『エアベンダー』 あらすじ・作品情報

あらすじ
氣・水・土・火の4つの王国によって均衡が保たれていた世界。各王国には、それぞれ国の要素“エレメント”を操る使い手“ベンダー”がいた。その中でも4つ全てのエレメントを操ることができる者は“アバター”と呼ばれ、世界に調和をもたらす唯一の存在といわれていた。アバターは輪廻転生により各国順番に現われ、今世そのアバターとして生まれたのは、氣の国の民で“エアベンダー”の少年アンだった。しかし、アバターの重責に堪えきれず逃げ出したアンは氷の中に閉じ込められてしまう。ちょうどその時、火の国が反乱を起こし、氣の国は全滅、世界の秩序は崩壊する。100年後、水の国の兄妹カタラとサカによって発見され、救い出されたアンは、アバターとしての宿命と向き合い、世界に平安を取り戻すべく、さまざまな試練に立ち向かっていくのだが…。
(allcinemaより)

作品情報
原題: The Last Airbender
監督・脚本: M・ナイト・シャマラン
製作: M・ナイト・シャマラン、サム・マーサー、フランク・マーシャル
製作総指揮: キャスリーン・ケネディ、スコット・アバーサノ、マイケル・ダンテ・ディマーティノ、ブライアン・コニーツコ
原作: マイケル・ダンテ・ディマーティノ、ブライアン・コニーツコ
音楽: ジェームズ・ニュートン・ハワード
製作国: 2010年アメリカ映画
上映時間: 103分
上映方式: 2D/3D
配給: パラマウント

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