« チャイナ・シンドローム/The China Syndrome | トップページ | TIME タイム/In Time »

2012年2月17日 (金)

グッド・ドクター 禁断のカルテ/The Good Doctor

Photo_2 『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』シリーズのオーランド・ブルームが製作・主演の医療サスペンス。新人研修医が若い女性患者を愛するが故に暴走し、禁断の領域に足を踏み入れてしまう姿を描いている。共演にエルヴィス・プレスリーの孫娘ライリー・キーオ、タラジ・P・ヘンソン、マイケル・ペーニャらが出演。監督を務めるのはアイルランド出身のランス・デイリー。
>>公式サイト

ミステリーもしっかり描いて欲しかった

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

つくづく医者はその気になればいくらでも人の命を奪うことが出来るのだと再認識させられた。それも証拠を残さず。実際医療訴訟ではその専門性が故に勝訴するためには相当の労力を要すると聞くが、それとても決してわざとではなくあくまで医療ミスでの話だ。この物語の主人公マーティン・ブレイク(オーランド・ブルーム)は一人の少女に対して故意にその回復を阻害し結果的に死に至らしめるのである。しかも必ずしもアメリカの医者だからではなく、研修医である彼の姿は日本のそれとも重なる所は多分にあるので、我々の身近にいる医者がこういう行動をとらないとは言い切れない怖さを感じた。序盤はブレイクが初めて研修医として働き始め、戸惑いを覚える様子が描かれている。

02_2

03_2

ベテラン看護師からは理不尽な嫌がらせを受け、専門医になりたいという希望は上司から退けられるのだが、劇中だけでなく我々ですらまだ勤めたての新人にはするべきことは山ほどあり、ある種の通過儀礼を受けることがあるのは社会人をやっている人なら解るだろう。しかし彼にはそれがどうしても納得できない。そうしたストレスは澱の様に溜まって行くことになる。この辺ブレイクの人となりはあからさまに描かれてはいないのだが、両親からの手紙や、新人医師でありながらプリウスに乗っていたり、クラッシック音楽を愛したりといった生活の端々から、とても育ちがよくマザコン気味で、苦労知らず(本人はそうは思っていないが)でここまでやってきたことが覗われる。

04_2

05_2

要するに、彼は病院と言うヒエラルキーの中で最下層に自分が位置することに気付かされたワケだ。ところがそんなブレイクの前に現れたのが18歳の少女ダイアン(ライリー・キーオ)だ。腎臓の感染症で入院していた彼は、甘いマスクの若い研修医をとても尊敬し、全幅の信頼を寄せる。無論それは医師に対して患者がもつ一般的な感覚なのだが、この時のブレイクの心理状況がそれを過剰に受け止めさせたのだ。そして退院した彼女の家に食事に招かれ、トイレで彼女のクスリを発見した時にブレイクは悪魔の考えを思いつくことになる。要するにクスリをすりかえて彼女の病気を再発させ、また自分の手元に置こうというワケだ。この時のブレイクの心理状況は実に微妙なところといえる。

06_2

07_2

誤解してはいけないのは、決して単なる恋愛感情だけでこんな行為をしたわけではないということだ。ブレイクが自分のアイデンティティを維持するためには彼女の存在、いや、彼女が自分に対して向ける尊敬と信頼の心が必要だったのである。その上で、一人の人間、その命までも完全に支配でき得る快感に酔った部分も否定できない。しかしそんなことは神のみがなせる業だ。かくして予想外に病が悪化したダイアンは死んでしまう。ちょっと残念なのは、ブレイクがした医療犯罪がダイアンにとって具体的にどういう意味を持つのか、言い換えればどんな効果を狙ったものなのかが解りにくいことだ。病気を悪化させようとしているのは見ていれば誰だって解る。しかし死ぬまでやったら元も子もない。

08_2

09_2

ブレイクは何処まで何を考えていたのか、そこをもっときちんと描けていれば、彼のショックの度合いもより解りやすくなると思う。それと意外だったのはこの後の展開。ダイアンの書いた日記の内容で掃除係のジミー(マイケル・ペーニャ)がブレイクを脅迫するのだが、彼はジミーを毒殺し、更にそれによって刑事の尋問まで受けることになる。このシークエンスがかなり長い。やけに饒舌に聞かれてもいないことまでしゃべるブレイクの様子を観ていれば、刑事ならずとも彼が怪しいと思って当然だろう。だがサスペンスとしての進展を見せる前にある種唐突に物語は終わってしまうのだ。救急医療の現場で一人前の医師として働くブレイクの姿はきっとグッド・ドクターなのだろう。

