« GIRL ガール | トップページ | ザ・マペッツ/The Muppets »

2012年5月21日 (月)

虹色ほたる ~永遠の夏休み~

Photo 川口雅幸原作の人気小説を映画化。とある里山でタイムスリップした少年が、1977年の一夏をそこで過ごした姿を描いた青春ドラマだ。監督は『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』の宇田鋼之介。運命的な出会いをした主人公の少年と少女の淡い恋愛物語の行く末にも注目だ。
>>公式サイト

時をかける少年

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

これは殆ど期待していなかっただけに予想外に良い作品だった。主人公の少年ユウタ(声:武井証)がとあるキッカケで1977年にタイムスリップしてしまい、そこで夏休みの一ヶ月を過ごすという『時をかける少女』ならぬ「時をかける少年」の物語だ。まずこの作品を観て一番最初に誰もが感じるのはその人物作画だろう。まるである種の水墨画でも見るかのようなシンプルな画はクライマックスには劇画調に変化したりするものの、基本的には微細な表情を描き出すことには向いていないと思う。当然ながら好き嫌いも分かれるだろうし、むしろ嫌いな人の方が多いのではないだろうか。ただ私はこの作品に関してはこの画が良く合っている様に感じた。

02

03

最初ユウタが向かったのはダム湖のある山里だ。目的は昆虫採集。今は亡き父と共にやってきたその場所で彼は不思議な老人にであい、所望されるがままに飲み物を差し出すのである。実はその不思議な老人がタイムスリップのキーマンなのだが、具体的なことは解らない。ともあれユウタは1977年に飛び、ダムに沈む前の村でさえ子(声:木村彩由実)という少女と出逢うのだった。先ほど画が合っていると書いたが、こうした山里の風景やタイムスリップといった日本昔話的というか、和風のSFを表現するのにはこのどこかアナログな画風が良くハマっていると思うのだ。さえ子だけでなく彼女の隣の家に住むケンゾー(新田海統)とは秘密の場所に虫取りに行くことで直ぐに打ち解ける。

04

05

ちなみに、もっとも不思議な老人の力で、ユウタはさえ子の従兄弟ということが当たり前の世界観になっている。このまま単にタイムスリップした少年が楽しい夏休みを過ごし、親友ケンゾーができ、さえ子と淡い恋心が生まれて、最終的に現代に戻るだけならそう大した話ではない。まずユウタとさえ子の人物像の設定が上手く更に、それを村での楽しい生活の中に織り込ませながら描き切っているところが良いのだ。ユウタは事故で亡くした父に対する想いを、そして同じようにさえ子は事故で亡くした兄への大切な想いを胸に抱いていた。そしてその2人の死が無関係なものではなく、密接に絡んだものであることが判るのである。そう、即ちさえ子もタイムスリップでこの村にやってきた少女だったのだ。

06

07

文章で書くと簡単だが、それが判るまでにはユウタたたちの村での生活が実に細かく丁寧に描かれていて、その中には真実を知らない段階からユウタとさえ子の心の中にほんの少しだけ芽生えたお互いに対する恋心も含まれている。種から芽が出て、その芽が土をほんの少しだけ押し上げ、やがて土から芽を出す、そんな様子を毎日の生活にのせて表現しているのだ。タイトルになっている「虹色ほたる」、そのあまりにも美しく淡い光は村の神主さんによればかつて村の危機に奇跡を起こしたのだという。ユウタとさえ子が「虹色ほたる」の様子を観に行くことは、2人の人生がそこに収斂するという伏線になっていた。物語は村がダムに沈む前の最後の村祭というクライマックスに向けて粛々と進んで行く。

08

09_2

さえ子は兄への想いが強いあまり、例の不思議な老人に現代には戻らず死んだ兄の下へ行きたいと希望していた。それを知ったユウタはここで村の神主さんの言葉「離れていても 生きていてくれさえすればいい」を思い出す。今のユウタにとってさえ子はかけがえのない存在になっていた。それは奇しくも大切な人を同じ時に失ってしまった2人の間にだけ存在する数奇な、そして運命的な縁なのだ。ほたるの光の中で交わす2人の約束…現代に戻った時にはこの村での一夏の記憶は失われてしまう、それでもほたるの雄と雌の習性になぞらえて、必ずさえ子を見つけ出すという強い誓いだ。――現代。当然巡り合うべくして巡り合う2人。虹色ほたるの起こす奇跡は、もう戻れないけれどしかし決して失われることもない、時が止まったあの永遠の夏休みに誓った約束なのだ。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:あまり宣伝もないけど良い作品です
総合評価:80点

作品情報
キャスト:武井証、木村彩由実、新田海統、櫻井孝宏、能登麻美子、中井和哉、大塚周夫、石田太郎
監督:宇田鋼之介
原作:川口雅幸
脚本:国井桂
キャラクターデザイン:森久司
作画監督:森久司
画面設計:山下高明
美術監督:田村せいき
音楽:松任谷正隆
主題歌:松任谷由実
製作国:2012年日本映画
配給:東映
上映時間:105分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« GIRL ガール | トップページ | ザ・マペッツ/The Muppets »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45341650

この記事へのトラックバック一覧です: 虹色ほたる ~永遠の夏休み~:

