« ハンター/The Hunter(2011) | トップページ | ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo »

2012年2月10日 (金)

東京プレイボーイクラブ

Photo 2010年ゆうばりファンタスティック映画祭グランプリ作品。東京の場末のサロンを舞台に、そこの店長と同郷の後輩、更には店員とその彼女が巻き起こすトラブルとコメディタッチに描いたバイオレンスドラマ。主演の大森南朋、共演の光石研といったベテランに、臼田あさ美、三浦貴大といった若手もバランスよく出演している。監督は弱冠24歳の新鋭・奥田庸介。
>>公式サイト

大森&光石コンビはイイネ!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

2010年のゆうばりファンタスティック映画祭で審査委員長のジョニー・トー監督が賞賛したという作品だそうだ。監督は弱冠24歳の奥田庸介。確かにユニークなバイオレンスムービーではあるが、かなりの部分を大森南朋と光石研という日本を代表する俳優の演技力に救われているのではないだろうか。物語そのものは正直言ってどこにポイントを当てたかったのかがあやふやに感じたし、映像的にも甘さを感じる部分が多かったように思う。ただ、主人公・勝利(大森南朋)が目の前に現れる嫌らしい奴らを叩きのめす暴走っぷりは観ていて胸がすく思いになるのも事実だし、それがどことなく笑いに繋がってしまうあたりはプチ園子温風でもあるといったところか。

02

03

冒頭地元でトラブルを起こし、勝利は昔の仲間の成吉(光石研)が東京で経営するサロン“東京プレイボーイクラブ”に身を寄せる。そもそもこのクラブ自体がナンなんだか良く解らないのだが、椅子の並び方がピンサロのようでもあり、店のボーイ・貴弘(淵上泰史)のマイクパフォーマンスがキャバクラのようでもあり、とにかく妙に場末感だけはたっぷりと漂わせている。少なくともそこに集う人間が基本的には底辺の連中だということは良く解る。さて、成吉にとって勝利が転がり込んできたのは“勝利”どころか“敗北”の始まりだったというのがミソだ。何しろヤツときたら店のある地域一体を仕切るヤクザの三兄弟の末弟・梅造(三浦貴大)をボコボコにしてしまうのだ。

04

05

もちろん理由はあって、梅造が酔っ払ってトイレで勝利に詰らない因縁をつけたからなのだが(苦笑)ちなみに三浦貴大は知っての通り三浦友和と山口百恵の息子で芸能界のサラブレッド。どう汚い言葉を喚こうが、その存在からそこはかとなく漂う育ちの良さは消しきれず、ハッキリ言って「何でチンピラやってんの?」と失笑するしかなかった。この辺が二世俳優でも松田優作の息子の龍平・翔太あたりとはちと違うところだろう。大体怒鳴れば迫力が出るものではない。この事件を発端に梅造の次兄・竹男(赤堀雅秋)、長兄・松ノ介(佐藤佐吉)まで登場して成吉はとんでもない自体に無理矢理引きこまれて行くことになる。これが本線。それとは別に貴弘とその恋人エリ子(臼田あさ美)の話もある。

06

07

しかし本線ににエリ子が大きく関わってくる展開にも関わらず、序盤から途中までは貴弘が中心となっているのが勿体無い。大体途中から全く登場しなくなってしまうキャラクターを店の金を持ち逃げする事件を起こすほどフィーチャーする必要はない。エリ子を登場させるキッカケだけならもっと軽い扱いで良かったのではないかと思う。その分エリ子の人物像をもう少し深めに掘り下げて欲しかった。ともあれ物語は進む。勝利は梅造をボコボコにしたその夜のうちに竹男までも半殺しにするのだが、この辺から役者の演技力と監督の演出力の乖離を感じてしまった。「死ねよ」とひたすら顔面を殴る大森南朋の静かな狂気は良く伝わるが、殴られている人間に激しさを感じない。

08

09

要するに全然痛くない。他にもこの後、松ノ介がとある理由で死んだその遺体をノコギリでバラシて袋につめて捨てるなんていうシーンもあるのだが、何も『冷たい熱帯魚』までやってくれとは言わない。しかしノコギリの音だけで逃げるのは余りに弱い。ではその分そこに笑いを込めていたりするのかといえばそういう演出にもなっていない。結局監督はワザワザ入れたバイオレンスシーンを活かしきれていない。ただ大森南朋の迫力と、光石研のヘタレ振りのコンビネーションが素晴らしくてそれだけで観れてしまうのだ。最後の最後でいきなり勝利とエリ子の間に絆が出来上がってしまうのはいくらなんでも苦しいところだろう。無理にエリ子を挟まずとも名優2人で十分魅せられたのではないかと思ってしまった。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:懐かしい音楽が良かった!
総合評価:56点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ハンター/The Hunter(2011) | トップページ | ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44056720

この記事へのトラックバック一覧です: 東京プレイボーイクラブ:

» 【FILMeX_2011】『東京プレイボーイクラブ』 (2011) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督:奥田庸介 出演:大森南朋 、光石研 、臼田あさ美 、淵上泰史 第12回東京フィルメックス『東京プレイボーイクラブ』ページはこちら。 公式サイトはこちら。 (2012年2月4日公開) すごく遅くなってしまいましたがフィルメックスでも勢いのあった作品なんで...... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 07時04分

» ■映画『東京プレイボーイクラブ』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
1986年生まれという若き新鋭・奥田庸介監督が手がけた映画『東京プレイボーイクラブ』。 大森南朋と光石研といういぶし銀俳優二人がいい味を出し、若い監督を助けています。 しかし、この二人がいないとどうなっていたかは、ちょっと疑問もあったりも…。 <STORY>... [続きを読む]

受信: 2012年2月19日 (日) 12時17分

» 東京プレイボーイクラブ(2012-017) [単館系]
東京プレイボーイクラブ ユーロスペース1 選定理由は 臼田あさ美さんが出ている 佐藤佐吉さんが俳優として出ている の2点。 監督は新人さんですか。 キャッチコピーに「戦い続けろ。かしこくな...... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 00時42分

» 『東京プレイボーイ・クラブ』 酔ってるのに覚めて [Days of Books, Films ]
Tokyo Playboy Club(film review) プログラム・ピク [続きを読む]

受信: 2012年2月23日 (木) 18時48分

» 東京プレイボーイクラブ [映画的・絵画的・音楽的]
 『東京プレイボーイクラブ』を渋谷ユーロスペースで見ました。 (1)この映画は、ユーロスペースのHPに、「極めて個性的な新人監督のデビュー作の主演に、日本を代表する俳優が名乗りをあげた。いま、最も実力と人気を兼ね備える大森南朋」とか、「久々に大物新人監督、...... [続きを読む]

受信: 2012年2月29日 (水) 05時36分

» 映画『東京プレイボーイクラブ』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
    怪しげな場所に座る大森さん、臼田さん、光石さん。 このチラシをもらった時から気になっていました、 この三人の共演 [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 22時28分

» 映画『東京プレイボーイクラブ』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
    怪しげな場所に座る大森さん、臼田さん、光石さん。 このチラシをもらった時から気になっていました、 この三人の共演 [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 07時50分

» 「東京プレイボーイクラブ」 最近よくある系の映画(-_-;) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
2010年のゆうばりファンタスティック映画祭でグランプリを 獲得した弱冠24歳の [続きを読む]

受信: 2012年7月11日 (水) 00時02分

« ハンター/The Hunter(2011) | トップページ | ドラゴンタトゥーの女/The Girl with the Dragon Tattoo »