« スーパー・チューズデー ~正義を売った日~/The Ides of March | トップページ | 少年と自転車/Le gamin au vélo »

2012年4月 2日 (月)

わが母の記

Photo 井上靖が自らの家族との絆を元に書いた同名の自叙伝的小説を映画化。とある小説家が老いて記憶を失ってゆく自らの母親との関わりを中心に、その家族の姿を映し出している。主人公の小説家を『きつつきと雨』の役所広司、その母に『悪人』の樹木希林、小説家の娘を宮崎あおいが演じる。共演には南果歩、キムラ緑子、三國連太郎といった演技派が揃った。監督は『クライマーズ・ハイ』の原田眞人。
>>公式サイト

soon 4月28日(土)公開

「わが母の記」は「わが父の記」でもある

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

久しぶりに日本人らしい作品に出会えた気がする。原作小説が井上靖の手によることは知っていたが未読。しかし観始めて直ぐにこれがタイトル通り自叙伝的小説であることは解る。セリフに表れて来る言葉の使い方は堅くも無く柔らかくも無く、どちらかと言えば軽妙な会話のテンポは純文学のようでもあり、普通のドラマのようでもあり観ていて心にシックリとハマった。本作は凄く簡単に言えば、主人公で小説家の伊上洪作(役所広司)とその母で徐々にボケが進んで行く八重(樹木希林)を中心にした家族の物語である。ただ、洪作自身は普段は東京で家族と共に生活しており、郷里の湯ヶ島で八重の面倒を見ているのは洪作の妹・志賀子(キムラ緑子)夫婦だった。

02

03

この地理的な距離感と親子の間の心の距離感がまた絶妙で、洪作は幼い頃母に捨てられたことを恨みながらも、母への愛情は強いのだ。老いて自分を息子と認識できなくなっている母のことを「恨む敵が自分をわすれているんじゃ勝負にならない」などと笑いながら受け入れる姿から、個人的に自分が子供の頃に両親や親戚が当時入院中だった祖父の面倒をみる姿を思い出した。とはいえそんな洪作の八重に対する態度が気に入らない者もいる。洪作の末の娘の琴子(宮崎あおい)だ。実は洪作と琴子の関係はこの物語のもう一つの大きな軸となってくる。父の祖母に対する態度や想いが、若い琴子にすればその時点で目に見える表面的な事象に左右されがちなのは当然だろう。

04

05

更にそこには普遍的な、父と年頃の娘の関係も加わってくる。ただ、これが現代ならばケンカになったとたんにギスギスした人間関係に発展してしまうのが、そうはならないところに昔の家族の絆の強さを感じる。しかもこの時代の家族は単純に一家族ではなく、一族という広義の家族のことだ。物語が大きく動き始めるのは、志賀子の夫が交通事故で大怪我をしたあたりからである。洪作は琴子の提案で軽井沢の別荘で八重を預かることにするのだが、久しぶりに会う母の状態は益々酷くなっていた。ここで父の態度に批判的だった琴子ですら八重に怒りをぶつけるシーンがあるのだが、その姿からは、共に愛情はあるといっても息子のそれと孫のそれの根源的な違いを見せ付けられた気がした。

06

07

この時ふと思ったのは、もしかしたらこの作品は「わが父の記」でもあるのかもしれないということだ。何しろこの作品では琴子の目線で洪作のことを綴っている部分が多々登場する。洪作は自分の家族を自らの作中に盛んに登場させているらしい。要は自分の作品の中に登場させた娘に自分を客観視させているような感覚に陥ったりもした。それにしても徐々に記憶を失っていく八重を演じる樹木希林は素晴らしいの一語に尽きる。想い出の中に生きる八重の姿、しかし必ずしも楽しい想い出ばかりではない。それは勿論ここからここまでと明確に区別できるわけではなが、その心情は彼女の演技からしっかりと伝わってきた。それとは別に彼女の可愛らしいお祖母ちゃん振りにも思わず頬が緩む。