» 虹色ほたる 永遠の夏休み [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
虹色ほたる~永遠の夏休み~ オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る伝統ある東映アニメーションによるノスタルジックなファンタジー「虹色ほたる 永遠の夏休み」。絵が素朴すぎ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月22日 (火) 08時00分

» 虹色ほたる 永遠の夏休み [象のロケット]
夏休み。 小学6年生のユウタは、一年前に交通事故死した父とよく来た山奥のダムへ昆虫採集に向かい、不思議な老人と出会う。 突然の豪雨で足を滑らせ意識を失い目を覚ましたユウタは、ダムに沈んだはずの村にいた。 どうやら30年以上前にタイムスリップしたらしい。 小さな女の子さえ子が、ユウタのことを自分の従兄だと言って祖母と暮らす家へ連れて行くのだが…。 ファンタジーアニメ。 ≪約束…守ってくれて、ありがとう≫... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 00時39分

» 虹色ほたる〜永遠の夏休み〜 [佐藤秀の徒然幻視録]
夢幻能のような世界 公式サイト。川口雅幸原作、宇田鋼之介監督。(声)武井証、木村彩由実、新田海統、櫻井孝宏、能登麻美子、中井和哉、大塚周夫、石田太郎。約30年前の1977年8月に ... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 22時43分

» 虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜/武井証 [カノンな日々]
原作はウェブサイトでの連載が人気を呼び出版に至った川口雅幸さんの小説だそうですが、映画化されるまで私は全く知りませんでした。どこで話題になっていたのかな?1970年代へタイ ... [続きを読む]

受信: 2012年5月23日 (水) 23時15分

» 『虹色ほたる ~永遠の夏休み~』・・・珠玉のタイムスリップSFファンタジー [SOARのパストラーレ♪]
舞台は1977年の深山井村。間もなくダムに沈むこの村に2001年からタイムスリップに巻き込まれてやってきた6年生のユウタ。彼は2000年に父親をバイク事故で亡くしているのだが、77年の深山井村で出会う少女さえ子が未来に起こるその事故に関係していることを知る・・・。... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 00時47分

» 虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜(試写会) [まてぃの徒然映画+雑記]
昭和を感じさせる昔ながらの情景にリアリティがありました。 ユウタは昆虫採集にやってきた山中で雷雨にあい、水に流されてしまう。浮遊する意識の中で、仙人らしき不思議な老人から「元に戻るまで時間がかかるから、その間はここにいなさい」と言われた場所は、ダムが...... [続きを読む]

受信: 2012年5月24日 (木) 23時33分

» 虹色ほたる~永遠の夏休み~・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
そこは、想い出の眠る場所。 川口雅幸が自身のサイトで発表し、口コミが口コミを呼びベストセラーとなった話題のファンタジー小説、「虹色ほたる~永遠の夏休み~」のアニメーション映画化。 主人公が迷い...... [続きを読む]

受信: 2012年5月27日 (日) 01時26分

» 「虹色ほたる〜永遠の夏休み〜」 [大吉!]
<水曜日> (ユナイテッドシネマ・邦画アニメ・ギフトカード・15時〜) 1年前に交通事故で父を失った小6のユウタは、父との思い出の場所に一人、昆虫採集に出向いて、不思議な老人に会う。 そこは山奥のダムで、底には集落が沈んでいるらしい。 突然の豪雨で足を滑ら...... [続きを読む]

受信: 2012年5月31日 (木) 00時41分

» 「虹色ほたる ~永遠の夏休み~」 [みんなシネマいいのに!]
 夏休みに入り、小学校6年生のユウタは一人でダムのそばの山里に昆虫採集にやって来 [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 10時15分

» 虹色ほたる 永遠の夏休み(’12) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
昨日、この作品が近隣の新宿バルト9では上映最終日、都合も合ったので見てきました。 これはとにかく「RAILWAYS・・」シリーズ2作に続いてテーマ曲がユーミン、また正隆氏が音楽監修、とのことで気になってた作品。 先月半ば公開で、そう長い上映期間でなく、この日の入りもどうかと思ってたら、この劇場のマチネ割引の時間帯でもあってか、結構座席埋まってて、観客は若~中年層。 原作は川口雅幸の小説、手掛けたのは中高生などがたまに気に入ってる、と挙げるのを聞いたことある「ONE PIECE... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 11時36分

» 「虹色ほたる~永遠の夏休み~」感想 [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 川口雅幸原作のファンタジー小説を、「銀河へキックオフ!!」の宇田鋼之介監督、「BALLAD 名もなき恋のうた」の武井証主演(声)でアニメ映画化。  1977年にタイムスリップしてしまった少年ユウタが、まもなくダムの底に沈む村で体験する、一夏の出会いと交流を描く。... [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 19時07分

» 『虹色ほたる 永遠の夏休み』を新宿バルト9シアター5で観て、へー、ふーん、ふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
   五つ星評価で【★★★普通にいい】 普通にいいアニメ。 この「普通にいい」が、なんか、とても説明しづらい。 悪くはないんだけど、パッケージ(外見)が変だから他の人に ... [続きを読む]

受信: 2012年6月22日 (金) 05時51分

» 虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜 [メルブロ]
虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜 408本目 2012-20 上映時間 1時間45分 監督 宇田鋼之介 出演 武井証(ユウタ) 、 新田海統(ケンゾー)    櫻井孝宏(ユウタ(大人)) 、  ... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 23時07分

« GIRL ガール | トップページ | ザ・マペッツ/The Muppets »