« 外事警察 その男に騙されるな | トップページ | 私が、生きる肌/La piel que habito »

2012年5月28日 (月)

ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris

Photo 語り部ウディ・アレンが第84回アカデミー賞脚本賞受賞したファンタジー・コメディ。1920年代のパリを黄金期と信じて疑わない主人公がタイムスリップし、過去の著名な芸術家たちと不思議な交流す姿を描いている。主演はオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディら超豪華な面々が顔を並べる。
>>公式サイト

知識があればもっと楽しめたハズ

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

本国ではウディ・アレン最大のヒット作となった本作、確かに面白かった。しかし芸術的知識があればもっと面白かったのではないかと痛感した作品でもある。物語の主人公はハリウッドの売れっ子脚本家でありながら現在は小説を執筆中のギル(オーウェン・ウィルソン)。彼は婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに大好きな街パリを訪れるのだが、ひょんなことから自らが黄金期と信じて疑わない1920年代のパリにタイムスリップしてしまうのである。そこで彼は敬愛する数々の芸術家たちと出会うことに。この作品のポイントの一つはこの芸術家たちとの出会いにあるのだが、残念ながら私には彼らのウチの数人の名前を聞いたことがあるという程度の知識しかないのだ。

02

03

ジャン・コクトー主催のパーティーではスコット・フィッツジェラルド夫妻(って誰?)やコール・ポーター(って誰?)と出逢い、スコットに連れられて行ったバーでヘミングウェイ(コリー・ストール)に紹介されると、彼の案内でガートルード・スタイン(って誰?:キャシー・ベイツ)のサロンを訪問。更にそのサロンでパブロ・ピカソとその愛人アドリアナ(マリオン・コティヤール)と出逢う。さて、ここまででも既に数人が一体どんな人物なのか全く知らない。流石に知っている名前の人物であっても、例えばヘミングウェイの作品は一冊も読んだ事がないし、ピカソに関しても何の知識もないので、ギルが驚いてポカーンとする姿は可笑しくても、彼らが語るセリフの面白味が理解できない。

04

05

この後も例えばエイドリアン・ブロディが演じるサルバドール・ダリに関しては画家であるという知識しかないのでがサイが」と話すセリフの意味がわからず、ただその場の雰囲気だけで笑っていただけだし、ドガやゴーギャンに関しても同じだった。まったくウディじいさんはやけに敷居の高い物語を紡いでくれたものだと思う。と言うワケで、この手のコメディ部分は正直言って完全においていかれたきらいがあった。ただ、それではこの作品がどうだったか問われたら、私は中々面白かったと答えるだろう。何故ならまず登場する俳優がヤケに豪華だから。婚約者がレイチェル・マクアダムスで、タイムスリップ先で恋に落ちるのがマリオン・コティヤールとは全く羨ましい限りである(笑)

06

07

どちらも飛び切りの美しさで、レイチェルとマリオンはそれぞれの時代性を感じさせてくれたと思う。更に、キャシー・ベイツの演技からは誰だかわからないけれど、サロンの女主人としての重さや、芸術への深い素養が感じられたし、ブロディのダリは雰囲気で笑わされたと書いたが、そのエキセントリックな芝居が「ダリってこんなヤツなの?」といやに身近に感じられたのも可笑しい。ついでに言えば、マイケル・シーンが演じたイネズの男友達ポールがやたらと知識をひけらかす姿はとてもウザいし、必要以上にイネズに親しげなのにはイラッとさせらる。ただ、それに対してギルが実際にその時代に仕入れてきた情報を披露するシーンでは小さなカタルシスも得られたりするのが小市民的で嬉しい。

08

09

そもそもストーリーの大筋はギルが自分の小説やアドリアナとの恋愛を通じて、自らの過ちに気付き自分に正直に生きようとするというもので、極論すれば芸術家たちを全員知らなくてもお話としては楽しめるようになっているのだ。ギルはアドリアナと相思相愛になるけれど、彼が1920年代のパリやその時代の芸術家に憧れ感動するのと同様に彼女はドガやゴーギャンのいた1890年代に憧れていた。ギルにとってのパリの黄金期は彼女にとっては“今”であり、2人のそれは決して一致しないのだ。要するに黄金期などと言うものは存在しないし、強いて言うならば“今”が黄金期であり、またそうなるようにしなくてはいけないのだということにギルは気付くのである。

