« 青い塩/푸른소금 | トップページ | RIVER »

2012年3月15日 (木)

ピナ・バウシュ 夢の教室/Tanzträume

Photo_2 天才舞踏家ピナ・バウシュの下に集まった40人のティーンエイジャーが、彼女の代表作である「コンタクトホーフ」の舞台に立つまでを追いかけたドキュメンタリー。それぞれの家庭環境を抱え、或いはピナとは異なる感性を持った子供たちが目標に向かって必死に努力する。時に厳しく、しかし本質的には優しいピナの人柄が垣間見える作品だ。監督はアン・リンセル、撮影監督をライナー・ホフマンが務めた。
>>公式サイト

初心者がピナをみるならこちらから

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

実はこれより先にヴィム・ヴェンダース監督の『Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』を観ていたが、そもそもピナ・バウシュという名前自体この映画の予告編で初めて知った私にはちと敷居が高過ぎた。素晴らしいダンスであることは感じられたのだが、そもそもコンテンポラリーはもとよりバレエやダンスに対する知識も見識もないので、素晴らしい以上の言葉が出てこないのだ。で、この作品。正直言うとこれでもまだ敷居は高い。だがピナ・バウシュと名前は入っているものの、主人公は彼女ではなく40人のティーンエイジャーたちだった。彼らはピナの『コンタクトホーフ』という作品を踊るために集められた子供たちで、全員がダンスの素人である。

02_2

03_2

おかげで私レベルの人間でも純粋にドキュメンタリー映画として楽しむことが出来た。本編は子供たちの稽古風景に密着しながら、合間合間にインタビュー映像が入ってくる。肝心のピナ本人は自らの仕事に忙しく、たまに稽古場にやってきて指導する程度で、物語の大半はベネディクトとジョーという2人の女性が教えていた。あとで調べてみるとこの2人、ピナが芸術監督を務めるヴッパタール舞踊団の元ダンサーなのだそうだ。集められた子供たちは実に様々で、身長もばらばらだし、白人も黒人もいるし、ガリガリに痩せている子も、ぽっちゃりな子もいる。面白かったのは、彼女たちは素人でありそれに対してプロが指導するのに割とアッサリ「出来ないわ。」などと言ってしまうこと。

04_2

05_2

私たちが聞いていると「黙って練習しろよ」とか「言い訳するな」とか思ってしまうような事を平気で口にするのだが、先生たちはそれに対して普通に答えているのだ。出来ないなら何故出来ないのか、どうしたら上手く行くのか一緒に考えましょう、このスタンスが素晴らしいと思う。ピナが稽古を観に来た時はベネディクトとジョーの2人とピナとの対比がユニークだ。2人は常日頃子供たちに接しているぶん、どうしても彼らに情が移る。上手く踊って欲しいと思う気持ちが思わずその態度に出て、一生懸命合図や身振りをしてしまうのだが、半面ピナは黙って厳しい目線で見つめ指導するのだ。もちろんその姿勢はちゃんと子供たちに伝わり、彼らは短いながらも有意義な時間を過ごしていた。

06_2

07_2

愛がテーマと言うだけあって子供たちらしい恥じらいを見せるのも面白い。恋の経験がない子、彼女がいるけど自分はピナの振り付けのように彼女には接しないと得意げな子、子供らしい感性は大人と違ってその広がりは無限大に思える。当然ながら男女で体を触れ合うパートもあるし、それどころか下着だけになるシーンもあるのだが、子供たちが相手でも妥協なく愛を表現させようとするあたりも、日本人の考え方とは大きく違うものだと感心した。そして本番。この手の練習シーンに密着して本番という構成はドキュメンタリーとしては珍しい手法ではないが、やはり過程の努力を知ってみるとコチラまで上手くいってくれと緊張してしまうし、上手くいったときのカタルシスは堪らないものがある。

08_2

09_2

舞台を見ていてハッと気付く。そうそうこれは『Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』でも観たじゃないかと。もちろんあちらは大人の演技だけれど、どういう風に作りこんだのかを知っているといないとでは受け止め方がまた違うものだ。盛大なスタンディングオベーションに包まれ、ピナからバラを受け取る子どもたち。これから先ダンスの世界に進むものもいればそうでないものもいるのだろうが、この1年間が彼らに与えた影響が人生を左右する程に大きいのは想像に難くない。この作品を観たらあらためて『Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』を観たくなった。少しだけピナを知った今、あの子が踊っていたあのシーンをピナはどう踊っていたのかもう一度確認してみたい。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:欧米人の子供はませてますなぁ(笑)
総合評価:78点

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 青い塩/푸른소금 | トップページ | RIVER »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44494706

この記事へのトラックバック一覧です: ピナ・バウシュ 夢の教室/Tanzträume:

» 『ピナ・バウシュ 夢の教室』をユーロスペース2で観て、振付地獄は甘美かふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★確かに私個人は退屈してしまうのだが、ダンスの魔力は認めざるを得ない。でも、もっと尺を切ってもいいな】 うーん、デ・ジャヴ。 確か、名指揮者が町の ... [続きを読む]

受信: 2012年3月15日 (木) 00時47分

» 『ピナ・バウシュ 夢の教室』 (2010) / ドイツ [Nice One!! @goo]
原題: TANZTRAUME 監督: アン・リンセル 出演: ピナ・バウシュ 、ベネディクト・ビリエ 、ジョセフィン=アン・エンディコット 鑑賞劇場: ユーロスペース 公式サイトはこちら。 一足お先に公開された『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』は本当は昨年...... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 20時42分

» 〜『ピナ・バウシュ 夢の教室』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:ドイツ映画、アン・リンセル監督、ピナ・バウシュ、ベネディクト・ビリエ、ジョセフィン=アン・エンディコット出演。 [続きを読む]

受信: 2012年3月26日 (月) 02時18分

» 感情を解き放ち成長する子どもたち 映画“ピナ・バウシュ 夢の教室” [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★10代には10代なりの人生がある。それを真剣に舞台へぶつける子どもたちの姿が眩しいくらいに生き生きしています。ピナ・バウシュの舞台作品「コンタクトホーフ(Kontakuthof)」を上演するために集まった少年少女はダンスの経験はないとはいえ、それぞれ趣味も違えば家庭環境も違えば、ここに集まった動機もそれぞれです。人見知りも強く、他人と触れ合うことに抵抗を持つティーンが、感情を解き放つことや、自分の演じる役の人物像、不可解な場面設定や振り付けなど様々に悩みます。しかし、それに対する正解はなく... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 07時28分

« 青い塩/푸른소금 | トップページ | RIVER »