『17歳の肖像』 あらすじ

1961年、ロンドン郊外のトゥイッケナム。ジェニー(キャリー・マリガン)はこの町の学校に通う16歳の少女。両親のジャック(アルフレッド・モリーナ)とマージョリー(カーラ・セイモア)は、成績優秀なジェニーがオックスフォード大学に進学することを期待している。苦手なラテン語に悪戦苦闘し、楽団でチェロを弾き、寝室ではジュリエット・グレコのシャンソンに耳を傾け、フランスに憧れ、ロマンティックな恋を夢見る日々……もっとも、今のボーイフレンドは、生真面目だが冴えない同級生のグラハム(マシュー・ビアード)。現実はロマンティックにはほど遠いように思われたが、大学に入ればもっともっと自由に好きなことができると信じていた。だが彼女の人生はある日突然、一変する……。

楽団の練習の帰り道、どしゃぶりの雨に見舞われたジェニーは、高級車を運転する見知らぬ大人の男性から声をかけられる。「君のチェロが心配だ。チェロだけ載せるから車の脇を歩いて」。自宅までのほんの僅かな距離を行く間に、彼の紳士的な態度と柔らかな物腰、ウィットと教養に富んだ言葉が、魔法のようにジェニーの心を捉える。気がつくと、彼女は彼の隣のシートに座っていた。それがデイヴィッド(ピーター・サースガード)との出会いだった。

雨の日の出会いから数日後、ジェニーは街角でデイヴィッドを見かけて声をかける。彼女を音楽界と夕食に誘うデイヴィッドの申し出を喜んで受けるジェニー。問題は堅物の父親だ。ジェニーの大学進学のことしか頭にない父親が、許すわけがないとわかっていた。ところが金曜の夜、彼女を迎えにやって来たデイヴィッドは、巧みな話術でたちまちのうちに初対面の父親の了解を得て、彼女を驚かせるのだった。

デイヴィッドは友人で美術品取引の仕事仲間のダニー(ドミニク・クーパー)とその恋人へレン(ロザムンド・パイク)をジェニーに紹介する。彼らが足を運ぶナイトクラブや絵画のオークションに同行したジェニーは、今まで全く知らなかった洗練された大人の世界にすっかり魅了されていく。彼女は生まれて初めて、“人生を楽しむ”ということを知ったと同時に、これまでの自分の人生が急に色褪せたものに思えてしまった。踏み出した世界の心地よさに浸りながら、それを教えてくれたデイヴィッドにますます恋をしていくジェニー。そしてデイヴィッドもまた、ジェニーの聡明さに惹かれていくのであった。

音楽界の次に、デイヴィッドはオックスフォードへの週末旅行にジェニーを誘う。泊りがけの旅行はさすがに父親に反対されると思っていたジェニーだったが、またもデイヴィッドは、オックスフォード大学の恩師であり有名作家のC・S・ルイスを紹介すると言って、父親をうまく説得してしまう。初めての旅行に胸を躍らせるジェニーは、見違えるほどのおしゃれをして旅立つ。旅先でも仕事に精を出すデイヴィッドたちに、大学見学をするとばかり思っていた彼女は若干の違和感を覚え始めるが……。

初めての真剣な恋に夢中のジェニー。17歳の誕生日を前に、もう後戻りができない大人のへの入り口で、大切な選択を迫られる。そして彼女が最後に自ら選んだ道とは……?
(作品資料より)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)