« グスコーブドリの伝記 | トップページ | ぱいかじ南海作戦 »

2012年7月15日 (日)

リンカーン弁護士/The Lincoln Lawyer

Photo マイクル・コナリーの同名ベストセラー小説を『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』のマシュー・マコノヒー主演で映画化。100万ドルの報酬目当てに金持ちのドラ息子の弁護を引き受けた異端の弁護士が、実は知らないうちに罠に嵌められていた…。共演には『レスラー』のマリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ウィリアム・H・メイシー。監督はブラッド・ファーマンが務める。
>>公式サイト

アメリカの弁護士モノは手堅く面白い

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01

(ネタバレで書いてます、ご注意を。)
リンカーン弁護士というからエイブラハム・リンカーンと関係でもあるのかと思いきや、主人公の弁護士ミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)が高級車リンカーン・コンチネンタルを事務所代わりに使っているからだった(笑)ミックは有能な弁護士だが、時として犯罪スレスレの手法を使って依頼人の刑を軽くすることに成功していた。アメリカの弁護士が弱冠強引な手段を使うのはあちらのドラマを観ていると良くあることで、これは司法取引という制度が大きく関係している。要するに“無実”を訴えて裁判を争い負けて重い刑罰を受けるよりも、罪を認めてより軽い刑罰で済まそうという合理的な判断だ。言ってみればミックはアメリカらしい弁護士だと言える。

02

03

まず事の発端はミックがルイス・ルーレ(ライアン・フィリップ)という資産家の息子にかかった暴行容疑を晴らす依頼を受けたことから始まる。金持ちのボンボンとその過保護な母親・そして会社の弁護士と三者がそろうとまるでそれだけで何やら裏がありそうな雰囲気ではあるが、特に司法取引を一切拒否しあくまで裁判で無実を勝ち取るよう要求するルイスの姿には一抹の気持ち悪さを感じた。ミックの親友・私立探偵フランク(ウィリアム・H・メイシー)に事件の調査を依頼すると、どうも話がおかしいことに気付く。簡単に言えばルイスがミックに嘘をついていたということなのだが、展開としてルイスはこのままでは有罪必至な状況だった。

04

05

司法取引を拒否している以上このままでは実刑もあると頭を抱えるミックが被害者の写真をみているとふとあることに気付く…。と言うワケで、物語的にはここからが本番。実は被害者の顔写真がミックの4年前に扱った事件の被害者にそっくりだったのだ。おまけにその時犯人として起訴されたマルティネス(マイケル・ペーニャ)の言うことをミックは頭から信じず、冤罪を主張する彼に無理矢理罪を認めさせて司法取引の末に終身刑を“勝ち取った”のである。マルティネスにルイスの写真を見せると、果たして彼は4年前に彼を目撃していた。要するにルイスは4年前に娼婦・ドナを殺しその罪をマルティネスに被せたということで、今回の犯人も彼である疑いが濃厚になってきたのだ。

06

07

ここで初めていつも自信に満ち溢れた彼に後悔の念が浮かぶ。それにしても本作だけでなく司法取引の矛盾を描いた作品を観るたびにアメリカの司法制度が怖くなってくる。ここでミソなのが、弁護士はその職務上知りえた秘密を決して明かしてはならないという秘匿特権。つまりミックはルイスの4年前の殺人についてもそれを外部には漏らせないのだ。これで彼は4年前は無実の人間を有罪にし、今回は真犯人を無罪にしなければならないという二重の業を背負うこととなる。そう、結局ルイスは最初から全て計算づくでミックに弁護を依頼してきたのだ。ルイスは娼婦をレイプして殺すサイコ野郎な一面より、金持ちの持つ嫌らしさの方がより強く描かれていたと思う。

08

09

絶対的な自信を持つ悪党はミックに脅しをかけ、しかもそのために親友フランクが殺される。一体ここからどう逆転する目があるのか…。本作ではそれをルイスの裁判を通じて描いて行く。ミックの「ちょとした秘策」はこれが結構唸らされるのだが、中々全容が明らかにならないだけに目はスクリーンに釘付けだ。キーとなっているのはsecret無罪にする証人が4年前の殺人を有罪にする証人secretということ。これは実は伏線があるのだが、流石にそれは気がつかなかった。最終的には“無罪”でも“無実”ではないという結末に驚くと同時に、そこまで溜まりに溜まった鬱憤を晴らしてくれるのは間違いない。この作品、続編も作れそうだが、テレビの連ドラ辺りで見たほうが楽しめそうな気もする。

10

11

【 種明かし 】
oneルイスが最初に拘留されていたときに同じ房にいたミントンがックの顧客であるレジーと同じ薬物治療の病院にいたことである作戦を思いつく。
twoミントンは過去に偽証したことがあり、仲間を4回も密告したことがある男だった。
threeそんな男がルイスの4年前の殺人事件について証言し、しかも今回の事件も彼がやったと証言。
four裁判長は偽証経験のある男に証言をさせ、陪審員に対して被告人のイメージを騙ったとして指示評決で無罪を言い渡す。
fiveしかし4年前の事件でルイスは再逮捕される。
sixフランクが殺されたのはルイスが4年前の被害者ドナの家の前で駐禁切符を切られていたことに気付いたから。つまりドナ殺害の証拠を掴んだから。
seven犯行は息子を守るために母が行ったのだが、その母がックを襲う。
eight九死に一生を得たク、全てが白日の下にさらされる。

