« ラム・ダイアリー/The Rum Diary | トップページ | プレイ‐獲物‐/La proie »

2012年7月 2日 (月)

きっと ここが帰る場所/This Must Be the Place

Photo_2 2008年のカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したパオロ・ソレンティーノ監督の作品。その時審査委員長を務めていたショーン・ペンとコンビを組み元ロックスターが絶縁状態だった亡き父の想いをかなえるためにアメリカ横断の旅をする一風変わったロードムービーだ。共演にはフランシス・マクドーマンド、イヴ・ヒューソン。名曲「THIS MUST BE THE PLACE」に聴き惚れる。
>>公式サイト

今度のショーンはビジュアル系

book あらすじ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

01_2

初めて予告編を観た時からショーン・ペンがビジュアル系?と興味津々だった作品。それ以外に一切の予備知識は無かったのだが、意外にもこれがロードムービーだった。個人的にロードムービーはあまり得意でないのだが、幸いにも?旅に出るまでかなりの時間を要すので逆に観やすかったというのが皮肉だ。名優ショーン・ペン(御年51歳)が今回演じるのはかつてのロックスター・シャイアン。いい年の男がファンデーションを塗り、真赤なルージュを引く姿は正直言って気持ち悪いし、妙にか細い声で喋るその様子はお世辞にもカッコいいロックスターには見えない。ところが不思議なことに時間を経て慣れるに従って見事にハマって見えてしまうのがショーンマジックというものだろうか。

02_2

03_2

そもそも本作では一切説明らしき説明が無い。ロックスターと言うのも別に本人がそう言っている訳ではなく、例えばミック・ジャガーが彼と一緒に歌いたがったという話があったり、或いは初めての街でも見知らぬ他人に名前を呼ばれたりするのだからこれは相当名の知れたなミュージシャンだったのだと思わざるを得ないではないか。豪邸に住み、愛する妻のジェーン(フランシス・マクドーマンド)と何不自由ないセレブな生活。しかし既に歌うわけではないのに毎日メイクをし、外出する時はキャリーバッグを手放さず、ボソボソと喋るその姿はどこか精神的に病んでいるようにすら見える。一体彼に何があったのか、どうして彼が音楽をやめることになったのか、それは後ほど判明するのだった。

04_2

05_2

さて、ある日シャイアンの元に30年前に絶縁した父が危篤だとの連絡が入る。久し振りに生まれ故郷のニューヨークに戻った彼だったが父の死に目には間に合わなかった。そもそも30年前に初めてメイクをした時から父との不仲が始まったようなのだが、恐らくソコから彼の陰鬱とした心は晴れたことがなかったのではないか。旧友であるデイヴィッド・バーン(本人)のライヴに出かけた際に彼は自らの陰なる精神性に基づいた曲を聴いて自殺した兄弟の話をする。要は彼は自分のせいで少年を死に追いやったことに責任を感じて音楽を止めたのだった。このシーン、デイヴィッド・バーン本人が本人役で登場し、名曲「THIS MUST BE THE PLACE」を披露してくれる。

06_2

07_2

かなり音楽に疎い私ですら知っているこの曲はやはり素晴らしい。シャイアンは聞きながら涙ぐむのだが、本当は父の愛を欲しており、家を出たくなどなかった彼からしたら正に父親こそが「帰る場所」だったのかもしれない。そんな彼は父の葬儀の席で、実は父がアウシュビッツにいたSS隊員のアロイス・ランゲを探し続けていたことを知る。この展開には私も驚いた。よもやここで“ユダヤ”とか“アウシュビッツ”といったホロコーストにまつわるキーワードが登場するとは思ってもみなかったからだ。かくしてシャイアンは父に成り代わってランゲを探そうと決め、ようやくここから見かけビジュアル系オヤジロッカーのアメリカ横断の旅が始まるのだった。

08_2

09_2

ランゲの妻ドロシーやその孫娘レイチェル、そしてレイチェルの一人息子、それらの人たちと出会いを重ねながら徐々にランゲの元へと迫るシャイアン。しかし旅を続け、ランゲの家族たちと出逢う旅に少しずつ彼の闇に光が差し込み、頑なに凝り固まった彼の心が解きほぐされていく様子が見えてくる。ただシャイアンはそんな自分を必死で否定しようとしているように見えた。父の恨みを晴らすこと、それが自分の存在意義であり、そうすることで30年に及ぶ父の呪縛から逃れようとするかのようでもある。既に目も見えなくなっていた老人ランゲに対する仕打ちはある意味銃殺した方がよほど慈悲深いと思われるけれど、復讐が苛烈さは即ちシャイアンの父への愛の深さなのだと思う。全てが終わり、恐らく母親と思われる女性の元に戻ってきた彼の表情が印象的だった。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:何故かしっくり馴染む…
総合評価:72点

作品情報
キャスト:ショーン・ペン、フランシス・マクドーマンド、ジャド・ハーシュ、イヴ・ヒューソン、ケリー・コンドン、ハリー・ディーン・スタントン、ジョイス・ヴァン・パタン、デヴィッド・バーン、オルウェン・フエレ、シェイ・ウィガム、リロン・レヴォ、ハインツ・リーフェン、サイモン・デラニー、グラント・グッドマン、ケフ・リー
監督:パオロ・ソレンティーノ
脚本:パオロ・ソレンティーノ、ウンベルト・コンタレッロ
撮影:ルカ・ビガッツィ
美術:ステファニア・セラ
衣装:カレン・パッチ
編集:クリスティアーノ・トラバリオッリ
音楽:デビッド・バーン、ウィル・オールダム
原題:This Must Be the Place
製作年:2011年
製作国:イタリア・フランス・アイルランド合作
配給:スターサンズ
上映時間:118分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ラム・ダイアリー/The Rum Diary | トップページ | プレイ‐獲物‐/La proie »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/46099007

この記事へのトラックバック一覧です: きっと ここが帰る場所/This Must Be the Place:

» きっと ここが帰る場所 [ここなつ映画レビュー]
人生は美しさで満ちている だけど、時々、何かが変だ… というコピーがポスターやちらしで流れるまま、いや、そりゃそうだよ、「時々」でも「何かが」でもなく、あんたすっごく変だよ…!と突っ込みたくなる気持ちでいっぱいになる。 シリアスでシュールでおしゃれな展開にしたいのか、突っ込みどころアリアリのコメディ調にしたかったのか、その判別もできず、全てが中途半端なような気がする。 ショーン・ペンだから。業界の暴れん坊だけど、稀代の演技者だから。フランシス・マクドーマンドが妻役だもの。いい味出すに決ま... [続きを読む]

受信: 2012年7月 4日 (水) 12時54分

» きっと ここが帰る場所 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。イタリア=フランス=アイルランド。原題:This Must Be the Place。パオロ・ソレンティーノ監督、ショーン・ペン、フランシス・マクドーマンド、ジャド・ハーシュ、イヴ・ヒュ ... [続きを読む]

受信: 2012年7月 4日 (水) 22時09分

» きっと ここが帰る場所 [とりあえず、コメントです]
ショーン・ペン主演のロードムービー&ヒューマンドラマです。 予告編でばっちりメイクしているショーン・ペンを観て、どんな話なのかなと不安になったのですけど、 カンヌ映画祭で審査委員長のショーン・ペンが監督さんに声をかけたことがきっかけで出来た映画と聞いて それならチャレンジしてみようかなと思いました。 アメリカを舞台にしながらも、どこか遠い時間を旅しているような主人公の姿が印象に残る作品でした。 ... [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 22時34分

» 映画「きっとここが帰る場所」@ヒューマントラストシネマ有楽町 [新・辛口映画館]
 J-WAVE「rendez-vous」さん主催の試写会、客席は満席だ。映画上映前に番組DJレイチェル・チャンさんのナビゲート音声が流れる。映画の内容に触れない粋なナビゲーションである。 [続きを読む]

受信: 2012年7月16日 (月) 17時44分

« ラム・ダイアリー/The Rum Diary | トップページ | プレイ‐獲物‐/La proie »