10

11

実はこの話、私は既視感を覚えた。私の尊敬する大ベテランの映画ファンの方が“昔の映画は良い”というのは、“昔に作られた作品だから”良いのではなく、“現代まで語り継がれて来るほど優れた作品だから”良いのだとおっしゃっておられたのだ。これは正に至言であり、今回の物語の主題に等しい。最もそれに気付いたギルが自分に正直になってイネズと別れ、街の雑貨屋の女性とくっつくというのはちと性急に過ぎる気がしないでもないが…。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:日本版とか作れないかな?(笑)
総合評価:75点

作品情報
キャスト:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン
監督:ウッディ・アレン
製作:レッティ・アロンソン、スティーブン・テネンバウム、ハウメ・ロウレス
製作総指揮:ハビエル・メンデス
脚本:ウッディ・アレン
撮影:ダリウス・コンジ
美術:アン・セイベル
編集:アリサ・レプセルター
衣裳:ソニア・グランデ
原題:Midnight in Paris
製作国:2011年スペイン・アメリカ合作映画
配給:ロングライド
上映時間:94分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 外事警察 その男に騙されるな | トップページ | 私が、生きる肌/La piel que habito »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45436227

この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイト・イン・パリ/Midnight in Paris:

» ミッドナイト・イン・パリ [Memoirs_of_dai]
ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本家として...... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 01時31分

» ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS [いい加減社長の映画日記]
「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。...... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 04時13分

» ミッドナイト・イン・パリ [KATHURA WEST]
こんな絵見せつけられたら、行かないわけにはいかないでしょう。 《時空が歪んでいる》 《ゴッホが呼んでいる》 公開初日観てきた。(公開初日に劇場にのこのこ出かける映画ってあったけ) 12時過ぎ、鐘が鳴ると、《プジョークラシックカー》のお迎えがあり、1920代にタイムスリップ。タイムスリップ装置はびっくりするくらい簡単だが、そこから登場するアーチスト達の豪華なこと。 《ワァ》 《アレー》 主人公ギルは眼を白黒、頭はパニック状態。 観ているこっちはもう感激いっぱい。 いろんなビッ... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 06時02分

» ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の1本 アカデミー賞で脚本賞、ゴールデングローブ賞作品賞受賞! 2004年、NYから舞台をヨー...... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 08時28分

» ミッドナイト・イン・パリ [佐藤秀の徒然幻視録]
パリの狂気の星空を覆う救いの雨 公式サイト。原題:Midnight In Paris。ウディ・アレン監督、オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、レア・セド ... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 08時46分

» 映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
Midnight in Paris [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】 ハリウッ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 09時00分

» ミッドナイト・イン・パリ/オーウェン・ウィルソン [カノンな日々]
『人生万歳!』でニューヨークへと戻ったウディ・アレンがヨーロッパへとまた帰ってきたわけですが、今作の舞台は本拠地のロンドンではなくタイトルにあるようにパリです。そして予 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 09時14分

» ミッドナイト・イン・パリ [新・映画鑑賞★日記・・・]
【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニーナ・アリ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 11時44分

» ミッドナイト・イン・パリ [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 スペイン&アメリカ  コメディ&ファンタジー&ドラマ  監督:ウディ・アレン  出演:キャシー・ベイツ      エイドリアン・ブロディ      マリオン・コティヤー ... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 14時34分

» ミッドナイト・イン・パリ [Akira's VOICE]
パリふれあい街歩き。   [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 17時40分

» ウディ・アレン監督『ミッドナイト・イン・パリ』(Midnight in Paris) [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容、台詞に触れています。ウディ・アレンの監督生活47年、監督作42本目にして自己最高の興行成績を樹立した『ミッドナイト・イン・パリ』本作でゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞。アカデミー賞では作... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 19時01分

» 『ミッドナイト・イン・パリ』 [ラムの大通り]
(英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代のパリに行って、 歴史に名を残す著名な人たち、 ピカソやヘミングウェイなどと会うってお話でし...... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 22時32分

