« アーティスト/The Artist | トップページ | マノレテ 情熱のマタドール/Manolete »

2012年2月 7日 (火)

愛のむきだし

Photo 『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』と衝撃の問題作を作り続ける鬼才・園子温監督の2009年公開作品。いまや押しも押されぬ一流女優の仲間入りを果たした満島ひかりの出世作でもある。盗撮少年と宗教にはまった少女の激しい純愛を描いている。出演はAAAの西島隆弘、安藤サクラ、渡辺真起子、渡部篤郎ら実力派が揃う。上映時間約4時間という長さも話題になった。
>>公式サイト

濃密で幸せな3時間57分だった

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

鬼才・園子温監督をして「もはや狂気とも呼べる領域に達した満島の芝居にすべてが圧倒された」と言わしめた満島ひかりの演技が凄まじかった。なるほど今に通じる彼女の元はこの時に作られたのだと実感できる作品である。それにしても237分という長さにも関わらずそれが全く気にならない程のグイグイと物語に惹き付けられた。監督はインターミッションを入れるつもりで作っていない、故に単純に半分で切っただけで物語の前半後半という意味ではないと言っているが、実際休憩など無くてもおそらくひたすら見入っていたことだろう。その位奇妙で面白いこの物語は、園監督の古い友人が盗撮にはしり、新興宗教に入ってしまった妹を救い出すという実話に基づいて製作されたそうだ。

02

03

もちろん飲みのネタとしては確かに面白い話だ。しかしそこにキリスト教の厳粛な部分を絡め、尚且つ重苦しいだけではないあくまでもエンタテインメント作品として楽しめる物語を構築する所が園監督が鬼才と呼ばれる所以だろう。流石はライバルはケータイ小説だと豪語するだけはある(笑)それにしても何故「愛のむきだし」なんだろうか?「むきだしの愛」なら意味が解るのだが。つまり後者だと意味は“何の修飾もごまかしもない愛情”のことになる。翻って前者だと“愛をむきだにした○○”という行為を指す事になるだろう。ということはこの物語の主人公・角田ユウ(西島隆弘)が取った行動の全てが自らの愛を表現することに繋がるということになるのではないか。

04

05

元々ユウは幼い頃に母を亡くしているのだが、その母がくれたマリア像に母への想いを重ね、いつしか聖母マリアを理想の女性とするようになった男だ。その彼が自らのマリアと認めたのがヨーコ(満島ひかり)である。ただ彼女の登場するまでが割と時間がかかったのが意外だった。彼女が現れるまでに、ユウの父テツ(渡部篤郎)とヨーコの母サオリ(渡辺真起子)が知り合い、同棲をし、彼女が出て行ってしまうというエピソードがある。その結果テツは人が変わったようにユウに懺悔を求めるようになるのだが、彼は懺悔のために罪を作り出そうと盗撮に手を染めるようになるのだった。敬虔なクリスチャンであったテツが肉欲に溺れるようにサオリの虜になる姿は一際ブラックで本質を突いている。

06

07

渡部篤郎の清廉潔白な真面目ぶりと、渡辺真起子の自由奔放な淫乱ぶりが演技とは思えないぐらいにはまっていて恐ろしい。まるでこれ以上にシックリ来る役柄がないかと思えるぐらいの入り込みようである。父が堕ちて行くのと同時に、息子ユウまでもがいわば盗撮道といっても良いぐらいの世界にはまって行くのもまたユニークだ。まるで戦隊ヒーローが闘う時の動きのように女性の股間を狙い、撮影後はポーズを決めるというアホらしさ。そこだけを客観的に切り取れば何をやっているのかと思うのだが、全ては父に罪を懺悔するためであり、それは即ち父に神父であって欲しい、そして自分の父親であって欲しいという“愛のむきだし”に他ならない。そんな状況でユウはヨーコと知り合った。

