« リンカーン弁護士/The Lincoln Lawyer | トップページ | ローマ法王の休日/Habemus Papam »

2012年7月16日 (月)

ぱいかじ南海作戦

Photo_2 椎名誠の同名小説を映画化。失業と離婚を同時に経験した主人公が、心を癒すためにやってきた南の島で何者かに全ての荷物を盗まれサバイバル生活を始めるハメに…。主演は『舞妓 Haaaan!!!』、『なくもんか』の阿部サダヲ。共演に『ソフトボーイ』の永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希、ピエール瀧らが出演している。監督は長編映画監督デビューの細川徹。
>>公式サイト

阿部サダヲらしい作品

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

別に何処が素晴らしいとか、終始ゲラゲラ笑えたとかではないのだが、何かホンワカ楽しく観させてもらった。南の島が舞台で、主演が阿部サダヲ、原作が椎名誠とくれば観ていなくてもその雰囲気は何となく想像できるのではないだろうか。勤めていた会社が倒産し、妻とは離婚、失意のどん底にあった主人公・佐々木(阿部定サダヲ)は、自分を見つめなおそうと何となく南の島にやってくる。劇中何処の島とはっきりとは言っていないが、沖縄の先にある島でヤマネコ注意の看板が出てくるのだからこれは西表島なんだろう。阿部サダヲのナレーションに乗せてサクサクと展開される物語は、軽いスナック菓子のように後を引く。島について行き着いたのは青い海が眩しい真っ白な砂浜だった。

02_2

03_2

意味もなくパンツまで脱いで全裸になる阿部サダヲ。舞台挨拶では同日公開の『ヘルタースケルター』とかけて笑いを取っていたようだが、そんなことをしなくても沢尻エリカのように美しくもなく、『海猿』の伊藤英明のように逞しくもない42歳のオッサンの体はもうそれだけで笑いを取れる(笑)さて、その砂浜で佐々木は奇妙な4人と出会うことに。マンボさん(ピエール瀧)、先生(浅野和之)、ギタさん(斉木しげる)、ヨシオ(大水洋介)の4人はもうこれが見るからに怪しさ120%。ただ佐々木は無警戒にも彼らの仲間に入り、浜で生活しようと決めてしまうのだった。ちなみに「ぱいかじ」とは南から吹く風の事だそうだが、風そのものは見えないだけに今一つピンと来ない。

04_2

05_2

ただとりあえず東京の猛暑日とも重なったせいで南の島の暑さがやけにリアルに感じられた。それだけに彼らの飲むビールが美味そうなこと!ところが、焚き火を囲んでの大宴会の翌日、マンボさんたち4人は佐々木の荷物と共に忽然と姿を消してしまう。ここから彼のサバイバル生活が始まるのだった。といっても、別にちょっと歩けば売店もあるし、電話もあるワケで、命の危険などゼロだ。なのに本人はサバイバルの達人ぶって物語が進行して行くのがまた緩くて面白い。まずやってきたのが会社の生活に疑問を感じたオッコチくん(永山絢斗)。佐々木にしてみれば腹ペコなところに食料を持って現れたオッコチくんは救世主なのだが、そんなことはおくびにも出さない。

06_2

07_2

佐々木はあくまでも年長者で、サバイバルの達人として彼と話すのだが、このシーン、この表向きの会話に佐々木の心の声が合わさった掛け合いが軽妙で笑える。永山絢斗はバカがつくほど好青年の役がピッタリ。芝居そのものは一本調子なのだが、その爽やかなイケメン好青年という存在そのものが、濃い阿部サダヲの佐々木とナイスコンビネーションなのだ。そんな男2人の生活にある日変化が訪れる。アパ(貫地谷しほり)とキミ(佐々木希)という可愛い女子が浜にやって来たのだ。最初はぎこちない出会いながらも、やがて4人は浜辺で一緒に暮らし始める。それにしても佐々木希の芝居はかなり酷い。短めのシーンにも関わらずあまりに情感のこもらないセリフ回しにはどん引きしてしまった。

08_2

09_2

特にアパとキミの掛け合いでは、貫地谷が上手いだけに余計に佐々木希の下手が際立っていた…。奇妙で楽しい共同生活が始まってから暫くすると、件の4人組がまだこの辺にいるらしいことが判明する。そこで佐々木は他の3人に荷物を全て盗まれたことを明かし、かくしてここに『ぱいかじ南海作戦』が始まるのだった。テントの周りに鳴子を取り付け、落とし穴を掘る、それは作戦というより、何かのイベントの準備を観ているようで、観ているこちらも楽しくなってくる。ただ結局作戦そのものとは関係のないところで4人との決着がついてしまうのは少々拍子抜けだった。離婚したCMプロデューサーの妻が砂浜にやってきて撮影を始めるというラストシークエンスは個人的には好きではない。

