« ダーク・シャドウ/Dark Shadows | トップページ | GIRL ガール »

2012年5月19日 (土)

映画「紙兎ロペ」つか、夏休みラスイチってマジっすか!?

Photo_2 TOHOシネマズの上映前の幕間ムービーとして上映されてきた『紙兎ロペ』の長編劇場版。ゆるきゃらの紙兎ロペと紙リスのアキラ先輩が夏休み最後の一日に繰り広げる大冒険に密着した。AKB48の篠田麻里子やふかわりょう、LiLiCo、ピエール瀧といった豪華な面々が声優を務める。ぼっとしていると見逃してしまう小ネタに注意して欲しい。
>>公式サイト

気楽に笑っちゃおうw

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

最高に面白い。ただこれはこの手が好きな人には堪らないだろうが、興味を持てない人は全くどうでもいい作品だろう。TOHOシネマズ府中をホームシネコンとしている私は、お目当ての映画の前にショートアニメ『紙兎ロぺ』を観るため、必ず入場開始と共に劇場入りをしていたほどだ。もっとも沢山の映画を観る関係上、月に1本ペースのショートアニメだと多いときには10回ぐらいは同じものを観るハメになるのだが(苦笑)タイトルになっている紙兎のロペは主人公なのだが、彼と共に物語を進めて行くのが紙リスのアキラ先輩である。物語はロペの持つゆるゆるの展開をせっかちなアキラ先輩が締める形で展開されるが故に、この2人は常に一緒で初めてこの作品は成立する。

02_2

03_2

一応2人のホームタウンは東京の下町・葛飾区。下町というより田舎のヤンキー口調のアキラ先輩にロペは後輩としては逆らえないのだが、だからと言ってそこに強制感や苛めといったイメージは微塵もなく、非常に仲の良い先輩と後輩という凸凹加減が実に絶妙な会話のテンポを生み出している。そしてこの会話の妙こそがこの作品の命なのだ。ちなみにロペとアキラ先輩他一部を除いて前キャラを本作の監督である内山勇士がウチヤマユウジとして演じている。ただしアキラ先輩の方はボイスチェンジャーを通しているのだが(笑)さて、今回は長編映画版ということなのだが、実はよく観ていると基本は短編の集合体と言えるだろう。もちろん全体としては82分の一つの物語ではある。

04_2

05_2

ただ、それぞれのシークエンスごとにロペとアキラ先輩にプラスして他のキャラクターが登場し、その一団の中で繰り広げられる会話劇を楽しむという形態になっているのだ。一つのシークエンスで一つの背景と言うのが基本として話は進む。本作を観ようと思っている方はここで注意して欲しい。会話劇で存分に笑いつつ、その背景に散りばめられた小ネタを見逃さないようにして欲しいのだ。本作はそのゆるい作風とはうらはらに、まるで新海誠アニメのような写実的で詳細な背景が描かれており、そこにわかり易いものから、相当目を凝らして観ないと気がつかないものまで色々書き込まれている。「葛飾ミシシッピ川」の川べりに「沐浴禁止 聖なる川ではありません」なんてのは優しい部類のネタだ。

06_2

07_2

全体を通す軸は、夏休み最後の一日にも関わらず自由研究に手をつけていないアキラ先輩がそのテーマを“ツチノコ探し”と決め、ロペと共に探しに出かけるというものだった。その途中で綺麗なイヤリングを拾ったことから思わぬ事件に巻き込まれてゆく。このイヤリングがらみでアキラ先輩の姉が登場するのだが、その声をAKB48の篠田麻里子が演じていた。アキラ先輩以上に超上から目線で命令口調で自己中な姉の存在は、AKB48でマリコ様と唯一“様”付けで呼ばれる彼女にぴったりだ。(ちなみに決して彼女が自己中だとか言っている訳ではない。)他にもバカリズム、ふかわりょう、ピエール瀧といった実に個性的な面々が演じるキャラクターたちの掛け合いが面白くて仕方ない。

08_3

09_2

夏休み最後の一日を描いたということもあってか、どこかノスタルジックな雰囲気もあり終始笑いながらも心地良さを感じられるこの作品。今ここでゴチャゴチャ言うより観てもらえばその面白さが解ると思う。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:タイムカプセルには大爆笑だったなぁ
総合評価:78点

