« 別離/Jodaeiye Nader az Simin | トップページ | 誰も知らない基地のこと »

2012年4月10日 (火)

ヴァルハラ・ライジング/Valhalla Rising

Photo_2 『ドライヴ』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したニコラス・ウィンディング・レフン監督の前作。北欧神話をベースにし奴隷から解放された戦士が辿る苛烈な運命を描いたアドベンチャーだ。寡黙な戦士役を『シャネル&ストラヴィンスキー』などデンマークを代表する俳優マッツ・ミケルセンが演じている。スタイリッシュな映像美にも注目だ。
>>公式サイト

彼は果たして人間なのか神なのか…

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ライアン・ゴズリング主演でヒットしている『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督の前作で、私の好きな俳優マッツ・ミケルセンが主演しているとあって一も二もなく初日初回に鑑賞した。ところがこれがまたとんでもない難物だったりする。一応北欧神話をベースにしたお話だということぐらいは知っていたが、正直何が何だか良く解らない。更に『ドライヴ』のライアンも相当に口数が少ないのだが、本作のマッツに到っては何とセリフ0!。別に口が利けないわけではなさそうで、実際人の話していることはちゃんと聞こえるし理解できているのは覗える。結局説明らしき説明も無いまま、周りの人間の会話から断片的な情報を得て事態を推測しながら鑑賞すると言った感じだ。

02_2

03_2

ただそれでも不思議と引き込まれる魅力がある。荒涼とした風景や霧がかった海、そしてスコットランドの湖周辺、人間の生きる領域から外れているかのような自然風景はまさに神々が座する場所と言われても納得してしまいそうである。左目が潰れている隻眼の男(マッツ・ミケルセン)は奴隷戦士として最強の男だ。凄まじい闘争本能に支えられたその闘い方は、武術とか体術とは程遠く勝つためなら何でもする。石で敵の頭を殴り続け頭蓋骨が砕けて脳が飛び散る残虐な映像は、男の獣のような激しさに気圧されてグロいというよりも呆然としてしまった。後で調べた所によるとヴァルハラとは北欧神話の主神オーディンの宮殿で、ワルキューレによって選別された戦士の魂が集められる所だそうだ。

04_2

05_2

更にオーディンは片目が潰れていると言う。男を神の転生した存在だと言うにはあまりに獣臭く感じるが、北欧神話に馴染んだ人々から見た場合はどうなのだろう。いずれにしても男は自分を捕らえていたスコットランド人の族長バルデを殺し、世話係の少年アー(マールテン・スティーヴンソン)とともに旅に出るのだった。旅の途中、彼らはキリスト教徒のヴァイキングたちと出遭う。一切しゃべらない男に代わってアーは彼のことをワン・アイと紹介するのだった。かくして北欧神話の主神オーディンと同じ容貌を持つ男は、キリスト教徒たちがエルサレムを目指すたびに帯同することになる。決して仲間ではない。漂流する船の上でアーを殺そうとするヴァイキングを一瞬で殺すワン・アイ。

06_2

07_2

闘争心以外の感情が全く表に出てこないため、ワン・アイの表情から彼の気持ちを推測することは殆ど不可能だ。というより、そもそも彼は何かに心を動かされることなどあるのだろうか。何とかたどり着いた湖の畔、食べ物も無くこれから先の展望も見えない。しかもどうやら先住民が自分たちの命を狙っていると言う極限の緊張感は、屈強なヴァイキングたちをも狂わせるのだった。キリストへの信仰心ももはや狂気を帯びてくる。エルサレムを目指していたはずが、流れ着いたその地を新エルサレムとするなどと言い出す始末である。結局ワン・アイとアー以外は全て死に、彼ら2人も故郷に帰るために海に向かって歩き出すのだが、辿り着いた2人の前には先住民が姿を現すのだった。

08_2

09_2

しかも何故か武器を捨て、自らの役割は終わったとばかりに殺されるワン・アイ。終始感情が見えなかった彼が、唯一最後にホッとしたような表情を見せたのは何故だろうか。観ている時には解らなかったが、今思えばそれはヴァルハラ・ライジングが成ったからかもしれない。要するにこの物語はタイトル通りヴァルハラの創世記を一人の人間に載せて見せてみたのではないか。北欧神話は元々人間的でありながら人間を超越した存在である。それを考えるとワン・アイの存在は正にハマる気がする。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:北欧系の作品の不思議な魅力が好き
総合評価:70点

作品情報
キャスト:マッツ・ミケルセン、マールテン・スティーブンソン、ゲイリー・ルイス、ジェイミー・シーベス
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
原案:ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:ロイ・ジェイコブセン、ニコラス・ウィンディング・レフン
撮影:モーテン・ソーボー
編集:マシュー・ニューマン
原題:Valhalla Rising
製作国:2009年デンマーク・イギリス合作映画
配給:コムストック・グループ
上映時間:93分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 別離/Jodaeiye Nader az Simin | トップページ | 誰も知らない基地のこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/44818366

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァルハラ・ライジング/Valhalla Rising:

« 別離/Jodaeiye Nader az Simin | トップページ | 誰も知らない基地のこと »