく活動している姿を描いたもので実話に基づいている。というより、今現在もサム・チルダースは存命でその活動を続けているのだ。ただ日本ではやや馴染みの薄い南スーダンという国の事だけに、少しだけ事前の知識があると、話をより理解し易くなると思う。南スーダンは長い内戦を経て2011年7月8日にスーダンから分離独立を果たした出来たばかりの国だ。従って本作に描かれている当時は内戦真っ只中。サムたちを守っていたのはスーダン人民解放軍といい、いわゆるスーダンの反政府組織である。

02

03

しかし話の中に登場してきて、サムたちを襲撃したり、彼らが子供たちを救出する相手はLRA(神の抵抗軍)という。何も知らずに観た私は、反政府組織とLRAの関係がイマイチよく解らなかったのだが、実はLRAは南スーダンの南に位置するウガンダの反政府組織だった。要するにスーダン人民解放軍はウガンダ政府の支援を受けており、その報復としてスーダン政府がLRAを支援していたのである。いずれにしてもこのややこしい状況の一番の犠牲者は子ども達であり、LRAはこの20年間で延べ4万人にも及ぶ子ども達を誘拐し、更に望まないままに銃を持たせ戦わせたのだった。と、ここまでがこの物語の極簡単な背景となる。更に詳しくは公式サイトのコチラを参照して欲しい。

04

05

物語は大きく2つに分けられるだろう。それはサムが南スーダンに孤児院を建てようと決意する前と後だ。序盤はサム自身の本質的な人となりが描かれていた。それは即ち、彼が人間の醜い部分も含めて自ら観て体験しているということだ。サムはいわゆるNPOのような活動家ではなく、必要であれば自ら銃を取り人を殺すことも厭わない。物語の途中に非暴力を訴える女性活動家に非難されるシーンがあるのだが、彼は自らの経験から、理想を実現するにあたっては時として力が必要な現実が存在することを知っているのである。恐らくこの部分が本作では最も人による感じ方の違いを生む部分だろう。しかし私は、単純に暴力では何も解決しないといったような理想論をねじ伏せる説得力を感じた。

06

07

少なくとも実際に彼は危険に身を晒し、私財をなげうって行動を起こしている。くだんの女性活動家はLRAに襲撃されたときに手を上げて話し合いをしようと近づくも、あっさりと銃で殴り倒される。サムはそんな彼女を救うために躊躇無くその敵を射殺するのだが、彼女たちの一行が殺されて物資を奪われることは、彼の地の罪無き人々にマイナスにこそなれ決してプラスにはならないのは明白だ。さて、そうは言っても彼がまったく何の悩みも葛藤も無くそんな活動をし続けられたのかといえばそれは違う。何故なら彼にはアメリカに守るべき妻と娘がいたからだ。自ら建てた教会で説教をし寄付を募るも、そう簡単に資金は集まらず、いわゆる完全持ち出し状態が続く。

08

09

友人のセレブが贅沢なホームパーティを開いておきながら、寄付してくれたのがたったの150ドルだった時、彼は怒りを爆発させるのだが、そんな時にも妻リン(ミシェル・モナハン)は彼を支え続ける。娘のプロムのリムジン代まで出さず、常に留守がちと、妻子を犠牲にしながら子供たちのために活動を続ける彼が、徐々に精神的に追い込まれていく姿は痛々しいとしか言いようがなかった。そこまでしても自らの判断ミスで子供たちが虐殺され、それどころか自らを狙うスナイパーを射殺したらそれも子供だったりするのだからこれは観ているこちらもやりきれない。教会での説教のシーンは何度か登場するのだが、段々その様子が狂信的なアジテーターのようになって行くのが象徴的だ。

10

11

たとえ銃を手にしても、子供たちを守り救うという想いが必ず第一にあったはずが、やがて敵を殺すためだけに銃を持つようになると、もはや彼は単なるスーダン人民解放軍の兵士、いやアメリカ人だから傭兵だ。あれほど慕ってくれていた子ども達は近づかなくなり、兵士ですら彼と戦うのを嫌がるようになる。要するに彼らとて暴力を否定をしないが、あくまでもそれは手段であり、手段が目的に取って代わることまでは肯定していないのである。そんな時に一人の孤児の言葉が彼を救う。「心を憎しみで満たしたらヤツら勝ちだよ」。LRAに兄弟を誘拐されただけでなく、自らの母親を殺すようにさせられた少年の言う言葉は、か細く小さな声だがしかし力強いものだった。

12

13

エンドロールでサム自らが実際に私たちに問うていた。「もしあなた方の子供や家族が誘拐されそれを私が助けると言ったら、その手段を選びますか?」と。無論答えは決まっている。上映前に戦場カメラマンの渡部陽一氏が登場し、こうしたスーダンを含めた戦争の犠牲者となった子ども達のことを世に知らせるために自分は戦場カメラマンになったと語っていたが、私たちは今直ぐ何か行動を起こせないとしても、実際に活動している方々の想いを受け取ることは出来る。それが彼らのモチベーションに繋がるのであれば、それでも一つの小さな行動になるのではないか、そんな風に思えた。

soon 2月4(土)日公開

個人的おススメ度3.5
今日の一言:南スーダンのPKO部隊、頑張ってください!
総合評価72点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« はさみ hasami | トップページ | アニマル・キングダム/Animal Kingdom »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/43954244