個人的おススメ度3.5
今日の一言:「BONES」のミカエラ・コンリン発見♪
総合評価:70点

作品情報
キャスト:マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ジョシュ・ルーカス、ジョン・レグイザモ、マイケル・ペーニャ、フランシス・フィッシャー、ボブ・ガントン、ブライアン・クランストン、ウィリアム・H・メイシー、トレイス・アドキンス、ローレンス・メイソン、ミカエラ・コンリン
監督:ブラッド・ファーマン
製作:シドニー・キンメル、リチャード・ライト、スコット・スタインドーフ、トム・ローゼンバーグ、ゲイリー・ルチェッシ
製作総指揮:エリック・リード、デビッド・カーン、ブルース・トール
原作:マイクル・コナリー
脚本:ジョン・ロマーノ
撮影:ルーカス・エトリン
美術:シャリーズ・カーデナス
編集:ジェフ・マカボイ
衣装:エリン・ベナッチ
音楽:ジョン・C・フリッゼル
原題:The Lincoln Lawyer
製作年:2011年
製作国:アメリカ
配給:日活
上映時間:119分
映倫区分:PG12

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« グスコーブドリの伝記 | トップページ | ぱいかじ南海作戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/46329621

この記事へのトラックバック一覧です: リンカーン弁護士/The Lincoln Lawyer:

» リンカーン弁護士 [とりあえず、コメントです]
マイクル・コナリー著の同名小説を映画化した法廷サスペンスです。 原作は未読ですけど、久々に法廷物なので面白そうだなと気になっていました。 主人公のキャラクターが面白くて、最後まで読めない展開にドキドキしながら観ていました。 ... [続きを読む]

受信: 2012年7月15日 (日) 23時58分

» リンカーン弁護士 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
The Lincoln Lawyer (Mickey Haller)クチコミを見る地味ながらひねりが効いた法廷ドラマ「リンカーン弁護士」。表と裏の正義を使いこなすマシュー・マコノヒーのチョイ悪弁護士がハマッている ... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 09時26分

» リンカーン弁護士(試写会) THE LINCOLN LAWYER [まてぃの徒然映画+雑記]
試写会前の特別ゲストとして、国際弁護士の八代英輝とタレントのカイヤが登場。30分ほど軽くおしゃべりして、離婚ネタなどで客席をわかせてくれました。 カリフォルニアで弁護士をするミック(マシュー・マコノヒー)、ヤクの売人グループが大きな顧客のひとつで、架空...... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 20時57分

» リンカーン弁護士/マシュー・マコノヒー [カノンな日々]
リンカーン弁護士って高級車リンカーン・コンチネンタルを事務所代わりにしている弁護士のことだったんですね。ティム・バートンが手がけるドラキュラ退治するリンカーンとごっち ... [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 22時06分

» リンカーン弁護士 [心のままに映画の風景]
ミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)は、リンカーン・コンチネンタルの後部座席を事務所代わりにLAを駆け回るやり手弁護士。 ある日、暴行容疑で訴えられた資産家の御曹司ルイス・ルーレ(ライアン・...... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 15時53分

» リンカーン弁護士 [佐藤秀の徒然幻視録]
車寅次郎法曹の旅 公式サイト。THE LINCOLN LAWYER。ブラッド・ファーマン監督、マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ウィリアム・H・メイシー、ジョシュ・ル ... [続きを読む]

受信: 2012年7月17日 (火) 20時42分

» リンカーン弁護士 [Diarydiary! ]
《リンカーン弁護士》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - THE LINCO [続きを読む]

受信: 2012年7月18日 (水) 20時56分

» ■『リンカーン弁護士』■ [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2011年:アメリカ映画、ブラッド・ファーマン監督、マイクル・コナリー原作、マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ジョシュ・ルーカス、ジョン・レグイザモ、マイケル・ペーニャ、フランシス・フィッシャー、ブライアン・クランストン、ウィリア...... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 01時08分

» リンカーン弁護士/肉を切らせて骨を断つ [映画感想 * FRAGILE]
リンカーン弁護士THE LINCOLN LAWYER/監督:ブラッド・ファーマン/2011年/アメリカ マシュー・マコノヒーが色っぽすぎてたまりません! 法廷ものってあんまり見たことないですね、裁判のシーンがあるっていう意味でだったら「ラリー・フリント」とかおもしろいですけどあれ法廷ものと違いますからね。 マシュー・マコノヒーも、名前の響きがおもしろいなあというのと、よくよく思い返してみれば「コンタクト」「トロピック・サンダー」しか見ていないし、「トロピック・サンダー」のマシュー・マコ... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 11時54分