10_2

11_2

しかし彼に対して何ら危機が迫ることもなく、要するに彼の心の中の葛藤だけで物語を〆てしまうというのは、最初に書いたような現実的な恐ろしさは感じても、サスペンスとしては物足りない。新人医師が堕ちて行く姿やその葛藤にフォーカスしたことは確かに面白い。そこにきちんとサスペンスを両立させてくれたらもっと面白くなったのではないかと思う。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:プレスリーの孫娘さんだけあって可愛い♪
総合評価:63点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« チャイナ・シンドローム/The China Syndrome | トップページ | TIME タイム/In Time »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44146773

この記事へのトラックバック一覧です: グッド・ドクター 禁断のカルテ/The Good Doctor:

» 『グッド・ドクター 禁断のカルテ』 [ラムの大通り]
※注:少々辛口です。 (原題:The Good Doctor) ----ニャに。この映画? “グッド・ドクター”っていうから てっきりヒューマン・ドラマなのかニャと思ったら 禁断のカルテなんて、副題が付いている。 「そうだね。 劇中でも主人公が“グッド・ドクター”の条件を先輩ドク...... [続きを読む]

受信: 2012年2月17日 (金) 23時01分

» グッド・ドクター 禁断のカルテ [象のロケット]
若き内科研修医マーティンは、上司や同僚の前で失敗したり、ベテラン看護師から理不尽な仕打ちを受けたりで、将来への不安と焦りを募らせていた。 そんな時、腎臓の感染症で入院してきた18歳の少女ダイアンから信頼を寄せられ、医者としての自信を取り戻す。 ダイアンに特別な思いを抱くようになったマーティンは、退院した彼女の薬を密かに入れ替えてしまうのだが…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 10時16分

» グッド・ドクター 禁断のカルテ [Memoirs_of_dai]
甘々な完全犯罪 【Story】 研修医としてキャリアをスタートしたばかりのマーティン(オーランド・ブルーム)は、周囲の評判を気にする不安な日々を過ごしていた。そんな中、入院してきた少女ダイアン...... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 23時14分

» グッド・ドクター 禁断のカルテ(2010)●◎THE GOOD DOCTOR [銅版画制作の日々]
 神の手(ゴッドハンド)による完全犯罪。 評価(好き度):+5点=55点 京都みなみ会館にて鑑賞! 自信喪失していた新米医師が、若い女性患者を快復させたことで立ち直るものの、やがて彼女に対する思いが暴走してゆくさまを描いている。う〜ん本当のところダイア...... [続きを読む]

受信: 2012年3月21日 (水) 16時07分

» 映画『グッド・ドクター 禁断のカルテ』を観て [kintyres Diary 新館]
12-8.グッド・ドクター 禁断のカルテ■原題:The Good Doctor■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:97分■字幕:加藤真由美■観賞日:1月27日、銀座シネパトス(東銀座)□監督:ランス・デイリー□脚本:ジョン・エンボム□製作:ジョナサン・キング、ダン・エサ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 17時28分

» 「グッド・ドクター 禁断のカルテ」 [みんなシネマいいのに!]
 映画の中には、物凄い話だが、よくよく聞くとツッコミ所満載の映画が多々ある。 「 [続きを読む]

受信: 2012年4月 1日 (日) 09時10分

» 「グッド・ドクター 禁断のカルテ」  [ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て]
「ゴッドハンドによる完全犯罪」[E:sign03] 『三銃士 王妃の首飾りとダ・ [続きを読む]

受信: 2012年7月12日 (木) 00時02分

» グッド・ドクター 禁断のカルテ [いやいやえん]
オーランド・ブルーム主演。 動機が見えにくい。しいていえば、自分に絶対の尊敬と信頼を示してくれる少女ダイアンへの想いというよりは、患者は医師に頼る他なくその信頼や尊敬を受ける自分に酔っている感じがする。自分を知人のように尊敬される医師のようになりたいと思い、禁断の手を使ってまでも「完治させない」という気持ち。エゴ。 綿密な計画性はなく、ゴソゴソやってたまたま見られてないだけで、バッタリそこにいた事を目視されたりもしているところから、完全犯罪とは程遠い。 ダイアンの家の夕食に招かれるも、... [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 10時47分

» グッド・ドクター 禁断のカルテ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【THE GOOD DOCTOR】 2012/01/21公開 アメリカ 97分監督:ランス・デイリー出演:オーランド・ブルーム、ライリー・キーオ、J・K・シモンズ、タラジ・P・ヘンソン、マイケル・ペーニャ 神の手(ゴッドハンド)による完全犯罪。 高い志を胸に研修医として医療の現場...... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 12時50分

« チャイナ・シンドローム/The China Syndrome | トップページ | TIME タイム/In Time »