« ライアーゲーム -再生- | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム/Sherlock Holmes: A Game of Shadows »

2012年3月 6日 (火)

ポエトリー アグネスの詩/시

Photo 『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督がなんと16年ぶりにスクリーンに復帰した女優ユン・ジョンヒを主演に据えた作品だ。孫息子を育てる初老の女性が一編の詩を紡ぎだそうと努力する中でとある事件と対峙していく姿を描く。共演に『宿命』のアン・ネサンや、『冬の小鳥』のパク・ミョンシン。第63回カンヌ国際映画祭脚本賞を獲得している。
>>公式サイト

深く静かに感じ入る、そんな作品です

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

カンヌで脚本賞を獲っている作品だそうだが、正直言って物語そのものはそれほど面白いものとは言えない。今考えてみても寝てしまってもおかしくないような話だった。ところが、スクリーンから伝わる不思議な空気感、それは日常でありながらどこか非日常であり、それと同化するようなユン・ジョンヒの演技に何故か目が吸い付けられてしまい、スクリーンに魅入られた139分になってしまった。そのユン・ジョンヒ演じる主人公のミジャは66歳になる女性で、孫のジョンウク(イ・デヴィッド)と共に暮らしている。母親は離婚して釜山にいるらしい。決して裕福ではなく、裕福なカン老人の介護をしてお金を稼いでいる。彼女を見ていると基本的には孫を愛する一人の祖母でしかない。

02

03

しかし、ミジャ一人になるとちょっと話が違う。今まで観た韓国映画でも多くの初老の女性は出てきたがその誰にも当てはまらないし、何より周囲から明らかに浮いている。本人曰く“オシャレ”といっているその格好は確かに野暮ったくはないけれど、失礼ながら年相応とも言えないのだ。周りは“オシャレな人”と言ってはいるが、それはあくまでもお世辞込みだろう。しかるに本人はそれをそのまま真に受けてしまうし、それなりの自信があるらしい。ユン・ジョンヒという女優は1960~70年代に活躍し約300本の映画に出演した大女優だそうだ。当時の写真を見てもとても美しい。その外面の美しさの名残がある彼女の姿はどことなく少女の趣を感じさせるものでもある。

04

05

ちなみにミジャはたまたまではあるが、ユン・ジョンヒの本名でもあるそうで、そういう意味では彼女は等身大の自分自身を演じていたのかもしれない。さて、ミジャはある日右腕の痺れから医者にかかるのだが、そこで認知症の初期段階だと宣告されてしまのだった。そして、病院からの帰り道、詩作教室の生徒募集の張り紙を見てそれに申し込むことに決める。単語を忘れていってしまう認知症、単語を紡いで作り上げる詩、相反することがミジャの頭の中で行われることの意味とは何だろう。昔あなたは詩人になれると言われたなんてことを彼女は言っているが、自分が少しづつ失われていく前に、自らの生きた証、自ら見つけた・感じた美しさを形に残そうとしたのかもしれない。

06

07

詩作教室の先生は、詩を書くにはまず見ることだ、それもただ観るのではなくじっくり観察することだという。そして詩は誰の心の内にもあり、それを呼び出してやることだとも言う。ミジャは外を歩きながら、ふと気に留めた小さな感動をメモに書き留める。その様子は小さな幸せを見つけた喜びに満ちていた。ところがそんな彼女を事件が襲う。川に身投げした女子中学生を暴行していた6人組の中に孫のジョンウクがいたことが解ったのだ。これが驚くことに、ミジャがそれを知った時には、残りの5人の父兄によって被害者の母親と示談し事件を公にせずに葬ろうと決まっていたのである。ミジャの慰謝料負担分は500万ウォンだった。更には介護をしていたカン老人からは突然体を求められたりもする。

08

09

一生懸命詩を紡ぎだそうと、美しいものを感じる努力をしているミジャの前に、よりによって人間の汚い面がこれでもかと降り注ぐ様子は観ていて何とも切ない気持ちにさせられる。しかし、何かに抗うかのように詩を作ろうとする事を止めないミジャ。500万ウォンの慰謝料を手にするためにカン老人に抱かれるのも、まるで最後の心の拠り所を守らんがために必死に耐えているようですらあった。ところでこれより前、詩を愛する会の朗読会の席で、彼女は一人の男性を目にする。彼は現役の刑事で、詩を作って発表する時に必ず下ネタを披露して笑いを誘っていた。彼女は美しい詩を愛する人々の中に、何故こんな下卑た人間が混ざっているのか理解できない。