この記事へのトラックバック一覧です: マシンガン・プリーチャー/Machine Gun Preacher:

» マシンガン・プリーチャー [象のロケット]
1990年代、アメリカ・ペンシルバニア州。 刑務所を出所した後も麻薬と酒に溺れ、犯罪を繰り返していたサムは、妻の影響で信仰に救いを求め教会で洗礼を受ける。 犯罪と縁を切り順調に新しい人生を歩み始めたサムは、アフリカ・ウガンダでのボランティアに参加し、武装ゲリラの脅威にさらされている子どもたちのことを知り衝撃を受ける。 彼は現地に孤児院を建てようと決意するのだが…。 実話に基づくヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2012年2月 2日 (木) 22時29分

» マシンガン・プリーチャー/神の汚れた手 [映画感想 * FRAGILE]
マシンガンプリーチャーMachine Gun Preacher/監督:マーク・フォースター/2011年/アメリカ 実在の活動家、サム・チルダースの物語。 「マシンガン・プリーチャー」と聞いてまっさきに想像したのは「処刑人」でした。マシンガンじゃないけどね。で、見てみたら、「ランボー 最後の戦場」に近かったです。そして実話でした。 あらすじ:薬物中毒のバイカーが、牧師になって戦います。 サム・チルダース(ジェラルド・バトラー)は、出所したばかり。でかいバイクに乗り回し、薬をやり、奥... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 00時07分

» マシンガン・プリーチャー・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
子供たちだけは、絶対に守る! 戦乱の南部スーダンで、武装組織に誘拐された多くの子供たちを救出し、彼らのための孤児院を運営している、実在の戦う牧師、「マシンガン・プリーチャー」ことサム・チルダー...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 23時28分

» ■映画『マシンガン・プリーチャー』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
酒・麻薬・暴力にまみれ、恋人がストリップで稼いだお金で暮らすいわゆる“ホワイト・トラッシュ”から、マシンガンを携えて子どもを守る超武闘派“プリーチャー”に変身した実在の男、サム・チルダースを描いた映画『マシンガン・プリーチャー』。 サム・チルダースを演じるジ... [続きを読む]

受信: 2012年2月13日 (月) 23時07分

» マシンガン・プリーチャー/ジェラルド・バトラー [カノンな日々]
内戦状態の続くアフリカのスーダンで子供たちの救出活動に従事するアメリカ人活動家のサム・チルダースの姿を追った実話に基づいて描かれたヒューマン・ドラマです。予告編は目に ... [続きを読む]

受信: 2012年2月14日 (火) 23時00分

» 『マシンガン・プリーチャー』 [こねたみっくす]
もしあなた方の子供や家族が誘拐されそれを私が助けると言ったら、その手段を選びますか? 実際に南スーダンで十字架よりもマシンガンで武装組織LRAに誘拐された子供たちを救うた ... [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 21時26分

» マシンガン・プリーチャー [Movies 1-800]
Machine Gun Preacher (2011年) 監督:マーク・フォースター 出演:ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハン、マイケル・シャノン、スレイマン・スイ・サヴァネ ジャンキーの犯罪者だったが、回心した後、スーダンの子供達を大勢救ったサム・チルダースの物語。 現存する実在の人物についての映画ながらも、単に称えるばかりではなく、欠点も余すところ無く描いており、本人に対しての遠慮はないのが良い。 暴力に暴力で対抗したという点で、否定的な意見が多いようだが、暴力に無抵抗を貫ぬくのが万... [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 00時35分

» 「マシンガン・プリーチャー」 [みんなシネマいいのに!]
 アフリカの内戦地域で子どもたちを守ろうとマシンガンを手に奮闘する牧師。 演じる [続きを読む]

受信: 2012年4月 1日 (日) 09時03分

» 映画「マシンガン・プリーチャー」今も実際に起こっている現実を知る [soramove]
「マシンガン・プリーチャー」★★★☆ ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハン、 マイケル・シャノン、キャシー・ベイカー、 スレイマン・スイ・サヴァネ出演 マーク・フォースター監督、 129分、2012年2月4日公開 2011,アメリカ,日活 (原題:MACHINE GUN PREACHER ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 3日 (火) 23時24分

» 映画『マシンガン・プリーチャー』を観て [kintyres Diary 新館]
12-11.マシンガン・プリーチャー■原題:Machine Gun Preacher■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:李静華■観賞日:ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)□監督・製作総指揮:マーク・フォースター□脚本:ジェイソン・ケラー□撮影監督:ロベルト・...... [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 22時56分

» マシンガン・プリーチャー [迷宮映画館]
ジェラルド、2連チャン・・・は濃い。 [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 12時45分

» 「マシンガン・プリーチャー」みた。 [たいむのひとりごと]
麻薬売人から牧師に転身、内戦が続くスーダンで”人民解放軍”に参加し”神の抵抗軍”と戦うサム・チルダース牧師の実話に基づく映画。平和な日本から距離も実状も果てしなく遠いアフリカ大陸。こうした作品を見るた... [続きを読む]

受信: 2012年6月29日 (金) 16時55分

» 目には目を、という確実性 『マシンガン・プリーチャー』 [映画部族 a tribe called movie]
監督:マーク・フォースター出演:ジェラルド・バトラー、ミシェル・モナハンアメリカ映画 2011年 ・・・・・・5点 [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 23時30分

« はさみ hasami | トップページ | アニマル・キングダム/Animal Kingdom »