« 私の叔父さん | トップページ | モンスターズクラブ »

2012年4月25日 (水)

ある秘密/Un secret

Photo_3 フィリップ・グランベールの自伝的同名ベストセラーを映画化。直接的にはホロコーストがもたらした悲劇だが、その実人の心を繊細に描き出したヒューマンドラマだ。監督は『なまいきシャルロット』、『小さな泥棒』のクロード・ミレール。出演はセシル・ドゥ・フランス、リュディヴィーヌ・サニエ、マチュー・アマルリックといったフランスを代表する俳優が揃っている。
>>公式サイト

これが今まで公開されなかった不思議

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

「映画の國名作選V フランス映画未公開傑作選」で公開された3本の内の1本。全く何の予備知識もなく鑑賞したのだが、本作は何故今まで日本で公開されなかったのが解らないほど素晴らしい作品だった。監督は私の大好きなシャルロット・ゲンズブールの名作『なまいきシャルロット』や『小さな泥棒』のクロード・ミレール。残念ながら監督は今月4月4日にお亡くなりになられ、本作が遺作となってしまった…。観始めて直ぐに俳優陣の豪華さに驚く。物語はフランソワという少年の目線で描かれていくのだが、ナレーションを担当し物語全体の進行役をこなしつつ大人になったフランソワを演じているのが『007/慰めの報酬』『潜水服は蝶の夢を見る』など日本でも人気のマチュー・アマルリックだった。

02_2

03_2

更にそのフランソワの母親タニアを演じているのは『少年と自転車』『ヒア アフター』のセシル・ドゥ・フランス、そしてフランソワの父親の元妻アンナを『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』『引き裂かれた女』のリュディヴィーヌ・サニエが演じている。3人とも、特に男の私としてはお気に入りの女優2人が出演しているとあって、これだけでもう観て良かった感で一杯になってしまう(笑)ストーリーはフランソワ少年がある日見つけたぬいぐるみをきっかけにし、両親に隠された“ある秘密”を知ることになってしまうという流れだ。それ故に物語は3シチュエーションで展開する。1つはもちろん現代のフランソワで、このシチュエーションだけはモノクロで描かれていた。

04_2

05_2

最初は単純に解りやすくて良いなと思う程度だったが、物語が進むにつれてふと気がついた。しかしそれは後述したい…。もう1つは当然ながらフランソワの子供の頃のシチュエーションだ。基本的に前半はこの部分が長い。父マキシム(パトリック・ブリュエル)は体操の選手、母タニアはモデルで水泳選手という血筋ながら明らかに虚弱な彼の姿はとても異質に映るし、それ故に彼がスポーツ万能の兄という幻影を作り出すことは子供としては無理からぬことだと感じてしまう。ところが、それが単なる子供の妄想ではないということが解るのだ。それが描かれているのが3つ目のシチュエーションだった。そしてそれこそが“ある秘密”即ちフランソワの両親の過去なのである。

06_2

07_2

フランソワは自宅の前でマッサージ店を経営する女性ルイズ(ジュリー・ドパルデュー)からその話を聞かされる。実は父マキシムはタニアの前にアンナという女性と結婚していたし、タニアも同様に結婚していた。ところが結婚式に訪れたタニアにマキシムはあろう事か一目惚れしてしまうのだ。美しい新婦を傍にタニアを見つめる視線。運命の出会いだったのかも知れないが、この後も2人が出会うたびにこのまとわり付くような視線を見sることになる。言葉では一切何も言わないパトリック・ブリュエルの目だけの演技が素晴らしい。しかも妻役は天下のサニエ嬢だ。確かにセシルはハッとするほど美しいけれど、これはもう観ている方も心穏やかではいられないジリジリするような演出だ。

08_2

09_2

観ている方がそう気付くぐらいなのだから当然アンナも気付くことになる。この絶妙な距離感の三角関係だけだと単なる不倫物語に過ぎないのだが、問題は彼らがユダヤ人だったということ。この頃ナチスドイツのホロコーストは苛烈さをまし、彼らが住むフランスにもその波は押し寄せる。よもやまたしても“ヴェルディヴ事件”かと思いきやそうではなかった。簡単に言えば、フランスを脱出しようと準備万端整えていたにも関わらず、先に脱出していた夫の元にタニアが先に到着していたことを知った彼女は、職務質問してきた警察官に自らと息子がユダヤ人であることを話してしまうのだ。当然の事ながら彼女は捕らえられ収容所へと送られ命を落とすことに…。

10

11

生きるチャンスがありながら、自らそれを放棄し、まるで夫マキシムへの復讐をするかの如きアンナの行動は、あまりにも切な過ぎる。それもマキシムがこよなく愛した息子をも道連れに。愛がなければ生きられない。しかしアンナに他の選択肢はなかったのだろうか…。最初に現代のシチュエーションについて書いたが、そもそもフランソワの目線で描かれたのが本作である、つまり現代がモノクロということは、大人になったフランソワが今生きている世界がモノクロなのだ。明かされた真実、その重みを考えると、少年の世界が鮮やかなカラーからモノクロに変化したとて無理もないことだと思える。いわゆるよくあるホロコーストを描いた作品とはまた一線を画した秀作だ。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:あとの2本は寝たw
総合評価:80点

作品情報
キャスト:セシル・ドゥ・フランス、パトリック・ブリュエル、リュディビーヌ・サニエ、ジュリー・ドパルデュー、マチュー・アマルリック、ナタリー・ブトゥフー、イブ・フェアホーフェン、イブ・ジャック、サム・ガルバルスキ
監督:クロード・ミレール
製作:イブ・マルミオン
原作:フィリップ・グランベール
脚本:クロード・ミレール、ナタリー・カルテル
撮影:ジェラール・ド・バティスタ
美術:ジャン=ピエール・コユ=スベルコ
編集:ベロニク・ランジェ
音楽:ズビグニエフ・プレイスネル
原題:Un secret
製作国:2007年フランス映画
配給:紀伊國屋書店、マーメイドフィルム
上映時間:110分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 私の叔父さん | トップページ | モンスターズクラブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45013389

この記事へのトラックバック一覧です: ある秘密/Un secret:

« 私の叔父さん | トップページ | モンスターズクラブ »