« 私が、生きる肌/La piel que habito | トップページ | バッド・ティーチャー/Bad Teacher »

2012年5月30日 (水)

先生を流産させる会

Photo_2 2009年に愛知県の中学校で実際に起きた事件をヒントに作られた問題作。担任の教師の妊娠に対して、思春期ならではの不安定な感情から嫌悪感を抱き“先生を流産させる会”を結成した女子中学生と先生の姿を描く。女子中学生たちを演じるのは、本作で映画初出演を果たした少女たち。先生役は宮田亜紀が務める。監督は『牛乳王子』で注目された内藤瑛亮。
>>公式サイト

叩かれるような問題作じゃない

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

ツイッター上で本作の映画化に対して賛否両論論じられていたこともあって、ならばと初日に鑑賞に行ってみた。場内は満員立ち見で、本作に対する興味の大きさが覗える。で、結論からすると思ったよりもずっとライトでエンタテインメントな作品だった。言葉はあまり良くないが、別に衝撃の問題作というほどでもない。元々2009年に愛知県で実際にあった出来事をヒントに映画化されたものだが、そもそも監督は「先生を流産させる会」という言葉そのものに大きなショックを受けたのだそうだ。それには全く同感である。「先生を殺す会」はあくまで先生個人の存在否定だが、「先生を流産させる会」は新たなる生命の否定に他ならない。むしろ生徒たちの持つ心の歪みは後者の方が遥かに大きい。

02_2

03_2

作品内では本来男子生徒だったのを劇中では女子生徒に変わっている。同性である女の子たちが妊娠そのものを「キモい」と言ってしまうその妙に生々しい心情は思春期だからと言うだけでは説明のつかない禍々しさを感じた。いずれにしても女性とたちの無邪気な笑顔の裏側に、どうしてそんな感情が巣食うのか。ただ物語では“先生を流産させる会”の5人全てがそうではなく、個人差はある。というよりリーダー格であるミヅキ(小林香織)の人格が大半であり、残りの4人は彼女に引きずられたと言ってよい。とはいえその無邪気な悪意こそが最も始末におえない。私のような世代的にも性別的にも違うオヤジはもちろん、かつて女子中学生だった女性の皆さんも人によっては理解し難いのではないか。

04_2

05_2

さて、少し意外だったのは、女性とたちが先生に仕掛ける悪意ある嫌がらせが2つしかなかったことだ。理科の時間にチョロまかした薬品を先生の給食のスープに混ぜたのと、椅子の背もたれに細工して寄りかかったら倒れるようにしたこと、これだけだ。もちろん流産させるどころか下手すれば先生が死ぬかもしれない悪質さだが、陰湿的というには手ぬるいと感じた。それどころか、この2回で先生の方が“先生を流産させる会”の存在に気付き、そのメンバーを特定して反撃を始めてしまうのだ。どうもこの辺がやけに脚本的にアッサリ風味だ。要するにこの程度では観ている私たちには女生徒に対する憎しみまでは湧かないし、反撃を試みる先生の姿からはむしろ大人の嫌らしさすら感じてしまう。

06_2

07_2

だからせっかくの「私は赤ちゃんを殺した人間を殺す。先生である前に女なんだよ」という強烈なセリフも、何だか言った先生の方がおかしいかのように感じられてしまった。やるなら徹底的には悪者になってもらう方が、女生徒たち自身の不安定な心のあり方が際立つと思うし、先生の復讐心も馴染むと思う。このやや弱いキャラクターの先生と生徒を押さえて強烈な印象と、とてつもないムカツキを残してくれたのがメンバーの一人のモンスターペアレンツだ。いやはやすべては自分の娘を中心に回っていて、悪いのは全て学校と先生いうスーパー理論は一体どこから来るのか。モンスターというよりただのバカ親なのだが、こんなバカが本作とは別に現実に多数いるのだから世の先生方には心から同情する。

08_2

09_2

というよりこの作品を観てすら、この女生徒たちのどこが悪いの?と言い出しそうで怖い。もっともこのバカが物語のキーマンになるのだから、これはこれでイヤらしい(笑)佐和子が女生徒たちを特定したあとはもう女と女の戦いだ。ただ女性同士の戦いというと普通もっと陰湿かと思いがちなのだが、案外そうでもない。むしろ佐和子が女生徒たちをどうやり込めていくのかを面白く観ていた。一つだけ思ったのだが、ミヅキが理科室から薬品を無断で持ち出すシーン、いくらなんでも危険物の管理が杜撰すぎやしないか?(苦笑)佐和子の策略?で孤立したミヅキは、最終的に仲間をも裏切り、彼女とタイマン勝負。見事佐和子を流産させることに成功するも、裏切った仲間の母親に襲われるのだった。

10_2

11_2

この時、ミヅキを襲ったのがくだんのバカ親だった。そしてそれに対して佐和子は身を挺して彼女を守るのである。あれまぁ、最後には自分の赤ん坊よりも生徒ですか…とこれにはいま一つ釈然としない。この辺が最初にエンタテインメントな作品と描いた所以だ。とことん徹底的に人間のどす黒さに迫るというよりは、エンディングに向かって希望を持たせる作りは綺麗にまとまっていた。例えばラストの胎児の埋葬シーンで、私はもしかしたらその胎児を見せるぐらいの毒はあるかと期待したのだが。結局文穂の心の闇はどこから来たのかは解らない。劇中でそうであるように、この年代の少女全員がミヅキのようでは無い。だとすれば彼女には彼女が特にそうなった理由があると思うのだ、単に思春期だからという以外に。それが観たかった。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:音楽が凄くいいです!
総合評価:70点

