『BOX 袴田事件 命とは』 あらすじ・作品情報

あらすじ
昭和41年6月30日未明。清水市の味噌工場で一家四人が刺殺される事件が発生、容疑者として元プロボクサーで工場従業員の袴田巌が逮捕される。当初は犯行を否認していた巌だが、勾留期限3日前に一転自白し、起訴となる。主任判事としてこの事件の裁判を担当することになった静岡地裁の熊本典道。供述調書を調べ始めた彼は、自白の信憑性に疑問を抱く。また、物証に乏しく決め手に欠く裁判は長期化していく。そんな中、犯行からおよそ1年もたって突然、工場の味噌樽から血染めの犯行着衣が発見される。典道はこの新証拠にも疑問を感じるが…。
(allcinemaより)

作品情報
監督:高橋伴明
プロデューサー:西健二郎、林淳一郎
エグゼクティブプロデューサー:後藤正人
脚本:夏井辰徳、高橋伴明
撮影:林淳一郎
音楽:林祐介
美術:丸尾知行
編集:菊池純一
製作国:2010年日本映画
上映時間:117分
配給:スローラーナー

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