« プライド | トップページ | ジョン・カーター/John Carter »

2012年4月13日 (金)

裏切りのサーカス/Tinker Tailor Soldier Spy

Photo ジョン・ル・カレのスパイ小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化。英国諜報部“サーカス”に潜む二重スパイ“モグラ”を引退した老スパイがあぶりだす緊張のスパイ戦を描いていた作品。主演はゲイリー・オールドマン。共演にオスカー俳優コリン・ファース、トム・ハーディらイギリスの名優が揃う。監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン。
>>公式サイト

soon 4月21日(土)公開

いわゆるスパイ映画とは一味違う

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

いかにもイギリス映画らしい硬質で骨太な感じのするスパイ映画だった。同じイギリスが舞台でも「OO7」シリーズのようなスパイアクション映画ではなく、よりリアル系にふった活動が展開されている。ただ、話はちょっと地味で拍子抜けしてしまった。何しろ「一度目、あなたを欺く。二度目、真実が見える。」などと煽るキャッチコピーが付いているため、まるで『シャッター アイランド』を観た時の如く気合を入れてスクリーンをガン観し、結末がでてなお「こんなんで終わるはずがない!」と思いきやそのまま終わってしまったという感じだった。ちなみにこの作品、登場人物の役割と人物相関程度は知識として持っていたほうが面白く観られると思う。

02

03

ちなみに当ブログはいつも通り普通にネタバレで書くのでここから先読み進まれる方はご注意願いたい。基本的に物語は英国諜報部“サーカス”に潜むソ連の二重スパイ“もぐら”を主人公のスマイリー(ゲイリー・オールドマン)とその仲間が探し出すというもの。ところがその“もぐら”が“サーカス”の幹部の中にいるというのが問題だ。容疑者候補の4人はそれぞれ暗号名が付いている。

英国諜報部“サーカス”幹部

21パーシー・アレリン(トビー・ジョーンズ)
暗号名:ティンカー

コントロール(ジョン・ハート)引退後の“サーカス”のチーフ。ウィッチクラフト情報を握っている。

22ビル・ヘイドン(コリン・ファース)
暗号名:テイラー

ブダペストの作戦で死んだジム・プリドー(マーク・ストロング)の親友。スマイリーの妻アンの愛人。

23ロイ・ブランド(シアラン・ハインズ)
暗号名:ソルジャー

コントロール(ジョン・ハート)勇敢で愚直だが左翼的。

24トビー・エスタヘイス(デヴィッド・デンシック)
暗号名:プアマン

コントロールに見出され今の地位に付いた。

スマイリーの仲間

25ジョン・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)
ブダペストでの事件の責任を取ってコントロールと共に引退。しかし“もぐら”をあぶりだす為に英国諜報部には秘密裏に復帰する。

26ピーター・ギラム(ベネディクト・カンバーバッチ)
英国諜報部のスカルプハンター(実行部隊)責任者にして、リッキー・ターの上司。スマイリーの右腕として働く。

27リッキー・ター(トム・ハーディ)

ピーターの部下。“もぐら”の存在を知る男。KGBのイリーナに恋をする。

28コニー・サックス(キャシー・バーク)
元英国諜報部調査課員。カーラに繋がる情報を発見し解雇される。

KGB

29カーラ(???)
ソ連の大物スパイ。スマイリーとは過去に接点がある。

30イリーナ(スヴェトラーナ・コドチェンコワ)
“もぐら”の情報と引き換えに西側への亡命を図る女スパイ。

その他

31ジム・ブリドー(マーク・ストロング)
コントロールの命令でブダベスト飛ぶも、現地で撃たれる。何故か今はイギリスに戻っている。

32コントロール(ジョン・ハート)
元英国諜報部チーフ。“もぐら”を探し出すべく独断でジム・プリドーをブダペストに送り失敗。責任を取って引退するも直後に死亡する。

33オリヴァー・レイコン(サイモン・マクバーニー)
英国政府の情報機関監視役。“もぐら”のあぶり出しをスマイリーに依頼する。

04

05

さて4人の英国諜報部幹部たちのうちに“もぐら”がいる以上、彼らとスマイリーの頭脳戦を楽しみにしていたのだが、これがそれほどでもなかったのが意外だった。恐らく原作では細かにその辺の描写はあるのだろう。しかし映画では極論するとそれぞれがホンのちょこっとだけフィーチャーされる程度。例えばソルジャーなどは一体何をしているのか殆ど存在感が無い。しかも4人の容疑者の中でテイラーのコリン・ファースが俳優の格としてはダントツなので、彼がポイントになるであろうことはもう最初から解ってしまう。まさかそんなありきたりであるはずがないと、最後の最後までどんでん返しを期待したのだが、結局そのままだった…。