08

09

ただ普通の知り合い方ではなく謎の女サソリとして。無論これは「女囚さそり」シリーズへのオマージュだろう。冤罪で刑務所に囚われ地獄をみるさそりの如く、ユウはこれから愛の地獄へと堕ちて行くのだ。それは父親テツがサオリとともに堕ちて行ったかのように。それにしてもここで笑えるのが、今まで一度も勃起したことがないというユウがヨーコのパンチラで初めて勃起してしまうシーンだ。「オー!モーレツ!!」のCMのように風でまくれ上がるスカート、そして一体何を入れて撮影したんだと思うぐらい極端な勃ちっぷり(しかもさそりの姿で)は完全にネタとして笑える。ただこれもやはり“愛のむきだし”の一つなのだ。正直言うと個人的に満島ひかりのパンチラに色っぽさは感じないが…。

10

11

物語としてはここから新たな展開を見せ始める。即ち新興宗教団体“ゼロ教会”の登場だ。これ以前にも安藤サクラ扮する教祖の右腕コイケは登場はしているが話としてはあくまでもテツたち一家をベースとした物語に終始している。ここからはその一家をコイケが乗っ取った形になる。監督の言う友人が妹を取り返したという件にあたる部分、その話が始まるワケだ。この安藤サクラという女優、奥田瑛二の娘というサラブレッドなのは有名だが、やはり絶妙に上手い。この人の良さは人間的な嫌らしさを感じさせる所だと思う。そういう役だからと言ってしまえばそれまでだが、何時だって人間の負の部分を纏った演技が出来る。そしてこれは父親譲りだと思うが演技に余計な飾りがない人なのだ。

12

13

今回は新興宗教団体の幹部として人の心の隙間にそっと入り込み、いつしかその人の心を支配してゆくという役割だが、ある意味彼女が同じフレームにいるときには満島ひかりさえも喰っていたと感じる。ユウはゼロ教会に潜り込み、ヨーコを救出するのだが、最大の見せ場は巷でも有名な“ユウにまたがって彼に向かってコリント書第13章をぶつける様に絶叫するシーン”だろう。ベートーヴェン交響曲第7番第2楽章にのせた迸る魂の叫び。なるほどこれこそが冒頭に書いた通り、鬼才・園子温監督をもってして「もはや狂気とも呼べる領域に達した満島の芝居にすべてが圧倒された」と言わしめた演技である。相当な長回しにも関わらず瞬きも忘れるほどスクリーンを凝視してしまった。

14

15

ラストシークエンス。ヨーコが叩き付けた魂の叫びに匹敵する“愛のむきだし”を見せるユウ。人はこれほどまでに人を苛烈に愛せるのか。ヨーコはマリアだ。即ちそこには既に肉親の情すら超えた何かがあった。コイケは死ぬ間際に「私と同じじゃん」という言葉を残すのだが、確かに方や新興宗教、方やマリアという本来ならば姿無きモノに自らの愛を全身全霊で捧げているという点で同じことなのかもしれない。決して生半可な芝居を許さない園子温監督の手により、役者たちが本来持っている根っこを曝け出させたかのような本作、日頃邦画に感じるどこか箱の中に隙間を残した感覚と異なり、ぎっしりこれでもかと詰め込まれた濃密で幸せな3時間57分だった。

個人的おススメ度4.5
今日の一言:面白かった!
総合評価:88点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アーティスト/The Artist | トップページ | マノレテ 情熱のマタドール/Manolete »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44011924

この記事へのトラックバック一覧です: 愛のむきだし:

» 愛のむきだし [いやいやえん]
237分とか約4時間の半端ない長時間の作品ですが、一気に引きこまれてしまいました。「冷たい熱帯魚」の監督さんです。 簡単にいってしまえば、変態、盗撮、洗脳、父子、原罪、カルト教団、信仰、希望、愛、という話。 盗撮マニアの主人公ユウ(罪を武器に父に愛情をぶつける)、ユウの女装のサソリに恋するマリア様ヨーコ(カルト集団に入信)、謎の女コイケ(カルト集団の幹部でとにかく不気味〜!)を中心に、回る回る変態の図。 とにかく物凄く勢いのある作品でした。1時間を過ぎたあたりでようやくタイトルがドーン... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 08時26分

