« 一枚のめぐり逢い/The Lucky One | トップページ | ネイビーシールズ/Act of Valor »

2012年6月18日 (月)

シグナル~月曜日のルカ~

Photo 関口尚の同名の青春純愛ミステリー小説を映画化。3年の間古い映画館から一歩も外に出ずに過ごす若い少女の映写技師と、そこに夏の間のアルバイトとしてやってきた大学生との恋をミステリアスに描いている。主演は『愛のむきだし』の西島隆弘と彗星の如く現れた新人・三根梓。共演に『軽蔑』の高良健吾や井上順といった演技派が揃う。監督は『時をかける少女』の谷口正晃。
>>公式サイト

三根梓の不思議な雰囲気がイイ

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

どこかミステリアスな青春ラブストーリーだった。そもそも舞台となっている田舎の名画座・銀映館自体がとても古くて不思議な佇まいである。しかもヒロインのルカ(三根梓 )はまだ若い女性なのにも拘らずこの銀映館の映写技師で、3年もの間1度もそこから外に出たことが無い。そんな彼女の元に学費を稼ぐためにひと夏のバイトとして現れたのが大学生の宮瀬恵介(西島隆弘)だった。彼は高額のバイト料の条件に“3つの約束”「ルカと恋愛してはいけない」「月曜日はルカが酷く落ち込むがそっとしておく」「ルカの過去を詮索しない」をさせられる。という訳で、物語前半ではルカに関しては最低限の情報しかないのだが、それが余計に物語の不思議さを増幅させてくれる。

02

03

代わりにといっては何だが、そこで描かれる映写技師の仕事や、古い映画を上映するシーンは映画ファンにはとても嬉しいところだ。今やデジタル上映にどんどんと取って代わられる中、古い映写機にフィルムをセッティングする様子や、フィルム同士を繋げる方法、2台の映写機を自動的に切り替えるための方法や、果てはレンズのピントを合わせる方法まで教えてくれる。もちろんそれはルカが恵介に教えているのだが、登場人物の瞳の光にピントを合わせるなんて話は中々聞く機会が無い。古き良き映画と映画館のもつ不思議な魅力はノスタルジックな気持ちとともに、ルカへの興味をイヤでも湧き起こしてくれる。実はこの興味は演じている三根梓による部分も大きい。

04

05

本作で映画デビューを果たした彼女は知名度など全く無い。しかし端正な顔立ちと綺麗な瞳からはどこかミステリアスな雰囲気を漂わせ、その落ち着いた演技は新人とは思えないほどだ。セリフが極端に少ないということも影響はしているだろうし、相手となる西島隆弘の助けも当然あるけれど、先が楽しみな若手女優だと思う。ところでその西島くん、『愛のむきだし』で見せてくれた高い演技力は健在で、恵介はやたらとクサイ台詞が多いのだけれど、彼が演じると極自然で爽やかに無理なく馴染んでしまうと言うのが素晴らしい。彼のもつイヤミのなさは例えば三浦春馬だとか、岡田将生に通じるものがある。さて、ある日銀映館に若い女性バイトが雇われてからルカのことが徐々に明らかになっていく。

06

07

ただ彼女の秘密を少しずつ解らせるのではなく、そのバイトの女の子に一気に語らせてしまう演出はちともったいない気がした。もっともそれは全てが真実ではないのだが。要するにこの町にはウルシダレイジ(高良健吾)というイケメンの金持ちがいて、町の女の子の羨望の的だったらしい。そのレイジは7人の子と同時に付き合っていたのだが、そのうちの一人がルカだったのだ。彼女は月曜日しか彼に会うことが出来ないことから“月曜日のルカ”と呼ばれるようになる。ところが7人のうちの一人がレイジの子を妊娠し自殺に追い込まれてしまったことで、ルカは彼から距離を置こうとするのだった。全く二股でボコボコに叩かれる俳優が現実に居るのに七股とは恐れ入る(苦笑)

08

09

ただ彼から逃れるためなら別に銀映館に引き篭もらなくても日本中どこへなりども逃げれば良い訳で、実はまだ彼女には隠された秘密があるのだった。それは物語のラストで明らかになるのだが、そこに至るまでにレイジとルカ、そして恵介を交えた三つ巴の恋のバトルが展開される。ただいわゆる青春ラブストーリーのような展開ではない。何しろこのレイジが陰湿極まりないのだ。言ってみればストーカー状態なワケで、その様子はもはや気持ち悪いを通り越えてアブナイ。で、このアブナ過ぎる男を高良健吾がまた実に上手く演じてくれていた。血走った目に涙を溜めながら、自分が傷つけられたことだけを恨みに想い一方的に相手を憎む姿は正直下手なホラーよりも恐ろしい。

10

11

ただそこまで恐ろしい変質的かつ粘着的な男なのにも関わらず、恋の勝負が決した後は意外と簡単にルカの前から姿を消してしまったのがなにやら拍子抜けだった。それにしても前半の銀映館の話とルカのヤバイ恋の話がどうしても繋がらない…と思いきやラストに来てそれがきちんと一つに収斂されていた。それはルカがどうして銀映館から一歩も外に出ないかの真の理由に繋がっていたのだ。なるほどこれはこれで気持ちの良いまとめ方だと思う。やや都合の良過ぎるストーリー展開が気になるものの、ルカと恵介の川べりの初々しくも清々しいキスシーンが全てを洗い流してくれた。ちょっとミステリアスでノスタルジックな青春ラブストーリー、こんな物語が嫌いじゃない。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:銀映館は実際の劇場なのかしらん?
総合評価:67点