06

07

むしろこの幹部たちよりもスマイリーの右腕となったピーターの方が遥にフィーチャーされている。リッキーが“もぐら”の情報を“サーカス”に送った夜の当直日誌を保管庫から極秘に盗み出すシーンの緊張感は本作で一番“いわゆる”スパイらしいシーンだったと思う。これを観て思ったのだが、結局本作はスマイリーと誰かの熾烈な頭脳戦であったり、アクションがウリではないのだ。実際スマイリーたちは一度たりとも敵に襲われたり、自らの命の危機に陥ったりはしない。逆に言えばそんな状態になること自体がスパイとしては失格だとでも言うかのように、淡々と情報を集めてはスマイリーが分析を続ける。要するに彼らの活動は本当の意味での諜報活動、インテリジェンスと呼ばれるものなのだ。

08

09

死んだはずのジムが生きていて、しかもイギリスに戻っているのは何故か。スマイリーの妻アンがある人物と浮気をしているのは何故か。ウィッチクラフト情報のもつ意味は。4人が4人ともロシアのスパイと密会しているのは何故か。その全てはカーラに繋がり、そのカーラと唯一の接点をもったことがあるのがスマイリーその人だという巧妙な人間関係…。先ほど頭脳戦がウリではないと書いたが、強いて言うなら本作はスマイリーとカーラの頭脳戦という大枠の中で、様々なインテリジェンス戦が繰り広げられているということが出来るだろう。積み重ねた情報からスマイリーはある瞬間に全てを悟る。その後、彼らはプアマンを捕らえ脅し、芋づる式に物語は展開して行くことに。

10

11

ただこの部分が本作で一番解りにくかった。得られた情報を分析した結果なのだが、残念ながら観ている私たちが得られる情報だけでは答えには辿り着けない。もっともだからこそ「二度目、真実が見える。」なのだろうけれど。そもそもスマイリーは何故プアマンを捕らえたのか、話が一気に飛びすぎて最初は意味不明だった。今考えるに、それは恐らく彼が4人の中で一番大きな弱みをもっていたからではないか。それは強制送還されたら命の危険がといった会話があったことから推測できる。元英国諜報部ナンバー2の彼なら、プアマンの弱みは当然知っていただろう。要するにスマイリーは“もぐら”をあぶりだす作戦の端緒としてプアマンを利用しただけで他に意味は無いということだ。

12

13

この作品、良くも悪くもイギリスらしい。イギリスの名優が多数登場し、ゲイリーの渋い老スパイの演技に魅せられ、冷戦時代のイギリスの街の様子、調度品、服装…そういった要素に見合ったストーリーだったと思う。だから多少戸惑いを覚えつつも惹かれる気持ちを抑えられない。ただしこの手の作品は日本では受けないかも。

soon 4月21日(土)公開

個人的おススメ度3.0
今日の一言:もう一回…先に原作かな
総合評価:66点

作品情報
キャスト:ゲイリー・オールドマン、キャシー・バーク、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、スティーブン・グレアム、トム・ハーディ、キアラン・ハインズ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、サイモン・マクバーニー、マーク・ストロング
監督:トーマス・アルフレッドソン
製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー、ロビン・スロボ
製作総指揮:ジョン・ル・カレ、ピーター・モーガン、ダグラス・アーバンスキー、デブラ・ヘイワード、ライザ・チェイシン、オリビエ・クールソン、ロン・ハルペム
原作:ジョン・ル・カレ
脚本:ピーター・ストローハン、ブリジット・オコナー
撮影:ホイテ・バン・ホイテマ
美術:マリア・ジャーコビク
編集:ディノ・ヨンサーテル
音楽:アルベルト・イグレシアス
原題:Tinker Tailor Soldier Spy
製作国:2011年フランス・イギリス・ドイツ合作映画
配給:ギャガ
上映時間:127分
映倫区分:R15+

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« プライド | トップページ | ジョン・カーター/John Carter »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44860713

この記事へのトラックバック一覧です: 裏切りのサーカス/Tinker Tailor Soldier Spy:

