« ももへの手紙 | トップページ | 別離/Jodaeiye Nader az Simin »

2012年4月 8日 (日)

ビースト・ストーカー/証人

Photo_2 『密告・者』のダンテ・ラム監督と、主演したニコラス・ツェー、ニック・チョンのトリオが再び手を組んで贈る香港ノワール・サスペンスだ。ある事件で少女を殺してしまった刑事、その少女の母親の検事、更に少女の妹を誘拐する殺し屋、そしてその殺し屋の妻…。4人の運命の意図が複雑に絡み合う展開に惹き込まれる。
>>公式サイト

あの瞬間、運命は交錯し全ては始まった

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

『密告・者』で哀しい男の生き様を見せてくれたニコラス・ツェーとニック・チョン、そしてダンテ・ラム監督の3人が再び集結して贈る香港ノワール・サスペンスだ。内容的には全く違うので比べるつもりはないのだが、『密告・者』では刑事をやっていたニック・チョンが今回は殺し屋、密告者として犯罪者の中に入り込んでいたニコラス・ツェーが今回は刑事役とまるで攻守逆転になっている。若いけれどやり手の刑事トンはとある事件で護送中に逃走した犯罪者のボスを追跡する。2台の車はその車体をぶつけ合いながら交差点を通過しようとするのだが、そこへ猛スピードで別の車が突っ込んでくるのだった。トンは横転した車から何とか脱出し、逃げ去ろうとする犯罪者の車に発砲する。

02_2

03_2

撃たれた車は壁に激突して停車、彼は何とか連中を確保することに成功するのだった。初っ端からスピード感溢れるカーチェイス、激突の衝撃感と一気に観ている者を惹き込む演出だが、この話にはまだ続きがある。トンがトランクルームから漏れる血に気がつきそれを開くと、何と中には彼の銃弾を受けた少女が…手術の甲斐なく彼女は死んでしまう。一体どういう展開になって行くのか全く先が読めない。何しろ少女は女性検事アン(チャン・チンチュー)の娘で、彼女は逃走していたボスの裁判の検事でもあったのだ。結論から言えばこの出来事自体は偶然だけれど、大きな意味でこの先起こる事件の序章として考えると必然だったのかもしれない。

04_2

05_2

不運としか言いようが無いけれど、トンは少女の死に責任を感じ心に大きな傷を負っていた。しかしよりによってそんな彼の前で、亡くなった少女の妹リー(ミヤオ・プゥ)が何者かに誘拐される。誘拐したのはホン(ニック・チョン)。犯罪組織の殺し屋で、件の事件で捉えられたボスを裁判で無罪にするために、アン検事に証拠隠滅をさせようとその娘を誘拐するように依頼されたのだった。ホンは左目が灰色で、右目も悪いらしい。会話の中から何かの破片が残っていること、そして徐々に視力が失われていっているらしいことが覗われる。更に彼の妻は意識はしっかりしているものの、体が全く動かせない。2人の顔は傷だらけで何かの事故に遭ったらしいことが解る。

06_2

07_2

実は私はこの顔の傷がトンの顔の傷と同じことから、おそらくは交通事故なのだろうとは思っていた。ただ何故そういう状態なのかは解らないし、そもそもそういう演出である意図を図りかねていたというのが正直なところだ。これはきっと誰でも思い至る“ひっかかり”なのだが、そんな想いとは裏腹に、誘拐されたリーを救い出すべく奮闘するトンの物語がテンポ良く展開されていくため、深く考える以前にそちらに見入ってしまう。携帯電話の短い会話であっという間に発信場所が特定できたり、トンの同僚である新が食事を買いに入った店で偶然ホンを見つけたり、リーが捕らわれている動画からいつの間にかその場所を特定したり…ちょっとご都合主義が過ぎるが、それ故展開も早い。

08_2

09_2

そしてやっとの事でリーを救い出すトンだったが、ホンとの本番対決はここからだった。ニコラスの魂の篭った演技からは、単に自責の念でリーを守りたいのではなく、彼が自分自身が立ち直るのにリーを必要としていたことが痛いほどに伝わってくる。一方のホン。彼は殺し屋にしては冷酷無比というよりやけに人間臭い。それは動けない妻の存在があるからなのはもちろんだ。一体どういうことなのだろう?という疑問が、即ち最初の“ひっかかり”に想いが回帰する実に上手いタイミングで全ての謎解きがされる。secret一番最初の交通事故でトンの車に突っ込ん出来た車、あれに乗っていたのがホンとその妻だった。secret更に短いシーンだが、ホンやその妻のこれまでの行動が納得できる姿が描かれる。

