『ビーストリー/Beastly』 あらすじ・作品情報

あらすじ
17歳の高校生カイル(アレックス・ペティファー)は、わがままで考えの浅い少年。だが、高校では絶大な人気を誇り、まるで王子様のように振る舞っている。自分の容姿にうぬぼれ、自信過剰になっているカイルが、愚かにもいじめのターゲットに選んだのは、ゴシック・ファッションに身を包み、陰で魔女と噂されているクラスメイトのケンドラ(メアリー=ケイト・オルセン)。しかし、ケンドラはカイルの心無い仕打ちにも動じず、逆にカイルを戒めることにする。魔法を使うことのできる彼女は、カイルの外見を内面と同等の醜い姿に変えてしまったのだ。さらにカイルは、一年以内に外見ではなく内面を見て愛してくれる人を見つけなくてはならなくなる。それができなければ永遠に“ビーストリー(=忌まわしい)”の姿のままだというのだ。ただ一つの望みは、控え目で今まで存在も気づかなかったクラスメイトのリンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)だった。果たして、カイルは一年以内に、リンディの愛によって元の姿を取り戻すことができるのか……?
(MovieWalkerより)

作品情報
キャスト:バネッサ・ハジェンズ、アレックス・ペティファー、メアリー=ケイト・オルセン、ピーター・クラウス、リサ・ゲイ・ハミルトン、ニール・パトリック・ハリス、エリック・ヌードセン、ダコタ・ジョンソン
監督:ダニエル・バーンズ
製作:スーザン・カートソニス
製作総指揮:マイケル・フリン
原作:アレックス・フリン
脚本:ダニエル・バーンズ
撮影:マンディ・ウォーカー
編集:トーマス・J・ノードバーグ
美術:ラスティ・スミス
衣装:スティラット・アン・ラーラーブ
音楽:マーセロ・ザーボス
原題:Beastly
製作国:2011年アメリカ映画
配給:ファインフィルムズ
上映時間:86分
映倫区分:G

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