作品情報
キャスト:宮田亜紀、小林香織、高良弥夢、竹森菜々瀬、相場涼乃、室賀砂和希、大沼百合子
監督:内藤瑛亮
製作:内藤瑛亮
脚本:内藤瑛亮
脚本協力: 佐野真規、松久育紀、渡辺あい
撮影:穴原浩祐
照明:星野洋行
録音:黒須健
美術:原太一
特殊造形:有田尚史
編集:冨永圭祐
整音:中瀬慧、黄永昌
製作国:2011年日本映画
配給:SPOTTED PRODUCTION
上映時間:62分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 私が、生きる肌/La piel que habito | トップページ | バッド・ティーチャー/Bad Teacher »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45458611

この記事へのトラックバック一覧です: 先生を流産させる会:

» 先生を流産させる会/先生、妊娠してるんだよね。気持ち悪くない? [映画感想 * FRAGILE]
先生を流産させる会Let's-Make-the-Teacher-Have-a-Miscarriage Club/監督:内藤瑛亮/2011年/日本 「生まれる前なら、死んだっていいんじゃないですか?」 2009年に実際に起きた、中学生男子が妊娠中の教諭にいたずらをした事件をモチーフにしています。 自主制作映画です。タイトルと予告を見た時には不快な気持ちになりましたし、こんな映画作って大丈夫か? と思いましたけれども、本編を見てみましたら、62分の中にみっちり詰めこんだ感じがしてとても良かったです... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 08時59分

» 先生を流産させる会 [コツコツと映画を観てます。]
ユーロスペースにて、かなりの立ち見も出る中で、鑑賞しましたよ。 先生を流産させる会 公式サイト 解説: 『牛乳王子』で注目された内藤瑛亮が、愛知県の某中学校で実際に起きた事件を下敷きにして放つ異色ドラマ。思春期特有の不安定な感情が性への嫌悪感へとつながってしまった女子中学生たちが、妊娠した担任女教師を流産させようとたくらむ姿を鮮烈なタッチで映し出す。小林香織を筆頭に、本作で映画初出演を果たした少女たちが無垢(むく)な悪意をさらけ出す中学生を熱演して圧倒的存在感を見せつける。衝撃的な題名... [続きを読む]

受信: 2012年6月 4日 (月) 15時14分

» 先生を流産させる会(2012-077) [単館系]
先生を流産させる会 ユーロスペース 中学校の教員・サワコは、妊娠4カ月目を迎えていた。 妊娠が伝えられた生徒たち。 中でも過敏に反応したのは、複雑な家庭環境に育ったミヅキたちのグループだった。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月13日 (水) 03時27分

» 『先生を流産させる会』 [ラムの大通り]
----この映画って大ヒットしているんだよね。 タイトルがきついけど…。 「そうだね。 実はこの物語は、 愛知県の某中学校で実際に起きた事件が下敷きになっている。 女子中学生たちが、セックスへの嫌悪感から 妊娠した担任女教師を流産させようと企む。 やがて映画は、 ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 22時09分

» 『先生を流産させる会』 (2011) / 日本 [Nice One!! @goo]
監督: 内藤瑛亮 出演: 宮田亜紀 、小林香織 、高良弥夢 、竹森菜々瀬 、相場涼乃 、室賀砂和希 、大沼百合子 観賞劇場: ユーロスペース 公式サイトはこちら。 単館レイトショー、しかも人気作品ということでなかなか行けませんでしたけど渋谷はしごの最後...... [続きを読む]

受信: 2012年6月17日 (日) 12時02分

» 無自覚な悪意が見事にまで気持ち悪い 映画“先生を流産させる会” [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★自覚のない悪意とコントロール不能な集団心理が見事にまで気持ち悪く描かれ、思春期の女の子達の気持ちをあれこれ想像させます。“先生を流産させる会”を引っ張るミヅキが妊娠した教師のサワコへの嫌がらせは単に思春期や家庭の事情からなのだろうか? 詳しくは本文をご覧いただければ幸いです。...... [続きを読む]

受信: 2012年7月14日 (土) 01時00分

» 「先生を流産させる会」先生を流産させようとした先にみた反抗する生徒と擁護する保護者に殺された子供の命の代償と反省のない生徒たちの実態 [オールマイティにコメンテート]
「先生を流産させる会」は2009年に愛知県で実際に起きた事件をモチーフに事件の概要を描いたフィクション作品である。実際に起きた事件ゆえにその多くは事件の概要を追ってい ... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 21時56分

» 『先生を流産させる会』 埋められたい願い [映画のブログ]
 「先生を流産させる会」という、これ以上ないほどの悪意を込めた会を結成した中学生たち。彼らの標的にされた女性教師。その同僚や上司の保身、親たちの支配欲。さらに傍観しながら笑っている大勢の生徒たち...... [続きを読む]

受信: 2012年7月21日 (土) 16時07分

» 「先生を流産させる会」:胸苦しい教育映画 [大江戸時夫の東京温度]
映画『先生を流産させる会』は、2009年に愛知県の中学校で起きた実際の事件をモチ [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 00時16分

» 『先生を流産させる会』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
総合文学ウェブ情報誌『文学金魚』の 連載批評「映画の表現型」に記事が掲載されました。 ⇒『先生を流産させる会』 この記事が気に入りましたら、 下記のバナーをポチッと押して、投票お願いいたします(・∀・)♪     #8659; にほんブログ村... [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 23時00分

« 私が、生きる肌/La piel que habito | トップページ | バッド・ティーチャー/Bad Teacher »