« わが母の記 | トップページ | 種まく旅人~みのりの茶~ »

2012年4月 3日 (火)

少年と自転車/Le gamin au vélo

Photo_2 ベルギーのジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ兄弟が監督し、第64回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した作品。父親に捨てられ孤児院に入れられた少年が、里親の女性と出逢い少しずつ心の傷と癒し成長していく姿を描く。主人公シリルを演じるのはトマス・ドレ、里親の女性を『シスタースマイル ドミニクの歌』のセシル・ドゥ・フランスが演じている。
>>公式サイト

絶対認めたくない少年だ

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

最初に書いておくと、私はこの作品がどうしても好きになれない。というより主人公シリル(トマス・ドレ)のような子供が大嫌いだ。従ってこの作品が気に入っていて、シリル少年の成長する姿に感動された方は読まないで頂きたい。間違いなく不愉快になるだろうから。その主人公シリル少年は父親に捨てられる形で児童養護施設に預けられる。この父親役がジェレミー・レニエというのが少し意外だった。事情は良く解らないが、シリルに行き先も告げずにいなくなってしまったようである。子供にとって理由もわからずいきなり施設に入れられ、しかも何時までその状態が続くのか解らないのは不安で仕方ないだろうし、それ故にヒステリックで我儘になるのは仕方ないだろう。

02_2

03_2

だから施設から何度も脱走しようとしたり、施設の先生に直ぐに逆らったり、人の癇に障るような態度を取ったりするのは私も止むを得ないと思う。そんな時偶然出会ったのがサマンサ(セシル・ドゥ・フランス)だった。彼女はシリルの事情を知り、彼が父親に買ってもらった宝物の自転車を見つけて買戻し、施設まで届けてくれる。正直言ってそれだけでもう私などは何と奇特な女性なのだと思ってしまうのだが、欧米ではその程度は当たり前なのだろうか?ともあれこのタイミングでシリルはサマンサに自分の里親になってくれるように直訴する。自転車を届けにいっていきなり「里親になってくれ」とは彼女もいたく驚いただろうが、週末だけという条件で彼女はそれを引き受けるのだった。

04_3

05_2

ところで欧米の映画の中ではいとも簡単に里親になる姿が映画ではよくみかけるけれど、実際もそうなのだろうか?ハリウッドスターが養子をというニュースは良く聞くが、彼らはお金に困らないセレブである。しかしサマンサは小さな美容室を経営しているに過ぎない。しかも彼女はシリルの里親になるために付き合っていた彼氏を捨てたりまでする。一体何が彼女にそこまでさせるのか、物語では全く描かれなかった。従ってサマンサの感覚に私はどうしてもついていけない。シリルは自ら懇願して里親になってもらったにも関わらず、彼女の言うことに一々逆らうような行動を取る。自分だけが悲劇の主人公にでもなったつもりなのだろうが、骨の髄まで甘えているこの手の子供は本当に大嫌いだ。

06_2

07_2

しかしサマンサは根気良く話しかけ、彼の良き里親足らんとするのだから尊敬する。尊敬するがしかし全く彼女の考えは解らないし解りたくない。そうして甘やかしているから付け上がり、彼女の腕をハサミで刺して怪我を負わせたりするのだ。本来今シリルの置かれた状況を考えれば彼は子供のままでいてはだめなのは明白。残念で哀しいことだけれど、親に捨てられたのは事実であり、そしてそんな子は世界中に腐るほどいる。もちろんそんな子供の気持ちなど私には全く解らない。そうした子供たちがするべきは少しでも早く大人になることだ。従って子ども扱いするのではなく、自分の行動に対して責任をもたせ、犯した罪にたいしては叱るべき報いを受けさせるべきである。

08_2

09_2

物語的にはシリルは自分の行いを反省し、親を喪失した痛手から立ち直ったことになっているが、そのためある程度までなら周りに迷惑をかけることも赦されるとは思う。だが、バットで書店の店主とその息子の頭をぶん殴って金を奪い、先に書いた通り里親の腕をハサミで刺し逃げるようなことはもはや限度を越えている。強盗に関しては何やら不良の少年の指図で行ったことになっているが、あれはどう見ても自らの意志で行ったものだ。彼の役に立ちたいからとそう言っていたではないか。その根本原因がなんであれ、自ら判断し自ら取った行動なのだ。賠償金をサマンサが払うことになっているが、いずれは本人に弁済させるべきだろう。こんな作品を感動物語と呼んではいけない。

