« 僕達急行 A列車で行こう | トップページ | ゴーストライターホテル »

2012年3月23日 (金)

イップ・マン 誕生/葉問前傳

Photo_2 ドニー・イェン主演の『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』よりの前の時代、イップ・マンの子供の頃から青年時代を描いたカンフー映画。主演はその2作品にも出演していたデニス・トー。共演にサモ・ハン・キンポーやユン・ピョウ、そしてイップ・マンの実子であるイップ・チュンが出演している。監督はハーマン・ヤオ。
>>公式サイト

巡り巡るカンフーの絆

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ドニー・イェン主演の『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』より更に前の時代、イップ・マンが子供の頃から青年に達するまでを描いた物語だ。今回イップ・マンを演じるのはの『イップ・マン 序章』で映画デビューを果たしたデニス・トーである。といいつつも、残念ながらどこに出演していたのかは全く覚えていない。更にちょっとややこしいのだが、前2作でイップ・マンの友人役だったルイス・ファンが本作ではイップ・ティンチーという兄弟役に、「葉問」でイップ・マンと闘った武館の主サモ・ハン・キンポーが今回はイップ・マンの師匠として登場する。物語的には例によって例の如く日本人悪役ストーリーで、もちろん最後はイップ・マンがそんな日本人の企みを撃破する(苦笑)

02_2

03_2

最初イップ・マンは兄ティンチーとともにチェン・ワースン(サモ・ハン・キンポー)に師事するのだが、その師匠が亡くなると兄弟子のウー・ツォンソウ(ユン・ピョウ)教えを請うことになる。私の世代からすると、後のブルース・リーの師匠がそのブルース・リーの影響を受けたサモ・ハンとユン・ピョウから教えを受けるという、何とも映画的な面白さにウキウキしてしまった。しばらくしてイップ・マンは香港に留学するのだが、今度はそこで師匠チェン・ワースンの弟であるリョン・ピックに教えを受ける。後から知ったのだが、驚くべきことにこのリョン・ピックを演じていたのはイップ・マンの実子であるイップ・チュンというご老人だった。何とも心憎いキャスティングではないか。

04_2

05_2

とまあ、映画的にも実際にもスゴイ人々に教えを受けたデニス・トーだが、残念ながらそのカンフーアクションは普通だった(笑)決して悪くは無いが、いかんせん同じイップ・マンを当代髄一の香港アクションスターのドニー・イェンが演じていたのだから、これはもうどうしたって比べてしまうし、彼と比べてしまったら流石に見劣りしてしまう。ただ、イップ・マンのスタイルが元々チェン・ワースンが教えていた詠春拳とは若干違い、リョン・ピックが関節技や上段蹴りなどを取り入れたより実戦的なものに変わって行く様子が解ったのは面白い。もっともそれに関しては正統だ邪道だでひと悶着あるのだけれど…。ともあれ英語も完璧でハンサムな上、拳法も強いイップ・マン像が描かれていく。

06_2

07_2

さて、そんな素敵なイップ・マンだけに女子が放っておくはずが無い。彼女に恋心を寄せるのは副市長(ラム・シュー)の愛娘であるチャン・ウィンセン(クリスタル・ホアン)と妹弟子のメイワイ(シュー・チャオ)の2人だ。正直イップ・マンのラブストーリーなどどうでも良いのだが、2人の女性はそれ以外の部分で重要な役回りをする。余談だがクリスタル・ホアンは尾野真千子に見えて仕方なかった…。この後、悪役として登場する貿易商・北野行雄(拳也)との争いに突入していくのだが、困ったことにこの北野が大して悪党に見えない。確かに当時の日本の力を背景にして、警官を買収し税関職員をものともしない傍若無人ぶりを見せるものの、具体的に何をしているのかが解らないのだ。

