『ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い』 あらすじ

18世紀のウィーン。聖職者でありながら放蕩を続けた末にヴェネチアを追われたロレンツォ・ダ・ポンテは、新天地を求めてここウィーンへとやって来る。そして新進作曲家モーツァルトと運命的に出会い、2人はイタリア語のオペラ『フィガロの結婚』を完成させ、好評を博す。その後2人は稀代の色男ドン・ジョヴァンニのオペラ化に着手、自らの奔放な女性遍歴を重ねて台本を書き上げていくダ・ポンテだったが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