» 『ミッドナイト・イン・パリ』 [こねたみっくす]
これはパリでしか撮れない大人の洒落た映画です。 第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞したウディ・アレン監督の最新作は、アメリカなんぞでは絶対に撮れない、過去と現代が共存して ... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 23時23分

» ミッドナイト・イン・パリ [映画 K'z films 2]
Data 原題 MIDNIGHT IN PARIS 監督 ウディ・アレン 出演 オーウェン・ウィルソン  レイチェル・マクアダムス  マリオン・コティヤール  キャシー・ベイツ  マイケル・シーン 公開 2012年 5月... [続きを読む]

受信: 2012年5月28日 (月) 23時39分

» ミッドナイト・イン・パリ [悠雅的生活]
午前零時。憧れの時代。雨の中の散歩。 [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 00時40分

» 映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監督賞/脚本賞/美術賞) という中、さっそく。 環境は英語で(字幕は中国...... [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 05時57分

» 『ミッドナイト・イン・パリ』 12時のプジョー [Days of Books, Films ]
Midnight in Paris(film review) シンデレラは深夜1 [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 15時50分

» 「ミッドナイト・イン・パリ」 心地よい巨匠のお遊び [ももたろうサブライ]
監督 ウディ・アレン [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 21時26分

» ミッドナイト・イン・パリ [象のロケット]
ハリウッドの売れっ子脚本家の男性ギルは、ワンパターンな仕事に虚しさを感じ、作家への転身を夢見ていた。 婚約者イネズと彼女の両親と共にパリへやって来た彼は、真夜中にほろ酔い気分で旧式の黄色いプジョーに乗り込む。 到着したのはなんと1920年代のパリ。 作家のスコット&ゼルダ・フィッツジェラルドやアーネスト・ヘミングウェイと知り合いになるのだが…。 ロマンティック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 00時24分

» 『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう [映画のブログ]
 一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加...... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 00時24分

» 迷子の旅人~『ミッドナイト・イン・パリ』 [真紅のthinkingdays]
 MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)と憧れのパリにやってき た。何...... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 08時24分

» 「ミッドナイト・イン・パリ」隣の芝生 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ウッディ・アレン監督作品は初体験。 「隣の芝は青い」という単純明快なテーマを、パリならではのノスタルジックでアーティスティックな世界と、ウィットに富んだ大人のジョークで包んだお洒落な作品。... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 14時34分

» ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは...... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 23時17分

» ★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★ [Cinema Collection 2]
MIDNIGHT IN PARIS 真夜中のパリに 魔法がかかる 上映時間 94分 製作国 スペイン/アメリカ 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2012/05/26 ジャンル コメディ/ファンタジー/ロマンス 映倫 G 人気ブログランキングへ 【解説】 本国アメリカではウ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 1日 (金) 14時04分

» ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris [勝手に映画評]
酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内容です。ティーパーティー運動の事に触れていたり、アメリカ人...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 2日 (土) 08時47分

» ミッドナイト・イン・パリ [映画のメモ帳+α]
ミッドナイト・イン・パリ(2011 スペイン・アメリカ) 原題   MIDNIGHT IN PARIS 監督   ウディ・アレン 脚本   ウディ・アレン 撮影   ダリウス・コンジ 音楽   ステファン・レンベル 出演   オーウェン・ウィルソン レイチェル・マクアダムスィ       マイケル・シーン カーラ・ブルーニ       キャシー・ベイツ マリオン・コティヤール       エイドリアン・ブロディ コリー・ストール 第84回(20111年)アカデミー賞脚本... [続きを読む]

受信: 2012年6月 2日 (土) 09時55分

» 「ミッドナイト・イン・パリ」 [みんなシネマいいのに!]
  いや、マジでネタじゃないんだけど、「ラストタンゴ・イン・パリ」だと思いこんで [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 09時59分

» 『ミッドナイト・イン・パリ』 (2010) / アメリカ・スペイン [Nice One!! @goo]
原題: MIDNIGHT IN PARIS 監督: ウディ・アレン 出演: キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ 、マリオン・コティヤール 、オーウェン・ウィルソン 、 レイチェル・マクアダムス 、マイケル・シーン 公式サイトはこちら。 苦手な...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 14時13分

