« 恋と愛の測り方/Last Night | トップページ | ダーク・シャドウ/Dark Shadows »

2012年5月17日 (木)

王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件/狄仁傑之通天帝國

Photo ロバート・ファン・ヒューリックの人気探偵小説「ディー判事」シリーズを『ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱』のツイ・ハーク監督が映画化。中国で唯一の女帝誕生の裏で繰り広げられるドロドロの陰謀を主人公ディー判事が暴くアクションミステリー。主演は『新少林寺』のアンディ・ラウ。共演にリー・ビンビン、カリーナ・ラウ、レオン・カーフェイといった人気俳優がそろった。
>>公式サイト

スケールの大きさが気持ちイイ!

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

ツイッター上でもやけに評判の良いこの作品、アンディ・ラウ主演作ということもあり期待満々で観に行ったのだがこれは確かに面白い。キャッチコピーにある通りシャーロック・ホームズっぽいのだが、その鋭い洞察力や類稀なる戦闘力は、まるでロバート・ダウニーJr.主演の『シャーロック・ホームズ』のようだ。時は唐代、則天武后(カリーナ・ラウ)は史上初めて女性にして中国の皇帝の座につこうとしていた。彼女の威光をあまねく知らしめるべく地上200mにも及ぶ超巨大な仏塔“通天仏”を建造し、完成したその日に即位しようというのである。ところがある日その通天仏の建造責任者が突然人体発火して死んでしまう。体の内側から燃え上り骨だけ残してあとは完全に灰と化したのだ。

02

03

この人体発火シーンは何度か出てくるのだが、気のせいか何処かで観たような…。と思ったら、ヴァンパイアが陽光を浴びて燃え尽きる時に良く使われる映像効果だった(笑)この事件の真相解明のために、則天武后は彼女に逆らった罪で投獄していた判事ディー・レンチェを(アンディ・ラウ)を呼び戻す。最初に『シャーロック・ホームズ』の中国版と書いたが、実は物語の展開自体は半分正しく半分違う。あちらはもう完全に希代の名探偵が驚異的な推理力を駆使し、それこそ観ている我々すら解らない内に事件を解決に導く。しかしこちらはディーがどうこういう以前に則天武后の即位を快く思わない勢力や、それに対抗する則天武后側の争いの中に無理矢理巻き込まれていく感じなのだ。

04

05

ディー自身は自ら則天武后に反抗して投獄されたのだから当然彼女の事は信用もしていないし、快く思っていない。しかし人体発火事件の謎の究明とその気持ちは基本的に分けて考えている。この辺がディーの人となりを良く表していると思うのだが、そんな彼の人となりとは無関係に事件そのものは、則天武后の即位と関係している。つまり彼は事件に巻き込まれることで事件解決のヒントを得ているのだ。ただ人体発火そのものの秘密は思いのほか簡単に明らかになる。それは火炎虫という虫の毒のせいで、陽光を浴びると発火するというものだった。どうもディーはそれに関しての情報を知っていたようである。そこで彼は地下世界に住むかつての宮廷侍医・ワンポー(テディ・ロビン)を訪ねる。

06

07

彼の部下として自らの側近チンアル(リー・ビンビン)と司法官ペイ・ドンライ(ダン・チャオ)も同行するこの地下世界での戦いのシーンは見所の一つだ。ワンポーに襲い掛かる敵をディーたち3人が守るのだが、元々がリアルカンフーアクションといった体ではなく、アクションエンタテインメントのノリなので、ワイヤーによるオーバーアクションなところが良くハマる。チンアルの鞭や、ペイの大斧、そしてディーの持つ降龍杖といった個性的な武器もまた観ていて心躍らせる要素だろう。特に先帝から賜った、瞬時にして対象物の弱点を捜し当てて一撃粉砕できる降龍杖は、客観的に観たらただの鉄の棒なのだが、主人公が手にする特殊武器としては実に楽しい効果満点だ。