作品情報
キャスト:三根梓、西島隆弘、白石隼也、おかやまはじめ、宮田早苗
監督:谷口正晃
原作:関口尚
脚本:小林弘利、鴨義信
撮影:上野彰吾
照明:赤津淳一
製作年:2012年
製作国:日本
配給:ショウゲート
上映時間:111分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 一枚のめぐり逢い/The Lucky One | トップページ | ネイビーシールズ/Act of Valor »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45694997

この記事へのトラックバック一覧です: シグナル~月曜日のルカ~:

» シグナル~月曜日のルカ~(2012-076) [単館系]
シグナル~月曜日のルカ~ MOVIXさいたま 火曜日のためか観客3名 大学の夏休みの間だけ故郷の古い映画館でアルバイトをすることにした宮瀬恵介 (西島隆弘)。 映画館では若く美しい杉本ルカ(三根梓)...... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 01時40分

» 『シグナル -月曜日のルカ-』 2012年6月16日 MOVIX亀有 [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『シグナル -月曜日のルカ-』 を鑑賞しました。 何の予備知識も無く、観ましたが、中々の良作でした その秘密を知ったときあなたは・・・するって感じですかね 【ストーリー】  大学の夏休みの間だけ故郷の古い映画館でアルバイトをすることにした宮瀬恵介(西島隆弘)。映画館では若く美しい杉本ルカ(三根梓)が映写技師として働いており、「月曜のルカは憂鬱(ゆううつ)なのでそっとしておく」などの3つのルールを恵介は支配人(井上順)から言い渡される。人を寄せ付けないルカが次第に恵介に心を開き始めたころ、謎の男ウ... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 07時35分

» シグナル〜月曜日のルカ〜 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
『映画パンフレット』 シグナル 月曜日のルカ 【監  督】谷口正晃 【キャスト】三根梓、西島隆弘、高良健吾、井上順、宇津井健クチコミを見る不思議な3つの約束から始まる ... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 08時46分

» シグナル 月曜日のルカ [佐藤秀の徒然幻視録]
無駄にやさしい女 公式サイト。谷口正晃監督、三根梓、西島隆弘(AAA)、高良健吾、井上順、宇津井健、白石隼也、おかやまはじめ、宮田早苗。今日は月曜日ということで。昨夜見た ... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 10時10分

» シグナル〜月曜日のルカ〜/三根梓、西島隆弘 [カノンな日々]
小さな映画館を舞台に映写技師の主人公たちの恋と青春を描いていく物語。というそんな基本的な設定を知っただけで、だいぶ前からスゴク気になっていまして公開をとても楽しみにし ... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 10時50分

» シグナル~月曜日のルカ~ [とりあえず、コメントです]
関口尚著の『シグナル』を映画化した青春ドラマです。 ちょっと謎めいた予告編を観て、どんな作品なのだろうかと気になっていました。 映画館を舞台にした少女のストーリーは切なくて、でも爽やかな笑顔もくれるような物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月18日 (月) 20時31分

» 「シグナル~月曜日のルカ~」 [みんなシネマいいのに!]
 東京の大学に通う宮瀬恵介は、夏休みを利用して地元の古い映画館でアルバイトをする [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 22時55分

» 映画『シグナル~月曜日のルカ~』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
主役の三根さんは、映画を観るまで存じなかったのですが ニッシーと高良くんの出演作となると見逃すわけにはいきません。 監督 [続きを読む]

受信: 2012年6月21日 (木) 20時59分

» 「シグナル〜月曜日のルカ〜」心の傷を感じた先にみた閉ざした心の扉を開いた青年の温かい愛情と未来への希望 [オールマイティにコメンテート]
「シグナル〜月曜日のルカ〜」は古い映画館で映写技師をしている少女と出会った青年が少女の過去を知っていく事で次第に惹かれあっていく姿を描いたストーリーである。今では珍し ... [続きを読む]

受信: 2012年6月24日 (日) 00時37分

» シグナル 〜月曜日のルカ〜  人を癒すのは、人か映画か、はたまた映写機か? [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
実は、2日前の土曜「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」を、みてきました。 期待にたがわぬ作品でした。こじつけですが前ブログの「私が、生きる肌」が、 肌の生成であれば、こちらは「肌を突き刺す(切腹)」話でもあるので、流れとしては いいのですが、どうも...... [続きを読む]

受信: 2012年6月25日 (月) 23時57分

» [邦画] これだから邦画は……「シグナル 月曜日のルカ」 [窓の向こうに]
今月11本目にして初めての邦画であった。 題名シグナル 月曜日のルカ 監督谷口正晃 原作関口尚 出演三根梓(杉本ルカ、技師長)、宇津井健(杉本剛造、ルカの祖父)、西島隆弘(宮瀬恵介、アルバイト)、白石隼也(宮瀬春人、恵介の弟)、おかやまはじめ(宮瀬雄三、恵介の... [続きを読む]

受信: 2012年6月26日 (火) 23時34分

« 一枚のめぐり逢い/The Lucky One | トップページ | ネイビーシールズ/Act of Valor »