08

09

時々とんでもない発言をする八重に場内から笑い声も漏れていたのだが、個人的にはボケ老人の発言を笑うことに違和感を覚える。しかし樹木希林本人が持つイメージとだぶる部分もあって思わず笑みがもれてしまった。洪作を演じた役所広司の演技もいい。ずっしりと重みのある一家の大黒柱とは正にこのことだ。今の時代からしたら随分と亭主関白なのだが、それでも小説家という時代の流れを観るに長けた職業柄、一方では随分と理解力もあり優しく当時としては先進的な父親だったことが見て取れる。もっともそれは、売れっ子小説家という、経済的に恵まれた環境であったからというのも否めないが。ただ、洪作というキャラクターはモデル本人をちと美化しすぎではないのかという気もする(苦笑)

10

11

ずっと母を恨みつつ愛してきた洪作が、母の自分に対する本当の気持ちを知るシーンでは、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』のサンドラ・ブロックを思い出した。あの作品で母は息子に「私があなたから目を離すと思う?」と優しく語り掛けるのだが、本作の八重もそれは同じだ。いや彼女の場合、物理的に目を離さなくてはならない状況になってしまった分、心の負目は相当に大きいはずである。しかし、それでも母親は子供自身が気付かないうちにその姿を見ているのだ。secret八重は洪作自身が忘れてしまっていた子供の頃に書いた詩を大切に大切に保管していた。secret自分は母に愛されていたと知ったとき、そしてその愛を返そうと思ったとき、既にその相手は自分の事を誰だか判らなくなっている…。

12

13

喜びと悲しみと後悔が同時に襲って来て胸に迫るシーンだった。この後、彼は何故母が自分を置き去りにしたのかを、意外にも美津の口から聞かされることに…。全てのわだかまりが氷解し、故郷沼津の海辺で八重をおんぶする洪作。まるで八重の表情は父の背中で安心しきって眠る少女のようにも見える(TOPの写真)このシーン私は邦画史に残るシーンだと思う。この時の役所広司と樹木希林の何ともいえない表情には心が揺さぶられた。誰でも人は老いる。この世に生まれて親の愛情をたっぷりと注がれ、やがて親は子供に戻り我が子の愛情をたっぷりと注がれる。少なくともこれが日本の家族の核となる風景ではないだろうか。その様子を見つめている琴子と洪作の間にもきっと同じことが繰り返されるはずだ。やっぱり本作は「わが父の記」でもある。

soon 4月28日(土)公開

個人的おススメ度4.5
今日の一言:方言がね、地元を思い出します
総合評価:88点

作品情報
キャスト:役所広司、樹木希林、宮崎あおい、三國連太郎、南果歩、キムラ緑子、ミムラ、菊池亜希子、三浦貴大、真野恵里菜
監督:原田眞人
原作:井上靖
脚本:原田眞人
撮影:芦澤明子
美術:山崎秀満
照明:永田英則
録音:松本昇和
編集:原田遊人
製作国:2012年日本映画
配給:松竹
上映時間:118分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« スーパー・チューズデー ~正義を売った日~/The Ides of March | トップページ | 少年と自転車/Le gamin au vélo »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44719142

この記事へのトラックバック一覧です: わが母の記:

» 『わが母の記』 2012年2月6日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『わが母の記』 を試写会で観賞です。 樹木希林は神の演技です 【ストーリー】  昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は実母の八重(樹木希林)の手で育てられなかったこともあって、長男ではあるが母と距離をとっていた。しかし、父が亡くなったのを機に、伊上は母と向き合うことになる。八重もまた消えゆく記憶の中で、息子への愛を確かめようとしていた。 私は本を殆ど読みませんので、井上靖を知りません(これはヤバイですかね・・・) それでもって、もっとやばかったのが後ろ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 00時47分

» 『わが母の記』 (2012) / 日本 [Nice One!! @goo]
原作: 井上靖 監督: 原田眞人 出演: 役所広司 、樹木希林 、宮崎あおい 、三國連太郎 、南果歩 試写会場: よみうりホール [ 2012年4月28日公開 ]  公式サイトはこちら。 トーキョー女子映画部さんからのご招待です。 ありがとうございました! これ公...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 01時16分

» わが母の記 [あーうぃ だにぇっと]
わが母の記@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 05時37分

