« 第九軍団のワシ/The Eagle | トップページ | ニューヨークの恋人/Kate & Leopold »

2012年3月29日 (木)

サルベージ・マイス

Photo 『おにいちゃんのハナビ』の谷村美月が広島を舞台に怪盗マイスとして美術品窃盗団と戦いを繰り広げるアクションムービーだ。共演に映画初出演となる空手少女長野じゅりあ。プロデューサー・アクション監督を『ハイキック・ガール』では監督を務めた西冬彦が、監督を「平成仮面ライダー」シリーズの田崎竜太が務める。
>>公式サイト

長野じゅりあのアクションは素晴らしい

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

谷村美月目当てでの鑑賞だったのだが、観て初めてこれが彼女の初めてのアクション映画だと知った。ちなみに監督の田崎竜太は「平成仮面ライダー」シリーズの監督だそうだが、私はそっちは興味ゼロなため、監督は初めて聞く。むしろそれよりアクション監督の西冬彦だ。武田梨奈を見出した『ハイキック・ガール』では監督も務め、昨年公開の『KG カラテガール』でもアクション監督を務めているが、彼の名前が無くともそのキャスティングとアクションの動きを見た瞬間「もしかして?」と気付いた。何しろ劇中悪役で登場する飛松陽菜は『ハイキック・ガール』では主演のが武田梨奈とコンビを組んだ美少女空手家だし、敵のボスであるリチャード・ウィリアム・ヘセルトンは今回も同じくラスボスだ。

02

03

さて主人公・有栖川真唯(谷村美月)は騙されて奪われたお宝を美術館などから盗み出し、元の持ち主に返すサルベージ・マイスを名乗っている。ちなみにタイトルにある“マイス”は“マウス”の複数形で、それは単に相棒がいるからだ。言ってみればネズミ小僧を意識しているのだろうが、そもそも騙されようがどうしようが美術館が善意の第三者として手に入れたものを盗み返して良い道理があるはずがない。もっともその辺の細かい設定はごっそり割愛されているのだが。というか、あまりにもズタボロの脚本を書いているのは『牙狼 GARO』シリーズの田口恵だけに、要はそういった系統の作品だとして観る、即ち“余計なことを考えない”ようにしないといけない。

04

05

元々組んでいたマリク(佐藤祐基)に裏切られ、盗みの濡れ衣を着せられた真唯は広島をこよなく愛する空手少女・宇佐木美緒(長野じゅりあ)と出会う。最初は真唯のことを誤解していた美緒が彼女の本当の心を理解すると、2人は組んで新生サルベージ・マイスとして裏切ったマリクとそのボスを倒すために戦いを挑むのだ。谷村美月の警棒を使ったアクションは初めてにしては上出来。中々華麗な動きを披露してくれる。しかし今回何と言っても目を奪われたのは長野じゅりあの動きだ。糸東流空手道の世界大会で優勝したこともある16歳の女子高生は600人のオーディションを勝ち抜いて選ばれた。美しい動きだけでなく、何と言ってもその繰り出す技の速さが素晴らしい。

06

07

私は武田梨奈は豪快な技を繰り出すが欠点は動きが遅いことだと思っている。『KG カラテガール』ではそんな彼女と対照的に恐ろしい速さを持った飛松陽菜という新星が現れた。ただ飛松陽菜はまだ子供過ぎて今度はどうしても技が軽く見えてしまう。長野じゅりあは武田梨奈の豪快さ、飛松陽菜の速さの両方を併せ持った存在だと言える。本作でも長野vs飛松は用意されているが、残念ながら飛松の方が割と存在感が軽めのやられ役だったため、ガチンコ勝負とまでは行かなかった。それでもスピード感溢れる立会いは今後を期待させるに十分だ。願わくば近いうちに武田・飛松・長野の3者をメインに据えたアクション映画を観てみたいものだ。これは是非、西監督にお願いしたい。

08

09

さて、クライマックスの敵ボスとの戦いは例によって『KG カラテガール』同様に女子2人が白人の大男と対決して倒すというもの。毎度のことながらこれだけはどうにも馴染めないし引いてしまうのだが、それでもリチャード・ウィリアム・ヘセルトンのやられっぷりが前より様になってきているのが面白かった。ところで彼の喋りはあからさまなアフレコで英語がかぶさっていて、それに字幕が乗るというよく解らない状態になっているのだが、どうも口の動きを見ていると演技自体を日本語でしているようにも見えるのだがどうだろう?最後の最後で長野じゅりあが全国展開をするかのようなセリフを言うのだが、もしかして連ドラ化や映画続編を考えているのかもしれない。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:映画のクオリティとしては…無理
総合評価:47点

作品情報
キャスト:谷村美月、長野じゅりあ、長田成哉、佐藤祐基、宍戸開
監督:田崎竜太
アクション監督:西冬彦
製作:大辻茂、重村博文、倉内均
エグゼクティブプロデューサー:戸崎和良、紀伊宗之
プロデューサー:西冬彦、田原絹子、小林勝広、若林雄介
脚本:田口恵
撮影:小松高志
照明:藤森玄一郎
美術:龍田哲児
装飾:龍田哲児
録音:九連石由文
音楽:安川午朗
編集:相良直一郎
主題歌:ももいろクローバーZ
製作国:2011年日本映画
配給:ティ・ジョイ
上映時間:81分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 第九軍団のワシ/The Eagle | トップページ | ニューヨークの恋人/Kate & Leopold »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44670847

この記事へのトラックバック一覧です: サルベージ・マイス:

» 「サルベージ・マイス」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「平成仮面ライダーシリーズ」で知られる田崎竜太監督最新作は、奪われたお宝を本来の持ち主に返すため暗躍する正義の義賊と、広島を愛する熱血空手少女の活躍を描く、オール広島ロケの痛快世直しアクションムービー。    結論から言えば、ストーリーはあってないような... [続きを読む]

受信: 2012年3月29日 (木) 18時38分

» 『サルベージ・マイス』を新宿バルト9シアター1で観て、ベクトル違うんちゃうんふじき★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★怪盗の映画と思ってお客は観に来るんちゃうん?】 ルパン三世的な世界観の映画と思って見に行ったら『ハイキック・ガール』の延長だった。怪盗なんだから、そ ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 00時08分

» サルベージ・マイス [銀幕大帝α]
11年/日本/82分/アクション/劇場公開(2012/03/24) −監督− 田崎竜太 −アクション監督− 西冬彦 −プロデューサー− 西冬彦 −出演− *谷村美月…有栖川真唯 過去出演作:『阪急電車 片道15分の奇跡』 *長野じゅりあ…宇佐木美緒 *佐藤祐基…マリク 過去出演作:『少...... [続きを読む]

受信: 2012年6月30日 (土) 02時11分

» 「サルベージ・マイス 」 [みんなシネマいいのに!]
 広島で奪われた宝物を本来の持ち主に返す正義の怪盗サルベージ・マイスの真唯とマリ [続きを読む]

受信: 2012年7月 8日 (日) 18時59分

« 第九軍団のワシ/The Eagle | トップページ | ニューヨークの恋人/Kate & Leopold »