« 少年と自転車/Le gamin au vélo | トップページ | 突然、みんなが恋しくて/Et soudain tout le monde me manque »

2012年4月 4日 (水)

種まく旅人~みのりの茶~

Photo 農林水産省の風変わりな役人が主人公。大分県臼杵市に出向になった彼が危機に瀕したお茶農家を救う姿を描く。主演は陣内孝則、『FLOWERS フラワーズ』の田中麗奈。共演に吉沢悠、柄本明、石丸謙二郎らが出演している。監督は『ふたたび swing me again』の塩屋俊。地方の農政問題もからめた社会的ドラマの側面も見所の一つだ。
>>公式サイト

実直な、正に農業人間ドラマ

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ちょっとイジワルな見方をすると、官僚すなわちお役人が叩かれている昨今、農林水産省のイメージアップのためにはまたとない作品とも言える(笑)主人公・大宮金次郎(陣内孝則)は農水省の官房企画官。何となく聞こえが良い肩書きではあるが、農家に肩入れしすぎる彼は官房長に嫌われており、それがたたって大分県臼杵市の農政局長に左遷栄転となるのだった。一方もう一人の主人公・森川みのり(田中麗奈)はデザイナーの仕事をリストラされ、自分を見つめ直す旅に出かけるのだが、母親の頼みで祖父の家に立ち寄ることにするのだった。祖父の修造(柄本明)は有機栽培のお茶農家だ。偶然にも金次郎と修造は元々知り合いで、その縁でみのりと金次郎は知り合うことになる。

02

03

本作は簡単に言うと、病気で倒れた修造の代わりに、金次郎の指導のもとでみのりが茶畑の面倒を見て、お茶が出来上がるまでを描いた物語だ。何やらどこかで似たような話を聞いた気がしたのだが、状況はちと違うものの「夏子の酒」とよく似たパターンと言える。更に言うならば大宮金次郎はみんなから“金ちゃん”と呼ばれているのだが、これは正に遠山の金さん=遠山金四郎だ。何故なら市役所の農政局長という、いわば市の農政を司るTOPでありながら彼はその身分をかくしてみのりの手伝いをするのである。しかもご丁寧にメガネをかけて変装し、市役所農政課の職員・木村卓司(吉沢悠)の目まで誤魔化して。結論から言うと最終的には金さんてきなカタルシスが待っている。

04

05

余談だが静岡出身の私にとって茶畑はとても日常的な風景であり、お茶作りの過程もそれそのものが珍しいとは感じない。ただ有機栽培によるお茶作りは、正に自然に人間が寄り添い、自然の力強さを信じ、お茶の木がもつ本来の生命力を引き出すべくもので、そのための苦労には頭が下がる思いだ。ただ本作は単なるお茶作りの物語ではない。田舎のリアルな人間関係だったり、農政の問題点などもさりげなく描かれていた。例えば都会ではまず参加しない婦人会や青年会といった寄り合い、田舎の人間関係は面倒ではあるけれども、共同体としての結びつきの強さは、いざと言う時の人に対する思いやりや絆に繋がってくる。また、大きな企業が地場に持つ力の長短というものも見える。

06

07

大企業が地元に雇用を創出し、作ったものが名産品として売れれば地元の振興に繋がるワケで、それ故に役所はとかくそういった名士に弱い。しかし手間はかかっても工業生産品とは異なる田舎ならではの人の温もりを感じさせる生産品、それを学校給食に導入することで子供たちに自分たちの住む土地に対する愛着や、誇りを持ってもらおうとすることが町の振興に繋がるという考え方も当然ありだろう。どちらも目的は同じだ。政治と行政はそこのバランスを上手く取る必要があるのだが、そのあたりを金次郎=金ちゃんと市長(寺泉憲)=将軍の2人が上手い手綱捌きを見せてくれるのが実に気持ちよかった。さて、物語ではお茶栽培に悪戦苦闘しながらみのりは自分が見落としていたに気付いてゆく。

08

09

即ち、表面上の格好良さだけを追いかけ、その裏に潜む努力に目を向けなかったことを悟るのだ。お茶作りはかけた手間に対して正直な答えが返ってくる。しかしそれは何もお茶作りに限ったことではない。無事お茶が出来上がり、金次郎は東京へと呼び戻されるのだが、意外なオチが待っていた(笑)ところでこの作品だがシリーズ化を目指しているのだろうか?“種まく旅人”は汎用性のあるタイトルだし、その後ろの“○○の××”の部分を変えるだけでいくらでも作れそうだ。日本各地へ金次郎が出向し、その土地その土地でもう一人の主人公と出会う、農業をテーマにしたシリーズ作品。今までにあまり無い形でのご当地映画としても成立すると思う。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:陣内さんのキャラがいいです♪
総合評価:71点