08

09

捜査の結果、人体発火を則天武后のマッチポンプではないかと疑い始めるディー。劇中展開される事件からは確かにそんな風に見える。しかもチンアルはある秘密を持っているのだが、これが意外に早い段階でそれと匂わせるような演出があり、そのため本当の秘密に対して我々の目が向かない。これは上手い演出で、結局真犯人に関して私はそれが明かされる直前まで全く解らなかった。通天仏が今にも倒れようとする中、火炎虫の毒に置かされたディーが真犯人を追う。果たして則天武后の命はどうなるのか?ラストの畳み掛けるような、そして目まぐるしい展開にはグイグイ引き付けられて目が離せない。この作品、原作はシリーズもの故にこの映画もシリーズものにして欲しいものだ。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:ペイが有吉に見えて…w
総合評価:77点

作品情報
キャスト:アンディ・ラウ、リー・ビンビン、ダン・チャオ、レオン・カーフェイ、カリーナ・ラウ
監督:ツイ・ハーク
原案:ロバート・ファン・ヒューリック
脚本:チャン・チァルー
アクション監督:サモ・ハン
撮影:チャン・チーイン
美術:ジェームス・チュウ
衣装:ブルース・ユ
編集:ヤウ・チーワイ
原題:狄仁杰之通天帝国
製作国:2010年香港・中国合作映画
配給:太秦
上映時間:128分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 恋と愛の測り方/Last Night | トップページ | ダーク・シャドウ/Dark Shadows »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45286884

この記事へのトラックバック一覧です: 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件/狄仁傑之通天帝國:

» 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 [だらだら無気力ブログ!]
リー・ビンビンの男装姿が艶めかしい。 [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 00時40分

» 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 [象のロケット]
紀元689年、中国・唐王朝の時代。 都では、もうすぐ中国史上初の女帝の座に就く則天武后の顔を模した、巨大な仏塔“通天仏”の建立が進んでいた。 だが政権の重要人物の身体が突如発火し焼き尽くされるという怪事件が頻発。 武后は投獄されていた反体制派の辣腕判事ディーを呼び戻し捜査を命じる。 高位女官チンアル、司法官ペイを助手に調査を開始したディーに、次々と刺客が襲いかかるのだが…。 歴史スペクタクル。... [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 13時10分

» 『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』をシネマート新宿1で観て「鹿だな」ふじき★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★★大仏と言えば鹿】 「ツイ・ハーク完全復活!!」 うーん中途半端な復活っぽい空気だなあ。    ・全体もたつき感はあるものの、カンフーの自由度は買う。 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月19日 (土) 01時49分

» 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 狄仁杰之通天帝国 [まてぃの徒然映画+雑記]
ツイ・ハーク徐克復活!2011年香港電影金像奨で監督賞と主演女優賞(カリーナ・ラウ劉嘉玲)を受賞してます。 唐の時代、則天武后(劉嘉玲)が中国史上初めての女帝になろうとしていたとき、即位を祝い王朝の威光を誇示せんと、超巨大な仏像、通天仏が建立されていた。...... [続きを読む]

受信: 2012年5月19日 (土) 14時26分

» 『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』 [pure breath★マリーの映画館]
                 人・体・発・火! 大・仏・崩・壊! 『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』 原題・・・『狄仁傑之通天帝國』 監督・・・ツイ・ハーク 脚本・・・チャン・チアルー アクション監督・・・サモ・ハン 出演・・・アンディ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月25日 (金) 22時06分

» 王朝の陰謀 [てるてるブログ]
アンディ・ラウ主演対・ハーク監督の中華ミステリー&カンフー映画。 なんだかこないだの「捜査官X」といい、私的にプチ中華ミステリーブーム中。 元々中国にある公案小説という推理小説のジャンル(?)にヒントを得てオランダの作家が書いた「ディー判事シリーズ」というシリーズが原作のようです。 この映画を見るまでこの公案小説というジャンル自体知らなかったぐらいです。 日本でいう捕物帳といった感じなのかなとも思うけど、基本裁判官(判事)が主人公と言うことで大岡政談みたいなもんでしょうか?割としっかりとした形式とい... [続きを読む]

受信: 2012年5月29日 (火) 11時05分

» 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件/アンディ・ラウ [カノンな日々]
中国版シャーロック・ホームズと呼ばれる作家ロバート・ファン・ヒューリックによる人気探偵小説『ディー判事』シリーズを香港のヒットメーカーであるツイ・ハーク監督がアンディ ... [続きを読む]

受信: 2012年6月14日 (木) 10時35分

« 恋と愛の測り方/Last Night | トップページ | ダーク・シャドウ/Dark Shadows »