個人的おススメ度2.0
今日の一言:無理。
総合評価:52点

作品情報
キャスト:セシル・ドゥ・フランス、トマ・ドレ、ジェレミー・レニエ
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
原題:Le Gamin au velo
製作国:2011年ベルギー・フランス・イタリア合作映画
配給:ビターズ・エンド
上映時間:87分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« わが母の記 | トップページ | 種まく旅人~みのりの茶~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44731290

この記事へのトラックバック一覧です: 少年と自転車/Le gamin au vélo:

» 少年と自転車 [あーうぃ だにぇっと]
少年と自転車@ニッショーホール [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 06時13分

» 『少年と自転車』 2012年3月7日 ニッショーホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『少年と自転車』 を試写会で鑑賞しました。 意外と私好みの映画でした 【ストーリー】  児童相談所に預けられたまま12歳になろうとしていた少年シリル(トマス・ドレ)は、いつか父親を見つけて一緒に暮らしたいと願っていた。ある日、彼は美容院を営むサマンサ(セシル・ドゥ・フランス)と出会い、ごく自然に彼女と共に週末を過ごすようになる。二人は自転車に乗って街を走り回り、ようやくシリルの父親(ジェレミー・レニエ)を捜し出すが……。 全くの予備知識を持たずに鑑賞していしました いっつも大枠のあらすじを抑... [続きを読む]

受信: 2012年4月 5日 (木) 00時27分

» ただ いるだけで [笑う学生の生活]
10日のことですが、映画「少年と自転車」を鑑賞しました。 児童養護施設で暮らす12歳のシリル 自分を預けた父親を探すの中でサマンサと出会い 週末だけ里親になってもらい・・・ ダルデンヌ兄弟の作品ということで 彼ららしい作風ですね 人間をしっかりと描き、見つめ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 23時14分

» 少年と自転車 [佐藤秀の徒然幻視録]
他者との距離感を学ぶ少年 公式サイト。ベルギー/フランス/イタリア。原題:LE GAMIN AU VELO、英題:The Kid with a Bike。ジャン=ピエール、リュック・ダルデンヌ監督、セシル・ドゥ・フランス ... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 22時03分

» 〜『少年と自転車』〜 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:ベルギー+フランス+イタリア合作映画、ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ監督、セシル・ド・フランス、トマ・ドレ、ジェレミー・レニエ、ファプリツィオ・ロンジョーネ、エゴン・ディ・マテオ、オリヴィエ・グルメ出演。... [続きを読む]

受信: 2012年4月25日 (水) 23時43分

» 「少年と自転車」 [みんなシネマいいのに!]
 もうすぐ12歳になる少年シリルは、自分を児童相談所に預けた父親を見つけ出し、再 [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 08時54分

» 少年と自転車 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
育児放棄された少年と彼に関わる大人たちを描く「少年と自転車」。少年が里親と自転車で川辺を走る場面が素晴らしい。児童養護施設で暮らす12歳のシリルは、父親が必ず迎えに来る ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 09時03分

» 映画・少年と自転車 [読書と映画とガーデニング]
2011年 ベルギー、フランス、イタリア原題  LE GAMIN AU VELO 映画館で一緒になった女性誰だったかしら?あ、別のミニシアターの受付の人だ そりゃ、そうよね映画好きだから映画館で働いているんで、自分のところで上映されない映画を他の映画館で観るのに何もおか...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 8日 (火) 09時14分

» 「少年と自転車」:他人に厳しく自分に甘い少年 [大江戸時夫の東京温度]
映画『少年と自転車』は、ダルデンヌ兄弟にしては明るいという声をよく聞きますが・・ [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 23時12分

» 少年と自転車 [だらだら無気力ブログ!]
う〜ん、あんまり感動できる作品ではなかったかな。 [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 00時17分

» 少年と自転車 [映画的・絵画的・音楽的]
 ベルギー映画『少年と自転車』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、文部科学省選定(少年向き)等とされていて躊躇はしましたが、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  物語の主人公は、もうすぐ12歳となるシリル。  彼は、一緒に暮らしていた...... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 06時41分

» 少年と自転車(2011)◇◆LE GAMIN AU VELO [銅版画制作の日々]
 ただ、一緒にいてくれたら、それだけでいい。 好き度:+8点=68点 京都シネマにて最終日鑑賞。 ダルデンヌ兄弟が贈る感動のヒューマン・ドラマ。前作「ロルナの祈り」がとても好きで、今回も楽しみにしていました。 内容はかなり深刻なものですが、意外に映像か...... [続きを読む]

受信: 2012年5月26日 (土) 13時32分

« わが母の記 | トップページ | 種まく旅人~みのりの茶~ »