» 映画「リンカーン弁護士」2008年に読んだ原作がやっと映画化 [soramove]
「リンカーン弁護士」★★★☆ マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、 ライアン・フィリップ、ウィリアム・H・メイシー出演 ブラッド・ファーマン監督、 119分、2012年7月14日公開 2012,日本,東映 (原題/原作:THE LINCOLN LAWYER ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← マイケル・コナリーの同名小説を映画... [続きを読む]

受信: 2012年7月20日 (金) 21時14分

» [映画『リンカーン弁護士』『バットマン ビギンズ(再映)』を観た(眠いので寸評)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆昨日、シリーズ完結篇の公開を控えているがゆえの特別上映で、  シリーズ一作目の『バットマン ビギンズ』を見て、  今日、先週末から公開の『リンカーン弁護士』を観てきました^^  主人公がそれぞれ、マシュー・マコノヒーとクリスチャン・ベールなのですが、な...... [続きを読む]

受信: 2012年7月21日 (土) 06時01分

» リンカーン弁護士       評価★★★★87点 [パピとママ映画のblog]
お金を積めば誰でもOK!・・・腹黒弁護士、高級車リンカーンの後部座席を、事務所代わりにしている型破りな弁護士を主人公にした法廷サスペンス。 あらすじ:お金儲けが大好きな弁護士ミックは、美味しいクライアントを紹介される。資産家の息子ルイス。お金の匂いがプ...... [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 23時25分

» 『リンカーン弁護士』 [こねたみっくす]
無実の人間を有罪にしてしまうのも、有罪の人間を無罪にしてしまうのも、どちらも恐ろしい。 リンカーン・コンチネンタルを事務所にするこのちょいワル弁護士のキャラクターも面 ... [続きを読む]

受信: 2012年7月24日 (火) 21時52分

» 『リンカーン弁護士』 2012年7月25日 丸ノ内ピカデリー [気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)]
本日の2本目、『リンカーン弁護士』 を鑑賞しました。 暑さで体力消耗し、眠かったw 【ストーリー】  ロサンゼルス中を高級車リンカーンで奔走するやり手弁護士ミック(マシュー・マコノヒー)の顧客は、主に麻薬の売人や娼婦(しょうふ)たちだ。ある日、彼の元に殺人未遂容疑で訴えられた資産家の息子ルイス(ライアン・フィリップ)の事件の依頼が舞い込んでくる。ミックは彼の十八番の司法取引で事を丸く収めようとするが、ルイスは無実を訴える。 少し眠かったのでストーリーが把握しづらかったんだけど、 この弁護士は... [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 08時00分

» リンカーン弁護士 [Said the one winning]
監督:ブラッド・ファーマン原作:マイクル・コナリー出演:マシュー・マコノヒー マリサ・トメイ ライアン・フィリップ ジョシュ・ルーカス ジョン・レグイザモ マイケル・ペーニャ フランシス・フィッシャー ボブ・ガントン ブライアン・クランストン ウィリア...... [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 13時43分

» 『リンカーン弁護士』(2011) [【徒然なるままに・・・】]
高級車リンカーンの後部座席をオフィス代わりにしているやり手弁護士ミックの元に、暴行容疑で逮捕された資産家の青年ルイスからの弁護依頼が来た。被害者の女性レジーナは、自宅にやってきたルイスにいきなり暴力を振るわれたのだという。だが”娼婦”レジーナ宅を”客”として訪れた際に、自分は何者かに襲われ気を失っていた、彼女の怪我は恐喝を目的とした狂言だ、とするルイスの主張とは真っ向から対立するものだった。 ルイスへの疑義が高まる中で、今回の事件がかつて自分が手掛けた事件に酷似していることに気付いたミックは、今は... [続きを読む]

受信: 2012年8月 2日 (木) 22時42分

» リンカーン弁護士 [風に吹かれて]
無実の者を刑務所に入れない公式サイト http://www.foxmovies.jp/lincoln3D原作: リンカーン弁護士 (マイクル・コナリー著/講談社文庫) 高級車リンカーンの後部座席を事務 [続きを読む]

受信: 2012年8月 3日 (金) 16時24分

» 試写会「リンカーン弁護士」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2012/7/4。神保町一ツ橋ホール。 上映前にトークショーと題して弁護士の八代英輝氏とタレントのカイヤが登壇。 弁護や離婚についてトークを繰り広げた。(別記事参照) 映画は、一ツ橋ホール独特の映写の粗さに足を引っ張られはしたが面白かった。 なお上映開始...... [続きを読む]

受信: 2012年8月 3日 (金) 21時25分

» 「リンカーン弁護士」 [みんなシネマいいのに!]
 昼は大統領、夜はハンターの映画かな?と思ったら全く違った。 かといって昼は大統 [続きを読む]

受信: 2012年8月12日 (日) 21時49分

« グスコーブドリの伝記 | トップページ | ぱいかじ南海作戦 »