« 幸せの教室/Larry Crowne | トップページ | レンタネコ »

2012年5月13日 (日)

貞子3D

3d 1988年に映画化されて大ヒットした『リング』が3Dで復活!鈴木光司書き下ろしのシリーズ第5弾『エス』が原作だ。今回は観ると死ぬといわれるネット動画を基点に物語が展開されている。主演は『漫才ギャング』の石原さとみ。共演に『ランウェイ☆ビート』の瀬戸康史、山本裕典、田山涼成らが出演している。監督は『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』などの英勉。
>>公式サイト

あまりに怖くないのが怖ろしい

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

公開前のプロモーションでは大人数の貞子が渋谷の街を闊歩したり、プロ野球の始球式に登場したりと、今回は貞子のキャラクターが変わったかのようだったが、まさか本当に変わっているとは思わなかった。それも悪い方に。結局今回の作品はただ単に画面から貞子が飛び出てくるのを3Dでやりたかっただけなのではないか。観ていて全く恐怖を感じないし、そもそも映像だけで驚かすならハリウッドの作品の方が遥に上だ。結局『リング』がいかに傑作で、人の心の奥に潜む本質的な恐怖心を呼び起こす作品だったのかを改めて認識してしまった。今回はの事件の発端はニコニコ動画で生中継されたとある動画で、それを観た人間が次々不審死を遂げたというものだ。

02

03

昔は“呪いのビデオ”だったのが今では動画、それ故にパソコンだけでなくスマートフォンでも観られるというのがミソなのだが、別にその媒体の違いが物語に活かされているかといえばそうでもない。この生中継をした人物は柏田清司(山本裕典)というのだが、ネット上の情報を見る限り彼は貞子を復活させて自分を虐げた世間に復讐をしようとしているのだとか。が、どこかで見落としたのか私には彼の動機が何なのか最後まで不明のままだった。それはさて置き彼が井戸の底に人間を投げ込むシーンの3D効果は中々効果的だったと思う。ついでに言えばモニターから手とか、貞子本人が出てくるシーンもウリにしているだけあって流石に良くできていた。

04

05

柏田の弁によれば貞子は想念の塊としてあの井戸の底にあり、簡単に言えば肉体を欲しているらしい。それも貞子のどす黒く強力な想念を受け入れられる肉体を。で、彼女は動画を通じて彼女のお眼鏡に叶う人間を探すのだが、やっと彼女のお眼鏡に叶ったのが主人公・鮎川茜(石原さとみ)だった。しかし何で彼女なのか?それは彼女が超能力者だからだ。彼女は子供の頃に学校に押し入った変質者を彼女の持つ超能力で撃退したことがあった。悲鳴を上げると強力なサイコキネシスを発動する彼女の能力は物語後半に向かってポイントポイントで見られるようになる。なんだかもうこの時点で既に心霊的なお話からは随分と離れてしまった。ともあれ彼女は貞子に付け狙われることになる。

06

07

貞子は茜の彼氏・安藤孝則(瀬戸康史)を捕らえて彼女を引き寄せようとするのだが、ここで何故か最初は貞子の存在など信じていなかった刑事の小磯(田山涼成)が絡んでくるのが不思議だ。2人が当然のように貞子がいる井戸に向かうのも良く解らない。何故知っているのだろう?原作ではシリーズ第5弾だというから、もしかしたら第4弾までで何かが描かれているのかもしれないが。かくして井戸から出て来たのはクモ女と化した貞子だった。それも何匹も。そう、実はこの作品はモンスター映画だったらしい。ならこれ貞子である必要性があるだろうか?(苦笑)必死に逃げる茜がその割りにあっさりと、それも超能力ではなくて金属のパイプのようなモノで敵を倒す姿に違和感がありあり。

08

09

倒すと無数の黒い蝶に敵はバラけるのだが、別途白い蝶ともどもそれが一体何を意味しているのかも説明はない。おまけに最終的には例の悲鳴で全ての敵を倒すと来ている。CMで使われている石原さとみが恐怖を必死で押し殺すシーンは、それそのものだけとれば良い演技だと思うが、一連の流れの中では噛み合っていなかった。要するに何も出来ないのか、何か出来るのかどっちかに統一して欲しい。彼女のキャラクターが掴みづらくて観ていて戸惑いを覚えてしまうのだ。最後に橋本愛扮する実に美しい貞子が登場するのだが、どうやらこれが本体でこれまでのはダミーということらしい。茜は彼女に取り込まれるぎりぎりのところで孝則に助けられる。ただそのシーンも正直サッパリ意味が解らない。