» 裏切りのサーカス / TINKER, TAILOR, SOLDIER, SPY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 元MI6諜報部員であり、スパイ小説で有名なジョン・ル・カレ彼がMI6在職中に実際に起きた事件を基に書き上げ、ldquo;スパイ小説の金字塔rdquo;と呼ばれた小説の映画化。 ゲイリー・オールドマンがア...... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 10時04分

» 裏切りのサーカス [象のロケット]
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。 作戦の失敗により英国諜報部“サーカス”を去ることとなった老スパイ、スマイリーに、ソ連の二重スパイ“もぐら”を捜し出す密命が下される。 スマイリーは標的である組織幹部のティンカー(鋳掛け屋)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)の4人を洗い上げていくが…。 スパイ・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 11時32分

» 「裏切りのサーカス」気を抜くな! [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を映画化した息詰まるサスペンスは、一瞬たりとも気が抜けない。 見ている側もスパイになって神経を尖らせている気分になる、最近にないどっしりと見応えバッチリな作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 11時47分

» 試写会「裏切りのサーカス」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2012/4/11、よみうりホール。 最近はよみうり会館の階段に並ぶのが嫌で、 開場時刻が過ぎてから着くことが多い。 1階席のいいところは埋まっていて、2階席やや左側に陣取った。 椅子の上に荷物を置いて席を取っている人多し。 満席ではなかったからいいようなも...... [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 08時49分

» 『裏切りのサーカス』 2012年4月11日 よみうりホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『裏切りのサーカス』 を試写会で鑑賞しました。 私の頭では理解不能でした 久しぶりに超難解映画を観てしまった 【ストーリー】  東西冷戦下の1980年代、英国諜報(ちょうほう)部「サーカス」を引退したスパイ、スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が下る。それは20年にわたってサーカスの中枢に潜り込んでいる二重スパイを捜し出し、始末するというものだった。膨大な記録や関係者の証言を基に、容疑者を洗い出していくスマイリーがたどり着いた裏切者の正体とは……。 この映画は入場時にこんなものが... [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 16時25分

» 裏切りのサーカス [とりあえず、コメントです]
ジョン・ル・カレ著の『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化した作品です。 予告編を観た時から、こんな豪華キャストでどんな物語が描かれているのだろうかと気になっていました。 1970年代の英国情報部を舞台に二重スパイをめぐる、ル・カレらしい緊張感の漂うサスペンスでした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月16日 (月) 08時40分

» 裏切りのサーカス (試写会) [風に吹かれて]
そして誰もいなくなった?公式サイト http://uragiri.gaga.ne.jp4月21日公開原作: ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ (ジョン・ル・カレ著/ハヤカワ文庫)監督: トーマ [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 08時55分

» 映画レビュー「裏切りのサーカス」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Tinker Tailor Soldier Spyクチコミを見る◆プチレビュー◆地味だが渋く、複雑だが緻密な“大人仕様”のスパイ映画「裏切りのサーカス」。ゲイリー・オールドマンがいぶし銀の演技を見せる ... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 09時10分

» 『裏切りのサーカス』 [ラムの大通り]
(英題:Svetat e golyam i spasenie debne otvsyakade) ----やっとジョン・ル・カレ『裏切りのサーカス』だ。 この映画、よく「一度観ただけじゃ分からない」と言われているようだし、 えいもお手上げだったのかと…。 「う〜ん。 ある意味、そう取られても仕方ないの...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 13時44分

» 裏切りのサーカス [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★☆【3,5点】(15) フィルム・ノワールな雰囲気がいいじゃない! [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 21時48分

» 裏切りのサーカス [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 イギリス&フランス&ドイツ  サスペンス  監督:トーマス・アルフレッドソン  出演:ゲイリー・オールドマン      コリン・ファース      トム・ハーディ      ... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 12時56分

» 裏切りのサーカス / Tinker Tailor Soldier Spy [勝手に映画評]
昨日見た『Black White/ブラック&ホワイト』もスパイモノですが、今日の『裏切りのサーカス』もスパイモノ。ですがテイストは全く違っていて、『Black White/ブラック&ホワイト』はお馬鹿ムービーですが、『裏切りのサーカス』は重厚なエスピオナージになっ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月22日 (日) 17時24分

