« ケイト・レディが完璧な理由/I Don't Know How She Does It | トップページ | 11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち »

2012年6月 6日 (水)

星の旅人たち/The Way

Photo マーティン・シーンが主演、息子エミリオ・エステベスが製作・監督・脚本・出演を務めたヒューマン・ロードムービー。聖地巡礼の途中に事故で亡くなった息子の志を継いで巡礼の旅にでる父親の姿を描いている。共演にデボラ・カーラ・アンガー、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン、ジェームズ・ネスビット。スペイン北部の美しい風景にも注目したい。
>>公式サイト

エミリオとマーティンだからこその作品

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

世界遺産サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路を息子の志を継いで旅する一人の老人の姿を見つめ続けた文字通りロードムービーだ。主人公トム(マーティン・シーン)は眼科医で息子ダニエルとは折り合いが悪く長い間会っていなかった。ところがある日スペインの警察から電話が入る。それはダニエルが巡礼の序盤、ピレネー山脈で事故にあって死んだというものだった。トムは直ぐに遺体の確認に向い、変わり果てた息子の姿と対面する。一体息子は何を思って巡礼の旅などに出ようと思ったのか。トムはダニエルの遺灰を持ち、息子の残したバックパックを背負って旅立つのだった…。何の予備知識も持たずに鑑賞した身としては、息子がエミリオ・エステヴェスだったことにまず驚いた。

02

03

実はこの作品、エミリオが製作・監督・脚本を務めていた。久しく出演作を観ていなかったが、年齢を重ねてより一層父マーティンにソックリになったなぁと感じる。息子とのコミュニケート不足は何が原因なのか、現在のダニエルは一体何をしていたのか、その辺は全く語られることは無いが、それはある意味観客もトムと同じ立場におかれているのかもしれない。ところでこの巡礼の旅、全長800km以上にも渡り、大人が早足で歩いても約3ヶ月は掛かる苦難の道のりだそうだ。余談だが日本でも四国八十八箇所のお遍路は1200km以上ある。さて、それだけの長さの旅ともなると同じ目的を共有する仲間が出来る。気難しく人を寄せ付けないトムとてもそれは例外ではなかった。

04

05

ダイエット目的の人懐こくておしゃべりなオランダ人・ヨスト(ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン)、ヘビースモーカーのカナダ人女性・サラ(デボラ・カーラ・アンガー)、スランプに陥った旅行ライターのアイルランド人・ジャック(ジェームズ・ネスビット)の3人がそうだ。全員が一編に仲間になるわけではなく、道中順番に加わっていくのだが、トムはそのいずれにも心を閉ざしたままスタスタ自分のペースで歩いて行く。しかしだからといって残りの3人が彼を無視するとか相手にしないとかではなく、積極的にコミュニケーションを図ろうとするというのがいかにも欧米的だ。スペイン北部ガリシア州の牧歌的で何も無い風景は、正にどこまでも道が続くといった感じ。

06

07

日本のお遍路のように峠道を行くことで修行するかのようなイメージとは違い、見るからに心が解放されるような風景にも関わらず、トムの目にはそんなものは一切映っていない。その姿はまるで自らに罰を与えるかのようにも見える。途中、ゴルゴダの丘に向かうキリストを思わせる一行、十字架を背負い背中に自ら鞭を打ち付ける巡礼者たちを目撃するのだが、それを見つめるトムの表情が印象的だった。ジプシーの住む町でトムのバックパックが盗まれた時のエピソードも興味深い。盗んだ少年の父親はトムに「人の信心深さと宗教は何の関係もない」と語るのだが、これなどむしろ日本人には何となくしっくりくる思考で、キリスト教徒ともに生きる欧米人には理解できるのだろうかと思ってしまう。

08

09

そんなある日、とある町でランチを取っている時、トムはワインを飲みすぎて悪酔いし警察に逮捕されるハメに…。これまで積極的にコミュニケートせずに堪っていた仲間への鬱憤を酒の力に任せて一気に吐き出した格好だ。ところがそんな彼を保釈金を積んで助け出すのもまた3人の仲間だった。そこでトムは気付くことになる。おしゃべりだろうが陽気だろうが、人は誰でも心に様々な想いを抱いていることを。ましてこの巡礼はハイキング程度で済むわけではないのだ。そこからトムは徐々に仲間たちと打ち解けていく。目的地であるヤコブの墓やサンティアゴ・デ・コンポステーラの教会は、何がある訳でもないのだが、自然と頭を垂れてしまうような歴史の重みを感じる。

10

11

この巡礼の旅は最終目的地で巡礼証明書がもらえるのだが、そこに自分の名前ではなくダニエルの名前を書き込んでもらうトムの心がなんだか嬉しい。残念ながら亡くなってしまったけれど、ようやく父と息子が解り合えた気がするからだ。エミリオは言う「この映画で彼が演じる人物は、俳優として、男として、人間としての本当のマーティンを表している」と。ラストシーンでのダニエルの表情はまさに父に対する息子の深い愛情とリスペクトに満ちていた。この2人だからこそ成立する作品なのだと思う。ちなみに、また映画を観て一度は訪れたい場所が増えてしまった(笑)

個人的おススメ度4.0
今日の一言:チャーリーの方は…(苦笑)
総合評価:79点

作品情報
キャスト:マーティン・シーン、エミリオ・エステベス、デボラ・カーラ・アンガー、ヨリック・バン・バーヘニンゲン、ジェームズ・ネスビット、チェッキー・カリョ
監督:エミリオ・エステベス
製作:エミリオ・エステベス、フリオ・フェルナンデス、デビッド・アレクザニアン
脚本:エミリオ・エステベス
撮影:フアン・ミゲル・アスピロス
美術:ビクトル・モレノ
衣装:タチアナ・ヘルナンデス
編集:ラウル・ダバロス
音楽:タイラー・ベイツ
原題:The Way
製作国:2010年アメリカ・スペイン合作映画
配給:アルバトロス・フィルム
上映時間:128分
映倫区分:PG12