何で携帯電話を叩き壊すと茜が貞子のいる世界から戻ってこられるのか…。結局本作はジャパニーズホラーの史上最高傑作『リング』の財産を食い潰しているだけの作品だ。

個人的おススメ度1.5
今日の一言:少なくとも3D料金払って観る作品じゃない
総合評価:39点

作品情報
キャスト:石原さとみ、瀬戸康史、高橋努、染谷将太、高良光莉、山本裕典、田山涼成
監督:英勉
原作:鈴木光司
脚本:藤岡美暢、英勉
撮影:藤木信成
照明:和田誠二
美術:原田恭明
音楽:川井憲次
主題歌:シド
製作国:2012年日本映画
配給:角川映画
上映方式:2D/3D

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 幸せの教室/Larry Crowne | トップページ | レンタネコ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45237035

この記事へのトラックバック一覧です: 貞子3D:

» 劇場鑑賞「貞子3D」 [日々“是”精進! ver.A]
貞子、復活… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205120002/ 貞子3D --復活 (角川ホラー文庫) 藤 ダリオ 鈴木 光司 角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-04-25 売り上げランキング : 21482 Am... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 05時37分

» 貞子 3D [Akira's VOICE]
怖くなさすぎて腹が立つ。   [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 11時13分

» 劇場鑑賞「貞子3D」 [日々“是”精進!]
「貞子3D」を鑑賞してきましたJホラーの大ヒット作として、世界をも席巻したホラー・シリーズの第4弾。テレビの画面から飛び出し、恐怖を振りまいてきた貞子が、動画投稿サイト... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 12時31分

» 貞子3D [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
もともとテレビから飛び出してくる貞子が3Dになれば、スクリーンから観客に向かってくる。特殊な能力のために生きたまま井戸に捨てられた貞子の怨念は、ニコニコ動画を発端にしてテレビ、スマホ、パソコン、街頭ビジョンと広がっていく。期待通りのホラーになっている。... [続きを読む]

受信: 2012年5月13日 (日) 21時58分

» 貞子3D [佐藤秀の徒然幻視録]
橋下、おまえじゃない! 公式サイト。鈴木光司原作、英勉監督。石原さとみ、瀬戸康史、橋本愛、高橋努、染谷将太、高良光莉、山本裕典、田山涼成。「リング(1998)」「らせん(1998)」「 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月14日 (月) 20時56分

» 貞子3D/石原さとみ、田山涼成 [カノンな日々]
話題になった渋谷駅前のプロモーション活動はもはやコメディの領域ではないかと思うのは私だけでしょうか?(笑) かつてはブラウン管から飛び出してきた貞子ですが、薄型テレビ、液 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 06時35分

» 『貞子3D』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
貞子3D [DVD]クリエーター情報なしメーカー情報なし 『貞子3D』 2012年(日)監督:英勉 ●自虐的ホラーの良作  「Sの復活」という言葉は、「約10年ぶりとなる『リング』シリーズの最新作」といった本作の映画史的状況を踏まえた自虐的台詞であることは明らかだ。...... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 10時30分

» 「貞子(3D)」みた。 [たいむのひとりごと]
相棒のお供で鑑賞。別に相棒一人で観に行ってもらっても全然問題ないのだけれど、映画PR文句である「観ないと呪う。観ても呪うけど。」から「観ないと呪われちゃうよ」「いや、観たって呪われるんでしょ?」の押収... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 16時43分

» 「貞子3D」貞子にお前だ!と追われた先にみた恐怖の経験値の差と怖いだけでは限界の貞子の恐怖 [オールマイティにコメンテート]
「貞子3D」は1998年に大ヒットした映画「リング」の鈴木光司原作の「エス」を映画化した貞子シリーズの続編で呪いの動画を見た人が次々と謎の死を遂げる事件が続いている中で ... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 00時07分

