« 幸せへのキセキ/We Bought a Zoo | トップページ | 星の旅人たち/The Way »

2012年6月 5日 (火)

ケイト・レディが完璧な理由/I Don't Know How She Does It

Photo 世界中で400万部を売り上げた「ケイト・レディは負け犬じゃない」を映画化。良妻賢母で有能なキャリアウーマンの女性の裏側のドタバタをコミカルに描いたドラマだ。主演は『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。共演にピアース・ブロスナン、グレッグ・キニアらが出演している。監督はダグラス・マクグラス。
>>公式サイト

サラだから余計にはまり役だね

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

『セックス・アンド・ザ・シティ』はテレビも含めてチラ見すらしたことがないけれど、サラ・ジェシカ・パーカーの出演作と言うだけで思わず足を運んでしまう。どうでも良いけれど「ケイト・レディが完璧な理由」をわざわざ“完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)”とか余りにダサすぎないだろうか。原題の「I Don't Know How She Does It」は意訳すれば「彼女は一体どうやってんの?」とでも言う所だろうが、要するに本作は表から見ると良妻賢母で有能なキャリアウーマンであるケイトが一体どうやってその全ての役割をこなしているのだろうと言う、そんな彼女の裏側の部分を見せるコメディドラマだ。従ってケイトは実は“パーフェクト”でもなんでもない(笑)

02

03

彼女の仕事はファンドマネジャーで夫リチャード(グレッグ・キニア)は独立したての建築士。6歳のエミリー(エマ・レイン・ライル)とまだ2歳の息子・ベン(セオドア&ジュリアス・ゴールドバーグ)の4人家族だ。なるほど序盤では彼女が仕事も家庭も、そして夫婦仲も上手くこなしている様子が描かれる。個人的には上手くこなすことそのものよりも、アメリカの小学生の母親は子供のためにこんなことをするのかという生活の部分が興味深かった。にしても家庭に対する理解の深さが社会的に認知されていて、ナニーの習慣が割と普通であるアメリカ社会だからこそ可能なのだろうと思う。ただとある大仕事を彼女が任されたことから、次第にその生活にも破綻が見え始めるのだった。

04

05

とにかく出張出張また出張。遅くても帰宅できれば徹夜で作業してケーキを作ったりもできるけれど、いなければもうこれはどうしようもない。作業が無くても夜ベッドの上で翌日の“やることリスト”を頭の中に作り何とかかんとか切り抜けていくケイト。その姿は本来笑ってしまったら頑張っている女性に失礼なのかもと思いつつもこれが面白いのである。またケイトの役を演じているのがサラ・ジェシカ・パーカーというのが見事にはまっている。何故なら彼女自身が3人の子供の母親であり人気女優という働く女性だからだ。まあ普通に考えれば彼女ほどのセレブならお金に困ることは無いワケで、その部分に関しては世間一般と同じとはいえないかもしれない。

06

07

ただ子供が親に求める愛情や夫が妻に求める愛情はお金があろうと無かろうと、サラ本人にしか出来ないのは言うまでも無い。いつも家にいない妻に代わって子供の面倒や家事をこなすリチャードは、正直かなり出来た夫だと思う。だが、そんな彼をして堪忍袋の緒が切れる時がやってくる。無論溜まりにたまった不満もあるが、一番は雪だるまを作るという娘との約束を破ったことだろう。「5分でいいから仕事以外の話を君としたい!」そう怒る気持ちは良く解る。が、ここでふと既視感が。そういえばほんの20年かそこら前までは男女が逆でこんな争いが良く起こっていたものだ。女性の方が仕事命で夫や子供と気持ちのすれ違いに陥ってしまうとは時代の流れなのだなぁとしみじみ考えてしまう。

08

09

しかしそれでもギリギリのところで泥沼にならないのは、ケイトが仕事以上に家族を大事に思っていることが家族にきちんと伝わっているからだ。そしてそんな彼女の気持ちは見ている私たちにも伝わってくる。ニューヨーク本社の責任者であるジャック・アベルハンマー(ピアース・ブロスナン)に不倫を持ちかけられてもキッパリ断り、部下モモ・ハーン(オリヴィア・マン)に子供の良さを解らせるケイトの姿は、恐らくこの作品を観ている働く女性に勇気と元気をくれるに違いない。正直言って話しそのものは出来過ぎだと思うけれど、現実が厳しい中ではこのぐらい出来過ぎ感があるほうが映画として愉しめると思う。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:サラはやっぱりカッコいいねぇ
総合評価:62点

作品情報
キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー、ピアース・ブロスナン、グレッグ・キニア、クリスティーナ・ヘンドリックス、ケルシー・グラマー、セス・マイヤーズ、オリビア・マン
監督:ダグラス・マクグラス
製作:ドナ・ジグリオッティ
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、アライン・ブロッシュ・マッケンナ、スコット・ファーガソン
原作:アリソン・ピアソン
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:スチュアート・ドライバーグ
美術:サント・ロカスト
衣装:レネー・アーリック・カルファス
編集:カミーラ・トニオロ、ケビン・テント
音楽:アーロン・ジグマン
原題:I Don't Know How She Does It
製作国:2011年アメリカ映画
配給:ファインフィルムズ
上映時間:90分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 幸せへのキセキ/We Bought a Zoo | トップページ | 星の旅人たち/The Way »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45530515

この記事へのトラックバック一覧です: ケイト・レディが完璧な理由/I Don't Know How She Does It:

» 映画:ケイト・レディが完璧な理由 I Dont Know How She Does It 子育てワーキングママの奮闘記。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
意外に拾い物な一作。 主人公のサラ・ジェシカ・パーカー(写真:左)は、常にSATCでの役柄の印象が最悪(笑) なので、「なんで人気あるんだろう?」くらいに思っていた。 あくまでも役のせいだと気を取り直し、今作を観賞。 彼女が演じる主人公は、働く子育てマ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 20時56分

» ケイト・レディが完璧な理由 [★tip of the iceberg★]
予告がおもしろそうだったので、迷わず公開初日に行きました。 『セックス・アンド・ザ・シティ』は1も2も見たので、サラさんは、この役にぴったりだなぁと感じました。 女性にとって、結婚するか否か。 キャリアはどうするのか。 子どもは何人もうけるのか。 では、...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 5日 (火) 21時33分

» 映画「ケイト・レディが完璧な理由」は女性にオススメ☆ [windy's note]
「ケイト・レディが完璧な理由」は良い映画だ。ハッピーエンドで、気持ち良く、次のステップに踏み出せる気分にさせてくれる。私の中では、海外旅行から日本に戻ってくる飛行機の中で上映される映画のイメージだ。働... [続きを読む]

受信: 2012年6月16日 (土) 02時20分

« 幸せへのキセキ/We Bought a Zoo | トップページ | 星の旅人たち/The Way »