10

11

この純粋無垢な精神性こそが、彼女がもつ少女のような趣きの原点なのだろう。しかし、彼女は一編の詩を紡ぎだすためにそれを捨てる。いや、自分の内にある一編の詩を守るためにといってもいい。それがカン老人に抱かれることであり、それによって金を要求し、少女の自殺を金で解決することに加担することなのだと思う。孫が刑事に連行された後に、詩を愛する会の例の刑事とバトミントンをするシーンは、図らずも世俗にまみれてしまった彼女を象徴していて印象深かった。少女は汚されて死を選んだ。ミジャはどうなったかは描かれていない。しかし彼女は「アグネスの詩」という詩を残す。仮に命を断たなくとも、認知症ということは詩を紡ぎだすという意味においては死に直結している。だからこそ、最後の詩の朗読はミジャと少女の声がオーバーラップしたのだと思う。本作自体が静かに、そして切なく哀しい一編の詩だった。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:まぁ、場内から凄いいびきも聞こえたけど^^;
総合評価:81点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ライアーゲーム -再生- | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム/Sherlock Holmes: A Game of Shadows »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44382689

この記事へのトラックバック一覧です: ポエトリー アグネスの詩/시:

» 『ポエトリー アグネスの詩』 (2010) / 韓国 [Nice One!! @goo]
原題: POETRY 監督: イ・チャンドン 出演: ユン・ジョンヒ 、イ・デヴィッド 、キム・ヒラ 、アン・ネサン 、パク・ミョンシン 鑑賞劇場: 銀座テアトルシネマ 公式サイトはこちら。 LA批評家協会賞(女優賞)(2011年) カンヌ国際映画祭(脚本賞)(2010年...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 01時05分

» *『ポエトリー アグネスの詩』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:韓国映画、イ・チャンドン監督、ユン・ジョンヒ、イ・デヴィッド、キム・ヒラ、 アン・ネサン、パク・ミョンシン出演。 [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 21時10分

» ポエトリー アグネスの詩 [キノ2]
★ネタバレ注意★  『オアシス』『シークレット・サンシャイン』のイ・チャンドン監督最新作。  2010年のカンヌ国際映画祭では、パルム・ドールと脚本賞にノミネートされ、脚本賞(イ・チャンドン)を受賞しています。  静かな地方都市。66歳のミジャ(ユン・ジョンヒ)は、釜山で働く娘の代わりに中学3年生の孫ジョンウク(イ・デヴィッド)を育てている。生活保護と介護ヘルパーの仕事が頼りの暮らしは豊かではないが、「おしゃれなひと」と呼ばれることに喜びを感じ、軽やかな帽子、ふんわりしたスカート、... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 21時32分

» 『ポエトリー アグネスの詩』 [ラムの大通り]
(英題:POETRY) ----これ、昨年の最初の試写で観たんだよね? 「うん。 すっかりここで喋っていた気になっていた。 結論から言うと、 今年ここまでに公開された映画の中では 頭抜けて好きな作品だね。 とにかく、スクリーンを見つめている間、 “映画を観ている”...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 22時18分

» ポエトリー アグネスの詩・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
残酷な現実に彷徨う老女が、最後に辿り着いた「詩」とは。 「グリーンフィッシュ」「ペパーミント・キャンディー」「オアシス」「シークレット・サンシャイン」、そして「ポエトリー アグネスの詩」。 42...... [続きを読む]

受信: 2012年3月 7日 (水) 17時34分

» ポエトリー アグネスの詩(うた) [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
一篇の詩に辿り着くまでの美しく残酷な魂の旅を描く「ポエトリー アグネスの詩(うた)」。最小限に抑えられた感情表現に深い陰影を見る。地方都市に住む初老の女性ミジャは、遠い ... [続きを読む]

受信: 2012年3月 9日 (金) 10時20分

» それでも人生を祝福する~『ポエトリー アグネスの詩』 [真紅のthinkingdays]
 POETRY  韓国の田舎町に住む初老の女性・ミジャ(ユン・ジョンヒ)は、中学生の孫息子 と二人暮らし。ヘルパーをしながら詩作教室に通い始めた彼女は、物忘れが酷 い自分がアルツハイマーの...... [続きを読む]

受信: 2012年3月15日 (木) 13時10分

» ポエトリー [映画的・絵画的・音楽的]
 『ポエトリー アグネスの詩(うた)』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)久し振りで韓国映画でも見ようかということで、映画館に行ってみました。  見てみると、ドギツさが売り物のいわゆる韓流映画とはまるで違う、実に落ち着いた素晴らしい出来栄えの文芸作品で...... [続きを読む]

受信: 2012年3月28日 (水) 20時05分

» 『ポエトリー アグネスの詩』 [こねたみっくす]
詩はその人の分身。何を書くかは何を感じるかということ。無視していい感情などは何もない。 第63回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したこの映画は、現代韓国社会の汚い部分を美し ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 6日 (金) 10時30分

» ポエトリー アグネスの詩(2010)☆POETRY [銅版画制作の日々]
 ここは、「私」を探しにきたところ。 好き度:=70点 京都シネマにて鑑賞。 川から始まり川で終わる、、、、。非常に印象的な作品でした。 冒頭は川岸で遊ぶ子供たちのシーンから始まる。川岸で遊んでいた少年が見つめる。その先には中学生の制服を着た、髪の長い...... [続きを読む]

受信: 2012年5月11日 (金) 19時07分

» ポエトリー アグネスの詩 [迷宮映画館]
なんとも救い難い。 [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 11時53分

« ライアーゲーム -再生- | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム/Sherlock Holmes: A Game of Shadows »