» 貞子3D [象のロケット]
鮎川茜が勤める女子高で、ある男の自殺を生中継した動画が噂となる。 その動画を見た者は全て死んでしまうのだ。 そんな時、茜の教え子・典子が不可解な死を遂げる。 さらに、各地でも同じような不審死が相次いだ。 警察は一様に自殺と断定するが、みな共通して死の直前にある動画を見ていたことがわかる。 その動画からは、「お前じゃない…」という女の声が聞こえるのだった…。 ホラー。... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 09時35分

» 「貞子3D」 [大吉!]
<水曜日> (TOHOシネマズ・邦画3D・女性サービスデー・10時30分〜・96分) 3Dのみで、TOHOしか上映していないので、行って参りました。 サービスデーなのと、3Dメガネ持参で1300円で鑑賞。 ニコ動の生中継で、ある男が自殺した。 その動画は削除されてもネット...... [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 00時10分

» 貞子3D [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
貞子3D --復活 (角川ホラー文庫)クチコミを見る名作ホラー「リング」の人気キャラ“貞子”が3Dで飛び出してくる「貞子3D」。この映画、方向性を間違ってないか?!女子高の教師の茜は ... [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 10時09分

» 貞子3D [だらだら無気力ブログ!]
もうタイトルからして・・・どんな程度なものか推測できる・・・。 [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 01時56分

» 貞子3D 3D [そーれりぽーと]
Jホラー界のヒール・クイーン貞子がスクリーンに帰ってきた。 『貞子3D』を観てきました。 ★ 「お前じゃない」やない! 「これじゃない」や! 観たかったのはコレジャナイ! 一瀬隆重も、中田秀夫も、高橋洋も携わっていない。 鈴木光司が久しぶりに書いたリングの系...... [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 23時45分

» 映画「貞子3D」 [FREE TIME]
映画「貞子3D」をレイトショーで鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2012年5月19日 (土) 08時22分

» 「貞子3D」 [みんなシネマいいのに!]
 「リング」は確かに怖かった。 演出もさることながら、呪いのビデオの映像が感覚的 [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 00時28分

» 貞子3D [ダイターンクラッシュ!!]
2012年5月13日(日) 21:15~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1500円(レイトショー1200円+3D料金メガネ持参300円) パンフレット:未確認 『貞子3D』公式サイト 今時ビデオも無い訳で呪いの動画となった。有線、無線を問わずネット上に接続されているディスプレイから身を乗り出すことが可能な貞子。一部ネットに接続されていなさそうなものにも登場しているけど。 身を乗り出すだけで、外には出てこれないのだが、どういう訳か、後半、例の井戸からヒルコみたいな姿でわんさか出てくる。 ※ヒルコ... [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 22時01分

» 貞子3D  監督/英 勉 [西京極 紫の館]
【出演】  石原さとみ  瀬戸 康史  田山 涼成 【ストーリー】 鮎川茜が教師を勤める女子高で、動画サイトに投稿された、自殺を生中継した映像が噂となる。しかも、その生中継を偶然見ていた人も死んでしまったという。茜の教え子・典子が不可解な死を遂げ、さらに時を...... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 20時23分

» 【映画】貞子3D [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:映画館で観た映画※ 大分、辛口です。楽しんで見れた方は注意してください。概要の説明をする必要性も感じないくらい。 内容が薄い映画でしたね どんな駄作でも面白さを見出すんですが、 唯一面白さを感じたのは…3Dってことぐらい(笑) 要するに映像頑張りましたね!って以外に何にも残らない。 ホラーってよりは、最後の方はゾンビ映画とかになる。 モンスター型の貞子がたくさんいます…。 何故かわからないけど、普通の女性が倒しちゃうっていう流れがあったりと まとまりもありません 本来、日本のホラー... [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 12時34分

» 「貞子3D」:ああ「リング」は名作だったなあ [大江戸時夫の東京温度]
映画『貞子3D』が、予想以上にどうしようもなくつまらなかったです。「貞子を飛びだ [続きを読む]

受信: 2012年6月10日 (日) 22時22分

« 幸せの教室/Larry Crowne | トップページ | レンタネコ »