» わが母の記 [とりあえず、コメントです]
井上靖著の自伝的小説「わが母の記」を役所広司さん主演で映画化した家族のドラマです。 役所広司さんと樹木希林さんが一緒にいる予告編を観た時から、観たいなと思っていました。 予想以上に美しい風景とじっくりと描かれる人間関係、そして素晴らしい演技に 最初から最後まで魅せられてしまうような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 08時43分

» わが母の記 [花ごよみ]
井上靖が家族の実話を元として書き上げた 自伝的小説「わが母の記」三部作が原作。 試写会で見ました。 監督、脚本は原田眞人監督。 主人公の小説家、伊上洪作には役所広司、 母、八重には樹木希林、 小説家の娘に宮崎あおい。 三國連太郎、南果歩、キムラ緑子、ミム...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 2日 (月) 16時21分

» わが母の記 [象のロケット]
昭和39年。 小説家の伊上洪作(いがみこうさく)は、父が亡くなったことから実母・八重の面倒をみることに。 5歳から8年間、伊上は伊豆の山奥の土蔵で暮らす曾祖父の妾おぬいに預けられて育ったために、両親や妹たちに対して複雑な想いを抱いていた。 妻や娘たちは八重を温かく受け入れるが、八重はどんどん記憶をなくしていく。 自分を捨てたことも忘れたのかと嫌味を言う洪作だったが…。 作家・井上靖の自伝的ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2012年4月 3日 (火) 12時25分

» 『わが母の記』 [・*・ etoile ・*・]
'12.02.07 『わが母の記』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。いつもありがとうございます。役者さんが豪華だったので見たかった作品。 *ネタバレありです! 「父の葬儀を終えた作家の伊上洪作は、母の異変に気づく・・・ 長女夫妻と実家で暮らす母は、少しずつ認知症の症状が進行していく。時々、東京の自宅や軽井沢の別荘に母を引き取るようになる。伊上には幼い頃から抱えていた母への思いがあった・・・」という話。これは良かった。よく考えるとツッコミどころがないわけではない。でも、いわゆる... [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 01時36分

» わが母の記 [pure\s movie review]
2011年 日本作品 118分 松竹配給STAFF監督・脚本:原田眞人原作:井上靖CAST役所広司 樹木希林 宮崎あおい試写会で観て来ました。意外と試写会って当選するもんですね。学生時代はよく行ってたけど、社会人になってからはなかなか行けなかった。今は専業主婦になったの...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 6日 (金) 19時08分

» 『わが母の記』にて、わが身を知る。 [Healing ]
わが母の記 ★★★★ 4月28日(土)より全国ロードショー 2012春・縁(えん)をつなぐシリーズ第1弾 これから5月中旬ごろまでの間に、全5本ご紹介していきたいと思います。 まずは、もっともやっかいで濃い縁、血縁=家族のお話から。 恍惚の人となった母の 海のような深い愛を知るとき 井上靖の自伝的小説「わが母の記〜花の下・月の光・雪の面〜」を映画化。 第35... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 19時20分

» わが母の記 [うろうろ日記]
試写会で観ました。 【予告orチラシの印象】井上靖さんの自伝で、ぼけたお母さんの [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 23時18分

» 映画「わが母の記」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「わが母の記」観に行ってきました。 作家・井上靖の同名小説を原作に役所広司・樹木希林・宮崎あおいが主演を演じる、高度成長期の古き良き昭和の時代を舞台とした人間ドラマ作品。 今作は本来、2012年4月28日公開予定の映画なのですが、今回もたまたま試写会に当選することとなり、公開予定日に先行しての観... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 00時14分

» 「わが母の記」究極の私小説 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
文豪井上靖が書いた自伝的小説「わが母の記~花の下・月の光・雪の面~」が原作。 実際に井上靖の自宅で撮影されたこともあって、普段は知る事のない昭和の文豪の生活を垣間見られるだけでなく、文豪が臆面も無くさらす本質的な弱さを垣間見る事のできる作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 21時14分

» わが母の記      評価★★★★90点 [パピとママ映画のblog]
井上靖の自伝的小説『わが母の記〜花の下・月の光・雪の面〜』を「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化。母に捨てられたという想いを抱きながら生きてきた小説家が、老いた母親との断絶を埋めようとする姿を描く。出演は「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦...... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 11時07分

