『BABY BABY BABY! ベイビィ ベイビィ ベイビィ!』 あらすじ

30代で未婚の佐々木陽子は大手出版社の編集者として働き盛り。新雑誌の編集長への昇進も決まり、順風満帆なキャリア人生を歩んでいた。だがそんな中、たびたび吐き気を催し、生理も遅れていた彼女は、もしや、と薄々感づきながら産婦人科のドアを叩くことに。そこには、40代にして4人目を妊娠中のベテランやその妊婦仲間、ワケありセレブなどの個性的な面々のほか、不妊治療中の夫婦も訪れていた。そして陽子は産科医から、やはり妊娠2ヶ月と診断される。相手はベトナム取材で一緒だったフリー・カメラマンの工藤哲也。その時酒の勢いで寝てしまった挙げ句、この結果をもたらしたのだった。こうして陽子は、哲也を呼び寄せ、無念の退職を決意し、いざ未知なる出産の道に突き進むこととなるのだが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