» トーマス・アルフレッドソン監督【裏切りのサーカス】Tinker Tailor Soldier Spy [映画雑記・COLOR of CINEMA]
※注・内容、台詞、もぐらについて触れています。ジョン・ル・カレの小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ( Tinker Tailor Soldier Spy )」を「ぼくのエリ 200歳の少女 [続きを読む]

受信: 2012年4月23日 (月) 23時57分

» 『裏切りのサーカス』 (2011) / イギリス・フランス・ドイツ [Nice One!! @goo]
原題: TINKER TAILOR SOLDIER SPY 監督: トーマス・アルフレッドソン 出演: ゲイリー・オールドマン 、コリン・ファース 、トム・ハーディ 、マーク・ストロング 、トビー・ジョーンズ 公式サイトはこちら。 アカデミー主演男優賞に絡んだ本作。 評判もよさ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 08時49分

» 『裏切りのサーカス』 [こねたみっくす]
不親切な映画。だから難解でもストーリーは面白いのに、映画としてはあまり面白いとは思えない。 英国諜報員の過去を持つジョン・ル・カレの人気スパイ小説を映画化したこの作品 ... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 16時50分

» 裏切りのサーカス・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
スマイリーは笑わない。 東西冷戦たけなわの70年代を背景に、英国情報部“サーカス”に紛れ込んだ東側のスパイ“もぐら”の摘発を命じられた老スパイ、スマイリーの活躍を描く、第一級のスパイスリラー。 あの...... [続きを読む]

受信: 2012年4月26日 (木) 23時24分

» 裏切りのサーカス/すべては水面下で [映画感想 * FRAGILE]
裏切りのサーカスTinker Tailor Soldier Spy/監督:トーマス・アルフレッドソン/2011年/イギリス、フランス 眼鏡でスーツのおじさまたちがこそこそこそこそ ジョン・ル・カレのスパイ小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」の映画化ですね。原作は未読です。予習必須と聞いて公式サイトであわてて必読項目読んで行きました。「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督。 あらすじ:二重スパイを探しだせ。 コードネーム、ティンカー(トビー・ジョ... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 12時06分

» ★裏切りのサーカス(2011)★ [Cinema Collection 2]
TINKER TAILOR SOLDIER SPY 一度目、あなたを欺く。 二度目、真実が見える。 上映時間 128分 製作国 イギリス/フランス/ドイツ 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/04/21 ジャンル サスペンス 映倫 R15+ 【解説】 1979年に英国BBCでドラマ化され...... [続きを読む]

受信: 2012年4月28日 (土) 01時23分

» 映画 「裏切りのサーカス」 [ようこそMr.G]
映画 「裏切りのサーカス」 [続きを読む]

受信: 2012年4月29日 (日) 13時19分

» 裏切りのサーカス [だらだら無気力ブログ!]
タイトルのカッコよさに惹かれて観に行った。 [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 00時36分

» 『裏切りのサーカス』 [Days of Books, Films ]
Tinker, Tailor, Soldier, Spy(film review [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 17時47分

» 『裏切りのサーカス』 [beatitude]
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)は、組織幹部の中に長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>の存在の情報を掴む。...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 02時13分

» 「裏切りのサーカス」 観ている側も頭をフル回転 [はらやんの映画徒然草]
第84回アカデミー賞にゲイリー・オールドマンが主演男優賞などでノミネートされた作 [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 19時57分

» 裏切りのサーカス [心のままに映画の風景]
東西冷戦下の1980年代、英国諜報部「サーカス」を引退したスパイ、ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)に新たな指令が下る。 それは20年にわたってサーカスの中枢に潜り込んでいる二重スパイ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 14時09分

» 裏切りのサーカス [うろうろ日記]
映画館で観ました。 【予告orチラシの印象】諜報機関に紛れ込んだスパイを探すため [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 15時06分

» 本格的スパイ [笑う社会人の生活]
24日のことですが、映画「裏切りのサーカス」を鑑賞しました。 英国諜報部のサーカスに潜むソ連の二重スパイを 捜し出す指令を受けた 引退したスパイ スマイリーだったが・・・ スパイ映画ですがM:Iシリーズなど よくあるスパイ映画とは違い アクションはなく 派手さも...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 10時01分

» 裏切りのサーカス/ゲイリー・オールドマン [カノンな日々]
元MI6諜報員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン監督が映画化したサスペンス劇です。この映画のことは ... [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 22時01分

