« 捜査官X/武侠 | トップページ | ある秘密/Un secret »

2012年4月24日 (火)

私の叔父さん

Photo_2 連城三紀彦の同名短編を映画化。叔父とめいの禁じられた愛の結末を描いたラブストーリーだ。主演は「特命係長 只野仁」の高橋克典と『受験のシンデレラ』の寺島咲。共演に長谷川初範、鶴見辰吾、松原智恵子らベテラン勢が揃う。監督は『燃ゆるとき THE EXCELLENT COMPANY』の細野辰興。
>>公式サイト

いやそれは無理があるでしょう…

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

叔父とめいの禁断の愛を描いた作品との触れ込みだが、別にそれほどどうというものでもなかった。その昔のテレビドラマ「魔女の条件」は滝沢秀明演じる男子生徒と松嶋菜々子演じる女教師の禁断の愛を描いたものだったが、あのドラマで感じた背徳的な香りや、ダメとわかっていても押さえられない恋愛感情というのがあまり感じられない、どこか表面的な描き方だったように思う。その叔父とめいとは高橋克典演じる田原構治と寺島咲演じる夕季子のことだ。構治の姉・郁代(松原智恵子)の娘が夕季子である。年が近いということで兄弟のように育ったという設定なのだが、いくらなんでも47歳の高橋克典と21歳の寺島咲が年の近い叔父とめいには到底見えない。

02

03

そもそもこの物語、そういった禁断の関係にするのならもう少し役者の年齢を考えてキャスティングするべきだろう。松原智恵子と高橋克典の間ですら20歳の年の差がある。実年齢に沿って考えるのは無駄だけれど、夕季子が20歳ならば一体彼女は智恵子の何歳の時の子なのか。さて、実は物語は構治と夕季子の想い出を回想する形で展開される。きっかけは構治の元を夕季子の娘・夕美子(松本望)が訪れ、母との関係を問いただしたことからだ。当時東京でカメラマン修行をしている構治のもとを今回のように夕季子が訪れる。彼女は心の底で構治のことを愛していて、彼女なりに意を決して来たわけだ。しかし、当然ながら叔父とめいということで構治はその愛を受け入れずにはぐらかすのだった。

04

05

甲斐甲斐しく構治の世話をする夕季子の姿はとてもチャーミングだが、何度も「お兄ちゃん♪」を連呼するのは何やらエロゲームのデモを見ているようでどうも安っぽさを感じてしまった。実際には夕季子と何かあるわけでもなく淡々と物語は進んで行く。むしろ構治のカメラマン修行の話のほうがメインなくらいだ。師匠の大久保を演じた長谷川初範は、大御所カメラマンのイメージにピッタリで、この物語の中で高橋克典との年齢差に不自然さがない数少ない例だろう。ただやはりどう見てもカメラアシスタントとして働くには47歳のオッサンは年を取り過ぎてあまりにも変なのだけど(笑)誤解のない様に書いておくが、高橋克典自身は私は大好きな俳優で実にイイ男だと思っている。

06

07

構治と夕季子の間に何の進展もない中、現代では夕美子が妊娠していることが判明し、子供の父親は構治だと言い出し始めるのだった。無論そんなワケはないのだが、一体どうしてそんな話が盛り込まれているのかいま一つ解らない。一応は“構治はお母さん(夕季子)を愛していたけれど叔父とめいでは手を出せなかったから、その娘を抱いた”という流れにしたいらしいのだが、流石にそこまで行くと社会常識的に“禁断の恋”を超えて変態の領域だ。更に構治に振り向いて貰えなかった夕季子は田舎で結婚するのだが、夫・布美雄を演じるのが鶴見辰吾というのがまたスゴイ。ちなみに鶴見辰吾は高橋克典と同い年。こうなると、俳優の実年齢と差がありすぎて過去なんだか現代なんだかもう…。

08

09

しかも最終的に構治は夕美子のお腹の子供を自分の子だと言い出し、結婚しようとまで言い出す始末。当然そんな嘘はバレバレなのだが、仮にそうでなかったとしても17歳と47歳の叔父と姪の娘だ「それでいいのか?」と首を傾げてしまう。そこに狂おしいほどの愛情があったりするならまだしもサラッと流す話ではないだろうに。そもそも、郁代は「親戚と言ったって遠いから本当に愛があるなら私は構わないと思う」なんてことを言うのだが、田舎の年配の女性が言う言葉とは到底思えない。思わず「いやそりゃ構うだろ、普通。」と心の中で突っ込みをいれてしまった(苦笑)まあお話そのもの理解はできるけれど、とにかく決定的に相手を想う気持ちの強さを感じないところが物足りない。

個人的おススメ度2.5
今日の一言:若手女優2人は可愛かったなぁ…
総合評価:55点

作品情報
キャスト:高橋克典、寺島咲、松本望、山田キヌヲ、草野康太、大川良太郎、岡村洋一、藤田恵子、近藤瑛理、緒方裕子、安宅葉奈、鳥飼ゆかり、青柳美咲、大塚莉奈、福泉美咲、香月、柚木彩見、響金太郎、長谷川初範、鶴見辰吾、松原智恵子
監督:細野辰興
製作:吉岡市雄、笹栗哲朗、谷口元一、寺園卓司、小浜圭太郎、阿部智之、鈴木浩司
プロデュース:嶋田豪
プロデューサー:和田敦也、森君夫、大保一、中村之音、丸山恵子、湊谷恭史
原作:連城三紀彦
脚本:細野辰興、中井邦彦
撮影:金子正人
照明:永田英則
録音:岩丸恒
美術:津留啓亮
編集:太田義則
音楽:薮中博章
製作国:2012年日本映画
配給:マジカル、Thanks Lab.
上映時間:99分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 捜査官X/武侠 | トップページ | ある秘密/Un secret »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45001114

この記事へのトラックバック一覧です: 私の叔父さん:

» 私の伯父さん(2012-033) [単館系]
カメラマンの構治(高橋克典)は大学受験のため自宅に泊めていためいの娘の夕美子(松本望)の 言葉をきっかけに、過去に思いをはせる。 18年前、彼女の母であり、構治とまるで兄妹のように育った6歳下のめ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月24日 (火) 03時30分

» 私の叔父さん [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
恋文・私の叔父さん (新潮文庫)クチコミを見る叔父と姪の禁忌の愛を描いた「私の叔父さん」。なんだか納得できないことが多いドラマだが、これもまた純愛なのか。カメラマンの構治 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 07時51分

» 私の叔父さん [映画的・絵画的・音楽的]
 『私の叔父さん』を新宿のK’s cinemaで見ました。 (1) K’s cinemaで見る映画は、クマネズミにとっては、時間の空きに入れる埋め草的なものですが、毎回、予想に反して良質のものにぶち当たります。  今回も100分程度の長さで、埋め草としては格好の作品でしたが、内容...... [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 16時02分

« 捜査官X/武侠 | トップページ | ある秘密/Un secret »