10_2

11_2

せっかくここまで個別のキャラクターを活かしつつ、南の島らしい贋サバイバルの面白さや、仲間との共同生活の楽しさをのんびりと描いてきたのに、最後に来ていきなりドタバタ状態。しかも佐々木は突然都会人の顔に戻っているし…。撮影用に作ったインカレ(足場)をイカダ代わりに佐々木がそれに乗って海に出るというラストは、結局何がどうだったのか良く解らないままで、いくら緩いドラマとはいえ締りがなさ過ぎだと思う。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:これといった特徴がないのが特徴かな
総合評価:63点

作品情報
キャスト:阿部サダヲ、永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希、ピエール瀧、浅野和之、斉木しげる、大水洋介
監督:細川徹
製作総指揮:大月俊倫
プロデュース:前田浩子
企画:近藤良英、福本直樹
原作:椎名誠
脚本:細川徹
撮影:芦澤明子
照明:永田英則
録音:岡本立洋
VE:鏡原圭吾
美術:新田隆之
音楽:櫻井映子
主題歌:星野源
製作年:2012年
製作国:日本
配給:キングレコード、ティ・ジョイ
上映時間:115分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« リンカーン弁護士/The Lincoln Lawyer | トップページ | ローマ法王の休日/Habemus Papam »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/46338965

この記事へのトラックバック一覧です: ぱいかじ南海作戦:

» 阿部サダヲ 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 [Nowpie (なうぴー) 俳優・女優]
阿部サダヲ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 08時33分

» 映画・ぱいかじ南海作戦 [読書と映画とガーデニング]
2012年 日本 リストラ(倒産なので退職金は無し)と離婚のダブルパンチを食らったカメラマンの佐々木(阿部サダヲ)、39歳 とにかく東京を出ようと財産を全てカバンに詰め南に向かう 成田から那覇へ、プロペラ機を乗り継ぎ、さらに船に乗って着いたのは小さな...... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 15時01分

» ぱいかじ南海作戦 : どうでもいいさぁ~ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日の広島は、暑いですなぁ。暑い時には、暑い場所で撮影されたこちらの映画をどうぞ。 【題名】 ぱいかじ南海作戦 【製作年】 2012年 【製作国】 日本 【ロケ地】 西表 [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 15時58分

» [映画『ぱいかじ南海作戦』を観た(超短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆この映画ね、全くの予備知識なく、連れの所望で観たんだけど、  公開されて三日目なのに、客がさ、私と連れの二人だけだったんだけどさ^^;  それはもう、メチャ面白かったんだよ^^  ・・・私は若い頃、世界(主に南方)を旅して回ったんだけど、危険もつきま...... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 23時20分

» ぱいかじ南海作戦 [佐藤秀の徒然幻視録]
佐々木の希も夢のまた夢 公式サイト。椎名誠原作、細川徹監督、阿部サダヲ、永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希、ピエール瀧、浅野和之、斉木しげる、大水洋介。タイトルの「ぱい ... [続きを読む]

受信: 2012年7月19日 (木) 19時30分

» ぱいかじ南海作戦 [花ごよみ]
椎名誠の同名小説の映画化。 監督は 細川徹。 主演は阿部サダヲ。 共演は永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希… 本は既に読んでいて、 ストーリーももう分かっているし 映画はどうしようかなと 思っていましたが… 見てきました。 離婚とリストラが同時にきて、 失意のま...... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 16時39分

» ぱいかじ南海作戦 [迷宮映画館]
椎名節、全開!! [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 08時06分

» ぱいかじ南海作戦 [とりあえず、コメントです]
椎名誠著の同名小説を阿部サダヲ主演で描いた楽しいコメディです。 予告編を観て、南の海とドタバタ劇なんて面白そうだなと楽しみにしていました。 美しい風景と出演者たちの笑顔が印象に残る、ちょっと可笑しな冒険物語でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 10時05分

» 『ぱいかじ南海作戦』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ぱいかじ南海作戦」□監督・脚本 細川 徹 □原作 椎名誠(「ぱいかじ南海作戦」/新潮文庫刊) □キャスト 阿部サダヲ、永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木 希、       ピエール瀧、浅野和之、斉木しげる、大水洋介■鑑賞日 7月21日...... [続きを読む]

受信: 2012年7月27日 (金) 08時00分

» ぱいかじ南海作戦/阿部サダヲ、永山絢斗 [カノンな日々]
冒険家として知られる椎名誠さんの原作小説を舞台演出などを手がける細川徹さんが映画化した作品で細川徹さんにとってはこれが劇場長編映画デビュー作だそうです。阿部サダヲさん ... [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 08時39分

« リンカーン弁護士/The Lincoln Lawyer | トップページ | ローマ法王の休日/Habemus Papam »