» 「裏切りのサーカス」 [てんびんthe LIFE]
「裏切りのサーカス」TOHOシネマズシャンテで鑑賞 2012-045 ゲイリー・オールドマンさまオスカーノミネート作品。 だからなのか、公開以来やけに混んでます。 東京もシャンテと武蔵野館2館だけなのでシャンテ来ちゃうよね。 TOHOポイントたまるし、武蔵野館もっと狭いし。 試写会で見た友人たちの話からかなり難解な作品だと聞いていました。 公式サイトにも予習必要みたいに書いてあるし、チケット売り場でもチラシくれてそんなこと書いてありました。 最低必要な情報は頭の中に入れておこう…... [続きを読む]

受信: 2012年5月 9日 (水) 11時48分

» 二重スパイは誰だ? ~『裏切りのサーカス』 [真紅のthinkingdays]
 TINKER TAILOR SOLDIER SPY  1970年代、東西冷戦時代の英国。MI6内英国諜報部「サーカス」 のリーダ ーであるコントロール(ジョン・ハート)は、組織の中にKGBの二重スパイがいる と...... [続きを読む]

受信: 2012年5月11日 (金) 08時20分

» ■『裏切りのサーカス』■ [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:イギリス+フランス+ドイツ合作映画、トーマス・アルフレッドソン監督、ジョン・ル・カレ原作&製作総指揮、ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、ジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月12日 (土) 22時31分

» 『裏切りのサーカス』 [Cinema+Sweets=∞]
なかなか更新が出来ずにいたんですけど、少し前に観たゲイリー・オールドマン主演の『裏切りのサーカス』の感想を。 渋くて難解な作品で、自分はこういう作品は好み。 ******************** 1979年に...... [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 01時46分

» [映画『裏切りのサーカス』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆東西冷戦下、英国の、対ソビエト諜報戦の物語。  主人公ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)が属しているのは英国MI6で、話のメインが「英国諜報部(通称サーカス)内に潜む二重スパイを探し出す」であるので、  物語は、雰囲気的に、英国諜報部の「見...... [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 21時08分

» 裏切りのサーカス    評価★★★68点 [パピとママ映画のblog]
ジョン・ル・カレの小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を、「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督が映画化。英国諜報組織に潜むソ連の二重スパイを捜し出すために、引退生活から呼び戻されたベテランスパイの姿を描く。出演は「赤...... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 00時03分

» 裏切りのサーカス [ダイターンクラッシュ!!]
2012年7月5日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパスポート) 『裏切りのサーカス』公式サイト フリーパスポート4回目の利用開始。1本目。 おっさん達が多く出てきて、名前と顔は一致し難い上に、わざと判り難く作っているだろうという話の展開。 映像で見せないで、登場人物に語らせて説明が多い。 わざと難解な映画を作って、一人悦に浸っているとしか思えない。 あるいは、俺の頭が悪いかだ。 玄人筋に評価は高いし、英アカデミー賞も取っているのだが、俺にはひたすら眠い映... [続きを読む]

受信: 2012年7月 7日 (土) 23時41分

» 裏切りのサーカス [ダイターンクラッシュ!!]
2012年7月5日(木) 16:00~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパスポート) 『裏切りのサーカス』公式サイト フリーパスポート4回目の利用開始。1本目。 おっさん達が多く出てきて、名前と顔は一致し難い上に、わざと判り難く作っているだろうという話の展開。 映像で見せないで、登場人物に語らせて説明が多い。 わざと難解な映画を作って、一人悦に浸っているとしか思えない。 あるいは、俺の頭が悪いかだ。 玄人筋に評価は高いし、英アカデミー賞も取っているのだが、俺にはひたすら眠い映... [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 00時26分

» 『裏切りのサーカス』 [pure breath★マリーの映画館]
一度目、あなたを欺く。 二度目、真実が見える。 『裏切りのサーカス』 監督・・・トーマス・アルフレッドソン 原作・・・ジョン・ル・カレ 出演・・・ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハー...... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 21時25分

» 裏切りのサーカス [メルブロ]
裏切りのサーカス(原題: TINKER TAILOR SOLDIER SPY) 409本目 2012-21 上映時間 2時間8分 監督 トーマス・アルフレッドソン 出演 ゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー) 、 ... [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 00時07分

» 裏切りのサーカス [Diarydiary! ]
《裏切りのサーカス》 2011年 イギリス/フランス/ドイツ映画 - 原題 - [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 22時16分

« プライド | トップページ | ジョン・カーター/John Carter »