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ケイト・レディが完璧な理由/I Don't Know How She Does It | トップページ | 11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/45545085

この記事へのトラックバック一覧です: 星の旅人たち/The Way:

» 『星の旅人たち』 (2010) / アメリカ・スペイン [Nice One!! @goo]
原題: THE WAY 監督: エミリオ・エステヴェス 出演: マーティン・シーン 、デボラ・カーラ・アンガー 、ジェームズ・ネスビット 、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン 観賞劇場: ヒューマントラストシネマ有楽町 公式サイトはこちら。 サンティアゴ・...... [続きを読む]

受信: 2012年6月 6日 (水) 05時43分

» 星の旅人たち [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:The Way。アメリカ=スペイン。エミリオ・エステヴェス監督・出演、マーティン・シーン、デボラ・カーラ・アンガー、ジェームズ・ネスビット、ヨリック・ヴァン・ ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 7日 (木) 19時30分

» 星の旅人たち [風に吹かれて]
巡礼の目的は?公式サイト http://hoshino-tabibito.com監督: エミリオ・エステヴェス  「ボビー」カリフォルニアに住む眼科医トム(マーティン・シーン)のもとに、息子のダニエル [続きを読む]

受信: 2012年6月 9日 (土) 15時30分

» 『星の旅人たち』 2012年5月17日 東商ホール [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
『星の旅人たち』 を試写会で鑑賞しました。 巡礼の旅に出たくなりました 【ストーリー】  息子のダニエル(エミリオ・エステヴェス)が、ピレネー山脈で嵐に遭遇して死んだと知らされたトム(マーティン・シーン)。キリスト教巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラを巡る旅を果たせなかった息子をとむらい、彼が何を考え巡礼に臨んだのかを知ろうとトムは決意。ダニエルの遺品と遺灰を背負い、800キロメートルの道を歩く旅に出る。その途中、夫のDVに苦しんだサラ(デボラ・カーラ・アンガー)や不調に陥った旅行ライターの... [続きを読む]

受信: 2012年6月10日 (日) 00時37分

» 星の旅人たち [とりあえず、コメントです]
エミリオ・エステヴェスが父マーティン・シーンを主演に監督・脚本で創り上げたヒューマン・ドラマです。 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩く物語は以前に「サン・ジャックへの道」を観たことがあったので 今作ではどんなドラマを見せてくれるのだろうかと楽しみにしていました。 辛い現実にぶつかってしまった人たちの心の再生を静かな視線で描いているような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月10日 (日) 09時13分

» 星の旅人たち [とりあえず、コメントです]
エミリオ・エステヴェスが父マーティン・シーンを主演に監督・脚本で創り上げたヒューマン・ドラマです。 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を歩く物語は以前に「サン・ジャックへの道」を観たことがあったので 今作ではどんなドラマを見せてくれるのだろうかと楽しみにしていました。 辛い現実にぶつかってしまった人たちの心の再生を静かな視線で描いているような作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年6月10日 (日) 22時32分

» 星の旅人たち [風情♪の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ&スペイン  ドラマ  監督:エミリオ・エステヴェス  出演:マーティン・シーン      エミリオ・エステヴェス      デボラ・カーラ・アンガー      ... [続きを読む]

受信: 2012年6月12日 (火) 12時53分

» 巡礼の旅 [笑う社会人の生活]
映画「星の旅人たち」を鑑賞しました。 ひとり旅をしている息子ダニエルがピレネー山脈で亡くなったという知らせを受ける 父トムは息子の遺志を継ぎ キリスト教巡礼地サンティアゴ・デ・コンポステーラへ 巡礼の旅に出ることにする。 まさに旅映画、ロードムービー! 歩...... [続きを読む]

受信: 2012年6月19日 (火) 19時30分

» 映画・星の旅人たち [読書と映画とガーデニング]
2010年 アメリカ・スペイン合作 原題 The Way アメリカ、カリフォルニア州の眼科医トム・エイヴリー(マーティン・シーン)が仲間とゴルフに興じている時携帯電話にフランス語で電話がかかってくる それは、大学院をやめて世界を見たいと旅に出た一人息子のダ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 19時51分

» 星の旅人たち [だらだら無気力ブログ!]
観終わって心地いい気持ちになる作品だった。 [続きを読む]

受信: 2012年6月23日 (土) 23時01分

» 映画『星の旅人たち』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
「四国八八ケ所」「西国三十三所」「知多新四国巡り」など 私のおばや友だちにも「納経帳」を携えて 巡礼している人が結構いま [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 08時12分

» 星の旅人たち [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  スペインにおいて、キリスト教巡札の途中で事故死した息子に代わり、彼の遺灰を携え、80キロの巡札を決意する60代の父親・トムを描いたロードムービーである。 最初はひとり旅のはずだったトムだが、レストランで知り合った陽気で気の良い大男・ヨストと知り... [続きを読む]

受信: 2012年6月29日 (金) 11時12分

» 『星の旅人たち』 [Cinema+Sweets=∞]
先日の休みにエミリオ・エステヴェスの監督作品『星の旅人たち』を観てきました。 珍しく日曜日に映画に出かけたら、やっぱり映画館は混んでいて、あー、やっぱり映画は平日かレイトショーで来ようと思いま...... [続きを読む]

受信: 2012年7月13日 (金) 20時46分

« ケイト・レディが完璧な理由/I Don't Know How She Does It | トップページ | 11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち »