『5デイズ』 あらすじ・作品情報

あらすじ
2007年、イラク。アメリカ人フリー・ジャーナリストのトマス・アンダース(ルパート・フレンド)は、バグダッドの市街戦で恋人のミリアム(ヘザー・グラハム)を失い、心に大きな傷を負った。それから1年。再び戦場取材に戻る決意をしたアンダースは、グルジア共和国の首都トビリシに旅立つ。グルジアでは、南オセチア独立問題に端を発したロシアとの対立が激化しており、アンダースは、カメラマンで相棒のセバスチャン(リチャード・コイル)らと共に一触即発の紛争地帯に向かう。2008年8月8日未明、グルジア側のオセチア攻撃を理由に、ロシアは軍事介入を開始。グルジアのサアカシュヴィリ大統領(アンディ・ガルシア)は戒厳令を宣言し、ついに戦争が始まった。ロシア軍の空爆に巻き込まれたアンダースは、爆弾が降り注ぐ修羅場でタティア(エマニュエル・シュリーキー)という美しいグルジア女性を助ける。非武装地帯への空爆を告発しようとするアンダースだったが、世界の関心は開幕したばかりの北京オリンピックに集中し、この事態を伝えようとするネットワークは一局もなかった。そんな中、アンダースとセバスチャンは、離れ離れになった家族を捜すというタティアと共に危険地帯の奥深く踏み込んでゆく。そこで彼らは、市民の無差別虐殺を目撃、戦争犯罪の証拠となる映像を撮影するが、オセチア軍によって身柄を拘束されてしまう。真実を世界に伝えるため、アンダースは決死の脱出を図るが……。
(MovieWalkerより)

作品情報
キャスト:ルパート・フレンド、エマニュエル・シュリーキー、リチャード・コイル、ヘザー・グラハム、ジョナサン・シェック、ラデ・シェルベッジア、ケネス・クラナム、アンチュ・トラウェ、ディーン・ケイン、アンディ・ガルシア、バル・キルマー
監督:レニー・ハーリン
脚本:ミッコ・アラン
原案:デビッド・バトル
撮影:チェコ・バレス
美術:マーク・グレビル=マンソン
編集:ブライアン・バーダン
音楽:トレバー・ラビン
原題:5 Days of War
製作国:2011年アメリカ映画
配給:アルバトロス・フィルム、インターフィルム
上映時間:113分

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