» 映画「わが母の記」@よみうりホール [新・辛口映画館]
 客入りは1階席は満席、2階席は9割くらい、客年齢層は幅広い。 [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 14時58分

» わが母の記 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
5歳から8年間離れて暮らした過去を持つ伊上は、痴呆の症状が出た母に「息子さんを捨てたんですよね」と問い詰める。でも真相は時代の流れに家族を愛する母親の姿そのものだった。ロケ地に恵まれた映像は宝のように光を放っている。必見の作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 23時58分

» 『わが母の記』 これは松竹らしいホームドラマではない [映画のブログ]
 『わが母の記』は、テレビドラマ『初秋』に先駆けて原田眞人監督・脚本、井上靖原作、役所広司主演で作られた作品だ(公開時期は『初秋』の放映より後)。  この作品の注目すべき点は、まず松竹映画であるこ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 03時00分

» わが母の記/役所広司、樹木希林 [カノンな日々]
文豪・井上靖の自伝的小説『わが母の記〜花の下・月の光・雪の面〜』を原田眞人監督が役所広司さん、樹木希林さんを迎えて映画化した家族の絆を描く物語です。近年の出演作では見 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 09時13分

» わが母の記 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★★“心地良い自己嫌悪に陥りました”率直に言うと、映画の内容や出演者の演技、人の生活と融合した日本の風景などとても良かったです。 ついつい自分と親、自分と妻や子どもたちなど、自分が家族に対して抱いている感情と重ねあわせてしまい、自己嫌悪を抱いてしまいました。映画の感想というより、自分語りになってしまうかもしれませんがお許し下さいね。 ストーリーは洪作(=役所広司)は母親に対する憎しみと愛情の相反する感情を抱きながら、母親の八重(=樹木希林)に接します。洪作の末娘琴子(=宮崎あおい)はそんな父親... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 13時17分

» 「わが母の記」みた。 [たいむのひとりごと]
文豪:井上靖の自伝的小説『わが母の記~花の下・月の光・雪の面~』の映画化作品。時代劇『三匹が斬る』の頃から好きだった役所さんだけど、最近ますます好感度がアップしており次なる出演映画を待っている感じだが... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 17時09分

» わが母の記 [Akira's VOICE]
絶品でございます。   [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 17時54分

» 『わが母の記』 [こねたみっくす]
良くも悪くも「わが母」の記。それがこの映画の評価の分かれ目。 故・井上靖先生の自叙伝を映画化し、第35回モントリオール国際映画にて特別大賞を受賞したこの作品。違和感なき雰 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 20時34分

» わが母の記 [映画 K'z films 2]
Data 監督 原田眞人 原作 井上靖 出演 役所広司  樹木希林  宮崎あおい  南果歩  キムラ緑子 公開 2012年 4月 [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 21時54分

» わが母の記・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
母の消えゆく記憶の中で、唯一残ったものとは・・・。 これは昭和の文豪、井上靖が母親との間に抱えた葛藤を描いた自伝的小説、「わが母の記」三部作を「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化した作...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 22時46分

» 映画「わが母の記」これが日本のかつての原風景 [soramove]
「わが母の記」★★★★ 役所広司、樹木希林、宮崎あおい、 三國連太郎、南 果歩、キムラ緑子、 ミムラ、菊池亜希子、三浦貴大、真野恵里菜出演 原田眞人監督、 118分、2012年4月28日公開 2012,日本,松竹 (原題:わが母の記~花の下・月の光・雪の面~) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「随分前から予告が劇場で流れ 前売... [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 03時02分

» わが母の記 [佐藤秀の徒然幻視録]
やっぱり宮崎あおいが一番凄い 公式サイト。井上靖原作、原田眞人監督、役所広司、樹木希林、宮崎あおい、三國連太郎、南果歩、キムラ緑子、ミムラ、菊池亜希子、三浦貴大、赤間 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 18時12分

