« マノレテ 情熱のマタドール/Manolete | トップページ | 東京プレイボーイクラブ »

2012年2月 9日 (木)

ハンター/The Hunter(2011)

Photo オーストラリアのタスマニア島を舞台にし、絶滅したといわれるタスマニアタイガーを探し求める孤高のハンターを描いた人間ドラマ。主演は『アンチクライスト』のウィレム・デフォー、共演に『A.I.』のフランシス・オコナー、『デイ・ブレイカー』のサム・ニールらベテランの実力派が揃う。監督はダニエル・ネットハイム。
>>公式サイト

守るべきものを手にしたハンター

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

タイトル通りハンターを職業とするある男の物語なのだが、ハンターと言ってもいわゆる狩人とは少し趣が異なる。この物語の主人公マーティン・デヴィッド(ウィレム・デフォー)はバイオ・テクノロジー企業“レッド・リーフ”社からの依頼で既に絶滅したといわれるタスマニアタイガーを見つけ出し、その生体サンプルを採取するのがその任務だった。ちなみに私はこれを聞いてプラントハンターの西畠清順氏を思い出した。新種・突然変異種といった希少植物を追って世界を飛び回るプラントハンターはもしそれらを発見できればその植物そのものであったり、その植物の持つ固有の遺伝子を利用することで莫大な富を生み出すことが出来る可能性がある。

02

03

対象は動物だがタスマニアタイガーの場合は絶滅したと言われているわけで、しかもレッド・リーフ社が欲するタスマニアタイガーの毒のDNAを独占できたとすればこれは恐らくとんでもない額の金が動く話なワケだ。しかし生体サンプルだけでよいということは要するに動物園が保護するようにその動物そのものを捕獲するのが目的ではなく、DNAの解析が出来るサンプルが得られれば良いということで、例えそれが世界中で最後の1匹だったとしても躊躇無く殺すということを意味している。これでは彼の方はあまり表通りを胸を張って歩ける職業ではないことは確かだ。と言うワケで、どこか陰を背負ったようなマーティンはタスマニア島で活動を開始する。

04

05

ベースとしたのはルーシー(フランシス・オコナー)と娘サス、弟バイクの一家の家だった。前半はタスマニア島の森林の中で自然を利用した罠を作ったり、鉄製の罠を仕掛けたりする彼の姿が映し出されるのだが、どちらかと言うとタスマニアタイガー探しよりも、彼とルーシー一家、特に子どもたちと交流が深まる部分にフォーカスがあてられていた。とはいえタスマニアデビルのような島ならではの動物が登場したり、どこか神秘的で幻想的でさえあるタスマニアの自然の風景はマーティンならずとも「ここならタスマニアタイガーはまだどこかにいるのでは?」と思わされてしまう何かがある。実は子どもたちとの交流には物語の進行2つの大きな伏線があった。

06

07

1つは弟バイクがタスマニアタイガーを目撃した場所を知っていたこと。そしてもう一つは彼らの行方不明になった父親の存在だ。特に父親の存在は終盤に死んでいることが判明するが、要するに彼もまたレッド・リーフ社からの依頼でタスマニアタイガーを探していたのだった。結局本作ではマーティンが何か行動するたびに、タスマニアの自然に関わる人間の醜さだけが次々浮かび上がってくる。その醜さは“欲望”であったり“嫉妬”であったり“猜疑心”であったりという、凡そ普通の人なら誰でも持ち得るものであるところがミソだろう。それらの醜さと無縁だったのがサスとバイクの姉弟であり、タスマニアタイガーそのものだったように思う。

08

09

この後マーティンはルーシーとサスを火事で失うのだが、それは詰らない人間の詰らない嫉妬心が原因だった。しかもレッド・リーフ社は自分の後任を送り込み、彼は襲ってきたその後任を返り討ちにする。タスマニアタイガーの存在が人間に争いを引き起こす、それはタイガーに責任がある訳ではないのは当然だ。しかし現実は大切な存在をマーティンから奪っていったのだ。最終的にマーティンはタスマニアタイガーを発見しそれをスコープに納める。引き金を引くのか引かないのか。引けば最後の一匹を自らが葬り去ることになるが、自分がやらねば誰かがまた送られてくるのは明白であり、また同じことが繰り返されることになる。デフォーの演技、この一瞬の躊躇と覚悟の絶妙の間合いに痺れた。

10

11

電話でレッド・リーフ社にタスマニアタイガーはいなかった、自分を捜さないでくれと言い残す彼だが、無論敵が黙って言う通りにするわけはないだろう。バイクを連れたマーティンはこれからどうするのか。しかし、今度こそ彼にとって唯一無二の存在となったバイクを彼は守り通すことに全てを費やすのだろうと思う。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:不思議な光景だったなぁ…
総合評価:67点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« マノレテ 情熱のマタドール/Manolete | トップページ | 東京プレイボーイクラブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44037962

この記事へのトラックバック一覧です: ハンター/The Hunter(2011):

» ハンター /THE HUNTER [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click デフォーさん観たさに気になった新作。 オーストラリアの女流作家ジュリア・リーの同名原作小説の映画化のオーストラリア映画。 幻の野生動物rdquo;タスマニアタイガーrdquo;の調査にのめり込む一...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 00時16分

» ハンター/そこに希望があるかぎり [映画感想 * FRAGILE]
ハンターThe Hunter/監督:ダニエル・ネットハイム/2011年/オーストラリア ウィレム・デフォーが、幻の獣タスマニアタイガーを探します。 なにかといつも怖い顔のウィレム・デフォー主演です。オーストラリア映画。予告を見てもどういう映画なのかいまいちわからぬままに、見てみましたよ。「アニマル・キングダム」の製作総指揮、ヴィンセント・シーハンがこの作品の製作を担当しています。そのせいなのか? わからないけれど、雰囲気はけっこう似ていました。監督のダニエル・ネットハイムは、この映画で長編映... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 09時13分