10

11

この運命の絡まりあいはあまりに複雑であり、不幸だったとしか言いようが無い。トン、ホン、アン、少女、ホンの妻…誰一人として悪いことはしていないのに、全員の運命があの交差点の事故で文字通り交錯したことで悪い方へと転がり始めてしまった…。物語だけ観ればハッピーエンドだが、哀しいハッピーエンドと言ったほうが良いかもしれない。ところで、トンは時々何も無いのに鼻血をだしていて、てっきり「実は体に異常が…」というパターンだと思っていたのだが、何でもなかったということなのだろうか?

個人的おススメ度3.5
今日の一言:『密告・者』の方が好きかな~
総合評価:72点

作品情報
キャスト:ニコラス・ツェー、ニック・チョン、チャン・チンチュー、リウ・カイチー
監督:ダンテ・ラム
脚本:ダンテ・ラム
アクション指導:トン・ワイ
原題:証人 Beast Stalker
製作国:2008年香港映画
配給:ブロードメディア・スタジオ
上映時間:108分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ももへの手紙 | トップページ | 別離/Jodaeiye Nader az Simin »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44791730

この記事へのトラックバック一覧です: ビースト・ストーカー/証人:

» ビースト・ストーカー 証人 [象のロケット]
刑事トンは、激しいカーチェイスと銃撃戦の末に犯人を確保するが、彼の銃弾が車のトランクに閉じ込められていた少女の命を奪ってしまう。 彼女は犯人グループの事件を担当する女性検事アンの娘だった。 …3ヶ月後、アンのもう一人の娘リンが誘拐される。 誘拐の目的は、アンに裁判で組織に不利な証拠を隠滅させること。 それを知ったトンは、密かに誘拐犯ホンの行方を追うのだが…。 バイオレンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2012年4月 9日 (月) 23時07分

» ビースト・ストーカー/証人 証人 [まてぃの徒然映画+雑記]
ニック・チョン張家輝が香港電影金像奨主演男優賞を受賞した作品。結局証人って誰? トン刑事(ニコラス・ツェー謝霆鋒)は、凶悪犯罪の指名手配犯を追跡中に発砲して、トランクにいた少女を事故死させてしまう。三ヶ月後、トン刑事は罪の意識を感じて警察には顔を出さ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 22時26分

» ビースト・ストーカー/証人 [だらだら無気力ブログ!]
見応えたっぷりだったなぁ。 [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 00時10分

» ビースト・ストーカー/証人 [ここなつ映画レビュー]
主演ニコラス・ツェー、準主演ニック・チョン、監督ダンテ・ラム…香港映画好きには堪らないラインナップ。 あの「密告・者」のダンテ・ラムが同じキャストを主役に据えて…というのはちょっと間違い。何故なら、日本公開こそこの「ビースト・ストーカー/証人」が後だったけれど、そもそもこの作品が本国で大ヒットしたことにより、同じ監督と主演俳優で「密告・者」が製作されたのだから。 能書きはいいとして、香港映画らしい、めくるめくスピード感、泥臭い人間模様が、好きな私にはこたえられない。ニコラス・ツェーもニック・... [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 18時36分

» 映画「ビースト・ストーカー/証人」運命の交差点で何もかもが狂いだす [soramove]
「ビースト・ストーカー/証人」★★★★ ニコラス・ツェー、ニック・チョン、 チャン・ジンチュー、リウ・カイチー出演 ダンテ・ラム監督、 109分、2012年4月7日公開 2008,香港,ブロードメディア・スタジオ (原題/原作:証人/BEAST STALKER ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告編からして“濃い!” 昨年... [続きを読む]

受信: 2012年6月 6日 (水) 10時58分

» 「ビースト・ストーカー/証人」 [みんなシネマいいのに!]
 凶悪犯追跡時に幼い少女を死なせてしまった刑事トンは、その責任と事故の記憶に悩ま [続きを読む]

受信: 2012年6月11日 (月) 00時37分

» ビースト・ストーカー/証人 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
甘さを一切廃したサスペンス活劇「ビースト・ストーカー/証人」。登場人物たちが背負う苦悩が重くのしかかる。武装犯罪者集団を追い詰めた際に図らずも幼い少女の命を奪ってしま ... [続きを読む]

受信: 2012年6月13日 (水) 06時55分

« ももへの手紙 | トップページ | 別離/Jodaeiye Nader az Simin »