作品情報
キャスト:ウチヤマユウジ、篠田麻里子、バカリズム、ふかわりょう、ジョージ・ウィリアムズ、チャド・マレーン、LiLiCo、ピエール瀧
監督:内山勇士、青池良輔
企画:日下部雅謹
プロデュース:日下部雅謹
脚本:内山勇士、青池良輔
アニメーション演出:青池良輔
キャラクターデザイン:内山勇士
製作国:2012年日本映画
配給:東宝映像事業部
上映時間:85分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ダーク・シャドウ/Dark Shadows | トップページ | GIRL ガール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45315274

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「紙兎ロペ」つか、夏休みラスイチってマジっすか!?:

» 映画 紙兎ロぺ 〜つか、夏休みラスイチってマジっすか!?〜 [カノンな日々]
TOHOシネマズに映画を観に行った時には予告編やCMよりも先に上映される『紙兎ロぺ』も楽しみにしている私です。たぶん劇場で上映したものは第一作から全て目にしていると思うんです ... [続きを読む]

受信: 2012年5月19日 (土) 09時45分

» 『映画「紙兎ロペ」つか、夏休みラスイチってマジっすか!?』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『映画「紙兎ロペ」つか、夏休みラスイチってマジっすか!?』□監督・脚本 内山勇士、青池良輔□キャスト ウチヤマユウジ、篠田麻里子、バカリズム、ふかわりょう、ジョージ・ウィリアムズ、チャド・マレーン、LiLiCo、ピエール瀧■鑑賞日 5...... [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 08時46分

» 映画 紙兎ロぺ ~つか、夏休みラスイチってマジっすか!?~ [とりあえず、コメントです]
昨年までTOHOシネマズに行った時は予告編の前の楽しみになっていた“紙兎ロぺ”の長編アニメです。 あのロペが映画になるのも、夏休みを描いた作品なのに5月上映というところも可笑しくて気になっていました。 朝から夕方までアキラ先輩とロペの1日は、なかなかの楽しい冒険でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月20日 (日) 22時45分

» 映画 紙兎ロぺ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?  監督/内山勇士&青池良輔 [西京極 紫の館]
【声の出演】  ウチヤマユウジ(ロペ / アキラ先輩)  篠田麻里子  (アキラの姉)  バカリズム  (ボス猫) 【ストーリー】 東京の下町、葛飾区。昭和の香りが色濃く残るこの町で、高校2年生の紙兎ロペと、同じ高校に通う3年生・紙リスのアキラ先輩は暮らしてい...... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 21時16分

» 「映画 紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?」@東宝試写室 [新・辛口映画館]
 映画のキャラクター設定にちなみ“先輩後輩試写会”という、なんらかの先輩後輩二人組みが招かれた試写会だ。試写会は第一試写室と第二試写室をW使用した。私の見た第一試写室は9割くらいの客入り。... [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 00時08分

» 映画「紙兎ロぺ」 つか、夏休みラスイチってマジっすか!? [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
独特のユルさが人気のアニメがついに長編映画になった「映画「紙兎ロぺ」 つか、夏休みラスイチってマジっすか!?」。細部に目を凝らすと楽しめる。東京の下町、葛飾区。地元をこ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 10時01分

» 『映画「紙兎ロペ」つか、夏休みラスイチってマジっすか!?』・・・ロペとアキラ先輩の長~い一日 [SOARのパストラーレ♪]
『紙兎ロペ』はTOHOシネマズにて2009~2011年に公開作品の幕間に上映されていたショートアニメで、予告編やマナーお知らせの前に上映されるため、TOHOで観るときにはこれを見逃すまいと早めに席に着いたものである。そう、私、ロペの大ファンなのだ。DVDも2枚・・・いや昨日の本作鑑賞後に第3弾を買ってきたので現在3枚所有!(笑)... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 00時44分

» 「映画 紙兎ロペ」 [大吉!]
<木曜日> (5月16日・TOHOシネマズ・女性サービスデー・邦画アニメ・14時〜・82分) 当日、2本目は「映画紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?」を観ました。 これも当然ながら、TOHOしか上映してなかったので。 TOHOシネマズで、映画が始まる前に上映...... [続きを読む]

受信: 2012年5月27日 (日) 23時38分

« ダーク・シャドウ/Dark Shadows | トップページ | GIRL ガール »