« 屋根裏部屋のマリアたち/Les femmes du 6ème étage | トップページ | プリンセス・カイウラニ/Princess Ka'iulani »

2012年7月12日 (木)

コナン・ザ・バーバリアン/Conan the Barbarian

Photo 暗黒帝国アケロン族の騎士カラーによって父よ仲間を殺された戦士コナンの復讐譚。アーオルド・シュワルツェネッガーの『コナン・ザ・グレート』をTVドラマ「スターゲイト:アトランティス」シリーズのジェイソン・モモアを主演に据えてリブートした作品だ。監督は『13日の金曜日』のマーカス・ニスペル。鍛え抜かれた肉体を使った派手なアクションに注目だ。
>>公式サイト

大暴れするジェイソンに心躍る

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『コナン・ザ・グレート』で一躍有名になったキャラクター「コナン」。それをジェイソン・モモア主演でリブートしたのが本作だ。どうでもいいが何回見てもジェイソンの顔が『テルマエ・ロマエ』の北村一輝に見えて仕方がない…。それはさて置き、コナンだけにジェイソンはかなりのマッチョ。両手もちのバーバリアンソードを縦横無尽に操り敵をバッサバッサと斬り倒して行く姿は実に爽快だ。まあ正直言うとシュワルツェネッガーの元祖コナンの方が更にマッチョで迫力は上だったと思うが。さて、物語はそのコナンが子どもの時代から始まる。暗黒帝国のアケロン族はかつてバーバリアンによって破壊され、各地に隠された古代王の骨で作られた兜の破片を集め復元しようとしていた。

02

03

その破片の一つを所持していたのがコナンの父コリンだ。何気に嬉しいのがこのアケロン族の王カラーを演じているのがスティーヴン・ラングで、コナンの父を演じているのがロン・パールマンというところ。邪悪な雰囲気をプンプン漂わせるラングに、バーバリアンらしいどっしりとした逞しさを見せるパールマンの図が対照的だ。カラーに父を殺されてから9年後、父の死によって救われ成長したコナンは友人アルタスと共に義勇海賊を率いカラーに対する復讐の機会を覗っていた。アケロン族に捕らえられた人々を救うシーンは大人になったコナン最初の見せ場で、相手が鎧を着ているにも関わらずまるで何も着ていないかのごとく斬りまくる。助けた美女が全員トップレスなのは何故だろう(笑)物語的には実はこの辺までがプロローグといっていいかもしれない。

04

05

それにしてもこの作品、パッと見はB級作品ながら、どうして中々壮大なスケールと時の流れを感じさせる物語である。そもそもカラー王は古代王の骨の兜の力を復活させ、殺された妻を蘇らせようとしていたのだが、それには生贄のために純潔を保った女性の血が必要だった。即ちここから話は、コナンの復讐物語に加え、純潔の血の持ち主である女性タマラ(レイチェル・ニコルズ)とそれを助けるコナンのラブストーリーも描かれて行く。最初はタマラを囮として利用しようとしていたコナンが段々と彼女に惹かれて行くというのもお約束のパターンではあるけれど、そもそもこの話全体が定番かつ王道のファンタジーアドベンチャーであるため全く気にならなかった。それにしても無駄に上半身裸で戦っているから、敵の毒ナイフが脇腹を掠めて意識朦朧になったりするのが面白い。

06

07

もっともコナンはべらぼうな強さの戦士だけにそうでもしてハンディがないと敵もまともに戦えないのだろう。コナンの強さを逆説的に表現しているとも言える。アケロン族と戦い、敵妖術師に召還された砂の戦士と戦い、そして今度はカラー王の城の地下に住まうモンスターと戦う。先に進むにつれて敵が強くなって行くのはこれまたアドベンチャーのお約束だが、いつだってコナンが負けるはずもなく、観ている方ももちろんそれを期待している。そもそもコナンがカラー王の城に行ったのはタマラが王に浚われたからだった。しかしここでちょっと疑問だったのが、カラー王が求めていた生贄の血は“純潔の血”だったはずなのに、浚われる前日にコナンとタマラは肉体関係を結んでいたこと。つまり浚われた時点でタマラは既に純潔ではないのだ。

08

09

無論浚った方はそんなことを知る余地はないのだが、それでも生贄の血を使う際に何かが起こるかと思いきや結局なにもないままだったのがなんとも腑に落ちない。更にそれを気にしないとしても、一応は儀式に成功した割に何とも締まらない結末になってしまったのが気になる。結局のところ、ジェイソン演じるコナンの豪快な暴れっぷりを観ている分には爽快極まりないので、あまり細かいところに拘らないほうが良いのかもしれない。ちなみに一時日本でも大ブレイクした格闘家のボブ・サップがウカファという役で出ていたらしいが、観ている時には全く気付かなかったし、一体どのような役立ったかも全く覚えていない程印象にうすかったりする(苦笑)

個人的おススメ度3.0
今日の一言:ま、2・3ヶ月で忘れると思う…
総合評価:63点

作品情報
キャスト:ジェイソン・モモア、レイチェル・ニコルズ、スティーブン・ラング、ローズ・マッゴーワン、サイード・タグマウイ、ロン・パールマン、レオ・ハワード、スティーブ・オドネル、ラード・ラウィ、ノンソー・アノジー、ボブ・サップ、ミルトン・ウェルシュ
監督:マーカス・ニスペル
製作:フレドリク・マルンベリ、ボアズ・デビッドソン、ジョージ・ファーラ、ダニー・ラーナー、ジョン・バルデッチ、レス・ウェルドン、ジョー・ガッタ、ヘンリー・ウィンタースターン
製作総指揮:フレデリック・フィアースト、アビ・ラーナー、ダニー・ディムボート、トレバー・ショート、イーダ・コーワン、ジョン・サッキ、マイケル・パセオネック、ジェイソン・コンスタンティン
脚本:トーマス・ディーン・ドネリー、ジョシュア・オッペンハイマー、ショーン・フッド
キャラクター創造:ロバート・E・ハワード
撮影:トーマス・クロス
美術:クリス・オーガスト
編集:ケン・ブラックウェル
衣装:ウェンディ・パートリッジ
音楽:タイラー・ベイツ

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 屋根裏部屋のマリアたち/Les femmes du 6ème étage | トップページ | プリンセス・カイウラニ/Princess Ka'iulani »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/46293668

この記事へのトラックバック一覧です: コナン・ザ・バーバリアン/Conan the Barbarian:

» 『コナン・ザ・バーバリアン』を銀座シネパトス2で観て、何でつまんないのかねふじき★★ [ふじき78の死屍累々映画日記]
五つ星評価で【★★ロン・パールマンが出てる間は面白かった】 子供コナンまでは面白かった。 青年コナン(ジェイソン・モモア)になると、何かかっこ悪いし、人相悪いし、 野 ... [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 22時26分

« 屋根裏部屋のマリアたち/Les femmes du 6ème étage | トップページ | プリンセス・カイウラニ/Princess Ka'iulani »