» ミッドナイト・イン・パリ [心のままに映画の風景]
ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗し、憧れのパリを訪れた。 ある日、真夜中の街を彷徨っているギルの目の前に、一台のクラシ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 15時46分

» ミッドナイト・イン・パリ [とりあえず、コメントです]
ウディ・アレン監督&脚本のコメディ最新作です。 夜中のパリにタイムスリップするって面白そうだなと公開を楽しみにしていました。 芸術家たちが華やかに集う様子にワクワクしながら主人公と共にパリをさまよえるような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 16時50分

» ミッドナイト・イン・パリ [だらだら無気力ブログ!]
当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。 [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 19時22分

» ミッドナイト・イン・パリ [食はすべての源なり。]
ミッドナイト・イン・パリ ★★★★☆(★4つ) 第84回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞にもノミネートされ、脚本賞を受賞 ハリウッドで売れっ子の脚本家ギルは、婚約者アィネズと彼女の両親とともにパリに遊びに来ていた。パリの魔力に魅了され、小説を書くためにパリへの引越しを決意するギルだったが、アィネズは無関心。 そんな彼は、1920年代のパリにタイムスリップし、アーティストたちと巡り合う奇跡の日々をつづる。 ウッディアレンは「人生万歳」から好きになってて、楽しみにしてました♪残... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 22時59分

» 「ミッドナイトインパリ」 [Con Gas, Sin Hielo]
夢は夢のままで。 80歳を目前にして、これまでで最高の興行収入を記録したというW.アレン監督作品。 それだけでも驚きだが、この年齢になってNY以外の都市を舞台に新作を作り続ける彼の意欲にも脱帽する。 パリに行ったことはないが、本作で描かれる現代そして1920年...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 01時11分

» ミッド・ナイト・イン・パリ [迷宮映画館]
素敵な時間、夢の時間、魔の時間? [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 12時30分

» ミッドナイト・イン・パリ/解りあえない僕とキミの物語 [映画感想 * FRAGILE]
ミッドナイト・イン・パリMidnight in Paris/監督:ウッディ・アレン/2011年/スペイン、アメリカ 真夜中のパリには、魔法がかかっている。 ウディ・アレン監督作品は初めてです。おじいちゃん。なぜ今まで見てこなかったんだろう? と思うんですが、まあ、めぐり合わせがないときもありますからね。 あらすじ:真夜中のパリは1920年代につながっていました。 売れっ子脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とその両親とともにパリへ旅行... [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 20時54分

» ミッドナイト・イン・パリ [こんな映画見ました〜]
『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 23時51分

» アレン流 タイムスリップ! [笑う社会人の生活]
映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの1920年代にタイムスリップしてしまい… ウディ・アレン監督作品 いや〜 ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 6日 (水) 18時45分

» 映画・ミッドナイト・イン・パリ [読書と映画とガーデニング]
2011年 スペイン=アメリカ合作 原題 Midnight in Paris 2010年 ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)の両親の出張のご相伴に預かり憧れの街パリを訪れる パリの屋根裏部屋での暮らしを...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 7日 (木) 19時34分

» ミッドナイト・イン・パリ [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆ 小説家志望で、社交性のない主人公ギルをオーウェン・ウィルソンが熱演し、その婚約者イネズをレイチェル・マクアダムスが演じているのだが、なぜかネットでのキャスト紹介では、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニなどの名が先行している... [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 12時19分

» 映画「ミッドナイト・イン・パリ」戻れるならいつの時代が良いだろうか [soramove]
「ミッドナイト・イン・パリ」★★★★ オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、 キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ 、 マリオン・コティヤール、マイケル・シーン出演 ウディ・アレン監督、 94分、2012年5月26日公開 2011,スペイン、アメリカ,ロングライド (原題/原作:Midnight In Paris ) 人気ブログランキングへ">>→ ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 23時49分

» 「ミッドナイト・イン・パリ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2011年・スペイン・アメリカ/配給:ロングライド 原題:Midnight in Paris 監督:ウッディ・アレン 脚本:ウッディ・アレン 撮影:ダリウス・コンジ 製作:レッティ・アロンソン、スティ [続きを読む]

受信: 2012年6月10日 (日) 13時24分

» ミッドナイト・イン・パリ(2011)☆彡MIDNIGHT IN PARIS [銅版画制作の日々]
 真夜中のパリに魔法がかかる 好き度:=90点 MOVIX京都にて鑑賞。 ロマンチック☆★な大人の絵本って感じでお洒落。アレンおじさん傑作作品ですね。 オーエン・ウィルソンはどちらかというとちょっと苦手なのですが。この作品ではとてもハマり役でなかなか良かった...... [続きを読む]

受信: 2012年6月16日 (土) 23時32分

» ミッドナイト・イン・パリ      評価★★★★92点 [パピとママ映画のblog]
午前0時の時計台の鐘に導かれ、芸術家たちとの夢の一夜へ 第84回アカデミー賞脚本賞を受賞し、ウディ・アレン作品としては全米で最大のヒットを記録した、ファンタジック・コメディ。 あらすじ:ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)...... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 14時27分

» 「ミッドナイト・イン・パリ」 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
ウディ・アレンなら何でも許される。 今回は、恋人とパリを訪れた男が自分だけ1920年代にタイムスリップしてしまう話。 もちろん、ウディ・アレンだから派手な特撮とかはいっさいなし。馬車に乗っただけで、ひょいっと時間を越えてしまう。 そこで出会うのが、ヘミ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 17時41分

» ミッドナイト・イン・パリ [foggyな読書]
タイム・ファンタジーです。 子どものときに読んだ「トムは真夜中の庭で」にみたいなお話。 でもこの映画の主人公ギルは少年じゃなくて、イイ年したおじさん。 ある友人は「ウディ・アレンが得意じゃないから、観るかどうか悩んでいる」と言ってました。 私は実は初ウディ・アレンでして、「苦手かどうか」試してみました。 結論としては、、、うーん、特に「得意」ということはないかもねー。 主人公の男性にはいらいらしました。 でもああいう役なんだからししょうがない。(でも魅力無いんだわ。) と... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 21時05分

» ミッドナイト・イン・パリ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
70歳代後半の今も、コンスタントに新作を発表している人気監督&コメディアンのウッディ・アレン。ニューヨークを美しく描く監督として知られていたが、近年はヨーロッパに活動 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 22時09分

» 「ミッドナイト・イン・パリ」 [或る日の出来事]
パリの真夜中、過去へタイムスリップ!? [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 07時54分

» 『ミッドナイト・イン・パリ』 [beatitude]
ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに愛するパリを訪れる。ワンパターンの娯楽映画のシナリオ執筆に虚しさを覚えているギルは、作家への転身を夢見て、ノスタルジー・ショップで働く男を主人公...... [続きを読む]

受信: 2012年6月22日 (金) 01時17分

» 「ミッドナイト・イン・パリ」:昔のアレンが演じたらなぁ [大江戸時夫の東京温度]
映画『ミッドナイト・イン・パリ』は、初めてパリを舞台としながらも、まさにウディ・ [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 00時25分

» [洋画] 知識があればもっと楽しめたかな「ミッドナイト・イン・パリ」 [窓の向こうに]
題名ミッドナイト・イン・パリ(原題:Midnight in Paris) 監督ウディ・アレン 脚本ウディ・アレン 出演オーウェン・ウィルソン(ギル・ペンダー、作家志望)、レイチェル・マクアダムス(イネス、ギルの婚約者)、カート・フラー(ジョン、イネスの父)、ミミ・ケネディ(... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 06時02分

» ミッドナイト・イン・パリ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足を運びました。  本作は実に他愛ない内容で、1920年代のパ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月11日 (水) 06時18分

» ミッドナイト・イン・パリ [メルブロ]
ミッドナイト・イン・パリ(原題: MIDNIGHT IN PARIS) 410本目 2012-22 上映時間 1時間34分 監督 ウッディ・アレン 出演 オーウェン・ウィルソン(ギル) 、 キャシー・ベイツ(ガ ... [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 00時08分

« 外事警察 その男に騙されるな | トップページ | 私が、生きる肌/La piel que habito »