» 愛のむきだし / Love Exposure [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 公開からまる2年、ずっと気になっていたこの園子温監督作、やっと観た!! 何だこれー?  オモシロイ 映画好きの方、映画ブロガーの皆さま方はもう2年前観たよという方も多いであろう本作。 DVDもでてるし...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 10時17分

» 愛のむきだし [悠雅的生活]
運命。潜入。悲しみ50%。 [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 14時40分

» 愛のむきだし [銀幕大帝α]
LOVE EXPOSURE/08年/日本/237分/ドラマ・ロマンス/R-15/劇場公開 監督:園子温 出演:西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡辺真起子、渡部篤郎 <ストーリー> 幼少時に母を亡くし、神父の父と暮らす少年が、盗撮という罪行為に没頭していく。 <感想> 愛 ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 15時12分

» 愛のむきだし [あーうぃ だにぇっと]
監督・原案・脚本: 園子温 キャスト ユウ☆西島隆弘 ヨーコ☆満島ひかり コイケ☆安藤サクラ 尾上寛之 清水優 永岡佑 広澤草 玄覺悠子 中村麻美 サオリ☆渡辺真起子 テツ☆渡部篤郎 他 【ストーリー】 敬虔(けいけん)なクリスチャンの家庭に育ったユウ(西島隆弘)は、ある出来事を境に神父の父(渡部篤郎)に懺悔を強要され始める。父の期待に応えようと、懺悔のために毎日罪作りに励むうちに罪作りはエスカレートし、いつしかユウは女性ばかり狙う盗...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 20時00分

» 愛のむきだし(2008) [佐藤秀の徒然幻視録]
「ウエスト・サイド物語」の盗作盗撮だあ! 公式サイト。英題:LOVE EXPOSURE。園子温監督、西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、尾上寛之、清水優、永岡佑、広澤草、玄覺悠子、中村麻美 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 20時21分

» 『愛のむきだし』 [こねたみっくす]
237分の衝撃。変態、盗撮、純愛、パンチラ、エセ宗教、家庭内暴力、レズ、勃起、マリア様、精神崩壊、三文芝居、イチモツ切断と何でもありの超B級作品なのに、何だこの衝撃は!と ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 21時44分

» 映画『愛のむきだし』をCATVで見た〜(^^)v [よくばりアンテナ]
昨年末に録画しておいたんだけど、 年末年始って家族が家にそろってたりして、 なかなか1人でじっくり見ることができないでいた。 だって、この作品多感な中高生とは一緒に楽しめなさそうだったし。 そ...... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 15時51分

» 映画「愛のむきだし」のDVDを見ました(パンチラ盗撮における罪と罰と宗教的因果関係) [翼のインサイト競馬予想]
どこかの2chのまとめサイトの面白い映画を上げるスレで見かけた「愛のむきだし」の [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 16時38分

» 愛のむきだし [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  『冷たい熱帯魚』(2011年) 上映後から、急激に注目されはじめた園子温監督作品である。原作は英題Love Exposureという、実話を基に執筆された小説だという。 まず4時間弱の上映時間からして、度肝を抜かれるのだが、その内容も変態かつ荒唐... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 18時42分

» 愛のむきだし [LIFE ‘O’ THE PARTY]
な~~~んじゃこの映画!!! 怒涛の237分!! 鑑賞後「ぽ [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 12時52分

» 「愛のむきだし」 変態で何が悪いΣ(゚д゚;) [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「恋の罪」、「ヒミズ」を作り上げた 鬼才・園子温監督が撮り上げた渾身のエンターテ [続きを読む]

受信: 2012年7月21日 (土) 00時02分

« アーティスト/The Artist | トップページ | マノレテ 情熱のマタドール/Manolete »