08_2

09_2

ただ精武体育会のリー会長を殺害し、その濡れ衣をイップ・マンに着せ、更に副会長だったティンチーが会長に昇格するすると物語の流れ自体は見えてくる。最後の最後に明かされるsecret実はティンチーが日本人で軍の大佐だったというsecret衝撃の事実は流石に驚かされたが、結局この一件はこの後にイップ・マンが辿る人生を考えると、全ての発端になっているのだということが解る。『イップ・マン 誕生』はこれ単体で面白いというよりも、後に続くイップ・マンの人生を含めて観て初めて面白いと思える作品だ。本作を観るならば是非『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』も併せて観ることをおススメしたい。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:アレで日本人の役はないだろw
総合評価:63点

作品情報
キャスト:デニス・トー、ルイス・ファン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウ、クリスタル・ホアン、ローズ・チャン、シュー・チャオ、ラム・シュー、澤田拳也
監督:ハーマン・ヤウ
武術指導:トニー・リャン
原題:葉問前傳
製作国:2010年香港映画
配給:日活
上映時間:100分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 僕達急行 A列車で行こう | トップページ | ゴーストライターホテル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44597206

この記事へのトラックバック一覧です: イップ・マン 誕生/葉問前傳:

» イップ・マン 誕生/デニス・トー [カノンな日々]
ブルース・リーの師として知られるイップ・マンを描いた『イップ・マン/序章』『イップ・マン/葉問』。特に第一作の序章が面白くてハマってしまいましたが、本作はそこからさら ... [続きを読む]

受信: 2012年3月23日 (金) 22時31分

» イップ・マン 誕生 [ダイターンクラッシュ!!]
2012年3月18日(日) 15:30~ キネカ大森3 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:500円(買っていない) イップ・マン 誕生 [Blu-ray]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メディア: Blu-ray 『イップ・マン 誕生』公式サイト イップ・マンは、ドニーさんではない。デニス・トーという奴だ。しかし、顔と体形がドニーさんに似ている。すなわちカッコよくない。 何と、イップ・マンが最初に師事した師匠はサモ・ハン。サモ・ハンは病で亡くなるが... [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 12時40分

» イップ・マン 誕生 葉問前傳 [まてぃの徒然映画+雑記]
『イップ・マン 序章』の前、葉問が詠春拳に入門してから青年期までを描いています。 葉問役は、ドニー・イェン甄子丹に代わってデニス・トー杜宇航、『序章』では詠春拳の技術顧問を務めるとともにルイス・ファン樊少皇が頭領である山賊の一味、さらに『葉問』にも出...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 3日 (火) 21時51分

» 『イップ・マン 誕生』を新宿武蔵野館3で観て、ドニーとは別腹まずまずふじき★★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★★星一つはオマケ。でもなかなかいい空気】    やっぱりドニーじゃないのはマイナス要素であるには違いない。 とは言っても、普通に面白い。話は平凡。 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 02時17分

» イップ・マン 誕生 [いやいやえん]
ドニー・イェンさんが演じた「イップマン/序章・葉問」からさらに時代を遡り、若かりし日のイップ・マンの成長を描いた作品。 さらに長男であるイップ・チュンさんが師匠役で出演。サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウさんなどが共演、主人公に新人のデニス・トーさん、スマートな印象ではあるのですが、なにぶんやはりドニーさんのイメージが強すぎてどうしても見比べてみてしまうのですが、ストーリーは相変わらず日本人が悪役で、格闘部分になると無難な作り。ただこれはドニーさんの超絶アクションがないので、その分簡素にみ... [続きを読む]

受信: 2012年5月10日 (木) 09時43分

» イップ・マン 誕生 [銀幕大帝α]
THE LEGEND IS BORN - IP MAN 葉問前傳/10年/香港/100分/格闘技アクション・ドラマ/劇場公開(2012/03/17) −監督− ハーマン・ヤオ 過去監督作:『私の中に誰かがいる』 −出演− ◆デニス・トー…イップ・マン 過去出演作:『イップ・マン 序章』 ◆ルイス・ファ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 00時13分

« 僕達急行 A列車で行こう | トップページ | ゴーストライターホテル »