» ハンター [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
世界遺産に登録されたタスマニアでオールロケを敢行した異色のサスペンス・ドラマ「ハンター」。神話的とも思えるストイックな作風が美しい。世界中を渡り歩いた百戦錬磨の傭兵に ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 10時19分

» ハンター(2011) [佐藤秀の徒然幻視録]
タスマニア大自然紀行 公式サイト。オーストラリア映画。英題:THE HUNTER。ジュリア・リー原作、ダニエル・ネットハイム監督。ウィレム・デフォー、フランシス・オコナー、サム・ニー ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 12時08分

» ハンター [とりあえず、コメントです]
タスマニア島を舞台に幻のタスマニアタイガーを追うハンターの姿を描いたサスペンスです。 予告編を観ながら、何故この主人公はタスマニアタイガーを追うのだろうかと気になっていました。 人を寄せ付けないような原野の広大さと、そこに生きる生き物たち姿に静かな感動を覚えると共に 人間のエゴの怖さをしみじみと感じるような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 12時29分

» ハンター [to Heart]
最後の標的。 男は、何に照準を合わせたのか―― 原題 THE HUNTER 製作年度 2011年 製作国・地域 オーストラリア 上映時間 100分 原作 ジュリア・リー 脚本 アリス・アディソン 監督 ダニエル・ネットハイム 出演 ウィレム・デフォー/フランシス・オコナー/サム・ニー...... [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 18時04分

» ハンター [Movies 1-800]
The Hunter (2011年) 監督:ダニエル・ネットハイム 出演:ウィレム・デフォー、フランシス・オコナー、サム・ニール 絶滅したはずのタスマニアン・タイガーを求めて、タスマニア奥地に入った男の姿を描く。 オーストラリア圏から活躍の場をハリウッドに移す俳優は多いのは、いくつか要因があるのだろうが、市場が小さいというのも、その一つなのだと思う。 オーストラリア圏出身の俳優は挙げると切りがない割には、日本で公開されるオースラリア映画は年に数本しかなく、本作はその1本。 野生動物の保護と自然... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 00時38分

» 「ハンター」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「プラトーン」「スパイダーマン」のウィレム・デフォー主演。絶滅したはずのタスマニアタイガーを巡って、孤高のハンターが使命の現実の間で葛藤する姿を描くサスペンスムービー。  ちなみに、他のサイトさんでも言及されているとおり、1980年公開のスティーブ・マ... [続きを読む]

受信: 2012年2月16日 (木) 18時50分

» ハンター/ウィレム・デフォー [カノンな日々]
その昔、『タスマニア物語』という邦画作品で幻の動物タスマニア・タイガーを探し求めるというエピソードが描かれていました。私がタスマニア・タイガーを知ったのもこの映画を観 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 22時08分

» ハンター [ダイターンクラッシュ!!]
2012年2月19日(日) 16:30~ 丸の内ルーブル 料金:1300円(有楽町の大黒屋で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『ハンター』公式サイト 怪人ウィレム・デフォー先生が、意外に真人間を演じるようなので、勇んで行った。が、公開最終週に。恐ろしいほどの客入りの悪さが容易に想定でき、2週間打ち切りの線もありうるかと思ったが、何とか3週間もってよかったよ。本当に客が少ない。 しかし、焦ってまで観る価値があるかと言うと、ウィレム・デフォー先生が出ていること以外は、ありがち... [続きを読む]

受信: 2012年2月20日 (月) 15時45分

» ハンター [キノ2]
★ネタバレ注意★  ダニエル・ネットハイム監督のオーストラリア映画。主演はウィレム・デフォーです。  フリーランスの傭兵であり、凄腕のハンターでもあるマーティン・デヴィッド(ウィレム・デフォー)は、バイオ企業レッドリーフ社の依頼により、70年以上前に絶滅したとされるタスマニアタイガーを捕獲しそのサンプルを採取するために、タスマニア島に赴く。  現地では、環境保護を主張する人々(研究者やボランティアなど、主によそ者)と林業で生計を立てている地元の労働者たちとの間に不穏な対立が生じ... [続きを読む]

受信: 2012年2月21日 (火) 21時22分

» 『ハンター』を109シネマズ木場7で観て、デフォー渋すぎるふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★デフォーだけ見ると星五つ】 デフォーかっくいいな。 あのゴツゴツの顔に今回の寡黙な役が良く似合う。 話の筋よりもデフォーその物の存在感を味わう映画 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月24日 (金) 01時15分

» 『ハンター』 (2011) / オーストラリア [Nice One!! @goo]
原題: THE HUNTER 監督: ダニエル・ネットハイム 出演: ウィレム・デフォー 、フランシス・オコナー 、サム・ニール 、サリバン・ステイプルトン 、ダン・ワイリー 鑑賞劇場: 109シネマズMM横浜 公式サイトはこちら。 書くのがすごく遅くなっちゃいました...... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 01時13分

» 映画『ハンター』を観て [kintyres Diary 新館]
12-12.ハンター■原題:The Hunter■製作国・年:2011年、オーストラリア■上映時間:100分■字幕:伊東武司■観賞日:シネマスクエア東急(歌舞伎町)□監督・脚色:ダニエル・ネットハイム◆ウィレム・デフォー(マーティン・デヴィッド)◆サム・ニール(ジャック・ミン...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 23時44分

« マノレテ 情熱のマタドール/Manolete | トップページ | 東京プレイボーイクラブ »