作品情報
キャスト:陣内孝則、田中麗奈、吉沢悠、柄本明、永島敏行、石丸謙二郎、寺泉憲、中村ゆり、林美智子
監督:塩屋俊
エグゼクティブプロデューサー:北川淳一、丸茂日穂
プロデューサー:清水啓太郎、加藤賢治、井汲泰之
原案:青葉薫
脚本:石川勝己、三浦千秋
撮影:阪本善尚
美術:乙竹恭慶
照明:宮内孝明
録音:矢野正人
編集:阿部瓦英
音楽:狩野泰一、宮本高奈
音響監督:柴崎憲治
製作国:2011年日本映画
配給:ゴー・シネマ
上映時間:121分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 少年と自転車/Le gamin au vélo | トップページ | 突然、みんなが恋しくて/Et soudain tout le monde me manque »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44744001

この記事へのトラックバック一覧です: 種まく旅人~みのりの茶~:

» 映画 「種まく旅人~みのりの茶~」 [ようこそMr.G]
映画 「種まく旅人~みのりの茶~」 [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 01時48分

» 映画『種まく旅人~みのりの茶~』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
  塩屋俊さんは、テレビドラマに出てらした頃 笑顔が優しくて、結構お気に入りの役者さんでした。   前作『ふたたび~SW [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 07時58分

» 種まく旅人~みのりの茶~ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
日本の農業の未来を考える上で絶好の映画になった。堅苦しいドキュメンタリー風の物語ではなく、役人の裏の顔や助成金の仕組みに農家の後継者不足と見所いっぱいの内容だった。説教がましくないユーモア溢れる演出はすばらしい。どこかの町おこし達人を連れてきて講演会をす... [続きを読む]

受信: 2012年4月 4日 (水) 09時49分

» 『種まく旅人 ~みのりの茶~』 2012年3月12日 一ツ橋ホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『種まく旅人 ~みのりの茶~』 を試写会で鑑賞しました。 陣内孝則は大根だと思ってたけど、少し見直します。 中々、よくなってたんじゃない 【ストーリー】  農林水産省官房企画官という身分を隠しながら、日本各地の農家の本音を聞いて回る大宮金次郎(陣内孝則)。そんな彼に大分県臼杵市役所の農政局長として、省が開発した農薬を普及させよとの辞令が下る。着任早々、無農薬栽培に切り替えた旧知のお茶農家の主人・森川修造(柄本明)と農業話で盛り上がるが、その翌日に彼が心臓発作で入院。孫娘みのり(田中麗奈)が修造の... [続きを読む]

受信: 2012年4月 5日 (木) 00時27分

» 映画・種まく旅人〜みのりの茶〜 [読書と映画とガーデニング]
2012年 日本 農林水産省官房企画官、大宮金次郎(陣内孝則)身分を隠して全国各地の農家を回っては畑仕事を手伝い、酒を酌み交わすこの男生産者の間では「金ちゃん」と呼ばれ人気者なのだが役所内では変人扱いされているそんな金次郎にある日、大分行きの辞令が下りる...... [続きを読む]

受信: 2012年4月 5日 (木) 20時37分

» 映画「種まく旅人~みのりの茶~」もっと味わってお茶を飲みたくなった [soramove]
「種まく旅人~みのりの茶~」★★★☆ 陣内孝則、田中麗奈、吉沢悠、 柄本明、永島敏行、石丸謙二郎、 寺泉憲、中村ゆり、林美智子出演 塩屋俊監督、 121分、2012年3月17日公開 2011,日本,ゴー・シネマ (原題:種まく旅人~みのりの茶~ ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「予告編のスクリーンいっぱいの茶畑を見て なんだ... [続きを読む]

受信: 2012年4月 6日 (金) 08時08分

» 種まく旅人 −みのりの茶− [迷宮映画館]
これぞ目指せ【ローカリゼーション】! [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 07時57分

» 『キツツキと雨』『種まく旅人 みのりの茶』を三軒茶屋中央で観て、椅子の方さを忘れるわあふじき★★★★,★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
◆『キツツキと雨』 五つ星評価で【★★★★ああ、くつろぐ】 武骨な木こりとコミュ障気味の監督との交流が可愛らしく気持ちいい。 何やら気持ちええのう。 みんな割れ鍋と ... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 22時47分

« 少年と自転車/Le gamin au vélo | トップページ | 突然、みんなが恋しくて/Et soudain tout le monde me manque »