» *『わが母の記』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2012年:日本映画、原田眞人監督&脚本、井上靖原作、役所広司、樹木希林、宮崎あおい、 三國連太郎、南果歩、キムラ緑子、ミムラ、 菊池亜希子、三浦貴大、真野恵里菜、赤間麻里子出演。... [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 21時24分

» わが母の記 [いい加減社長の映画日記]
ちょっと重そうで、どうしようかと思ったけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 作家、伊上洪作は、年老いた両親を訪ね、世田谷の自宅兼事務所と、伊豆の実家とを行き来する生活をしていた。 姉・妹との三人兄弟だったが、幼少の頃、1人「土蔵の叔母さん」に...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 17時33分

» わが母の記 [いい加減社長の日記]
ちょっと重そうで、どうしようかと思ったけど・・・ 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 作家、伊上洪作は、年老いた両親を訪ね、世田谷の自宅兼事務所と、伊豆の実家とを行き来する生活をしていた。 姉・妹との三人兄弟だったが、幼少の頃、1人「土蔵の叔母さん」に... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 17時43分

» 「わが母の記」息子として最期まで母親の介護を家族で全うした変わらぬ家族の絆 [オールマイティにコメンテート]
「わが母の記」は井上靖原作の作品を映画化したもので、年老いた母親を介護する事になった小説家の息子が孫たちや親せきと共に母親の介護をし、母親が亡くなるまで描いたストーリ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 12時45分

» わが母の記(2011) [銅版画制作の日々]
 たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。 好き度:=60点 MOVIX京都にて鑑賞。 樹木希林さんの八重が素晴らしい。こんなに老け役を見事に演じる女優さんはいないでしょうね。その上に認知症を患うという難しい設定でですからね。どういうところからヒントを...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 8日 (火) 20時58分

» 映画・わが母の記 [読書と映画とガーデニング]
2012年 日本 昭和の文豪・井上靖の自伝的小説「わが母の記〜花の下・月の光・雪の面」を映画化 伊上家の長男・洪作(役所広司)は幼少期に実の両親に育てられなかったことから、自分は捨てられたのだと思い込んで生きてきた洪作の母・八重(樹木希林)は幼い洪作と離...... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 09時47分

» 映画「わが母の記」 [FREE TIME]
母の日に、映画「わが母の記」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 22時07分

» わが母の記 [映画的・絵画的・音楽的]
 『わが母の記』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、前回取り上げた思想劇とも言うべき『モンスタークラブ』とは対極を成すような作品で、著名な作家とその母との人間的な関係が大層古典的に描き出されます。  観客も、前記の映画で9割近くが学生でしたが...... [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 21時25分

» 「わが母の記」:上質な映像と見事な役者陣 [大江戸時夫の東京温度]
映画『わが母の記』は、日本映画の素晴らしさに満ちた秀作。とにかく映像の質が高く、 [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 23時55分

» 「わが母の記」 [みんなシネマいいのに!]
 子供の頃に母に捨てられた(と思いこんでいる)記憶により、母親と距離をとっていた [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 23時50分

» 「わが母の記」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
モデルになったのは、井上靖とその母の物語。 劇映画だからもちろんかなりフィクションを加えているけれど、母に捨てられたと思いこんでいる文豪と、子を捨てざるを得なかった母の何年にも渡る昭和の物語が端正に語られていく。 かつての日本映画をほうふつとさせるよう...... [続きを読む]

受信: 2012年6月11日 (月) 21時49分

» パーツ・アバウト・マイ・マザー 井上靖 原田眞人 『わが母の記』 [SGA屋物語紹介所]
これまた二週間前のことですが、珍しいことにオカンが「映画を観にいきたい」と言うの [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 16時06分

» わが母の記 [だらだら無気力ブログ!]
しんみりくる一本で、樹木希林が素晴らしかった。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 01時19分

» 「わが母の記」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                             「わが母の記」 かねてから観よう、観ようと思いつつ、ついに新宿ピカデリーでの「わが母の記」最終上映日にやっと観ることができました。 おおまかなストーリーは、なんとなく判っていたつもりだったので...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 1日 (日) 17時05分

« スーパー・チューズデー ~正義を売った日~/The Ides of March | トップページ | 少年と自転車/Le gamin au vélo »