『ジェネラル・ルージュの凱旋』 あらすじ

“チーム・バチスタ事件”を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。ある日、そんな彼女の元に一通の告発文書が届く。その内容は「救命救急の速水晃一センター長(堺雅人)は医療メーカーと癒着しており、花房看護師長(羽田美智子)は共犯だ」というものだった。速水は“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を持つ男で、切れ者だが冷淡で非情な彼にはよからぬ噂も多かった。速水が主張するドクターヘリの導入も、それが何かしら彼の利益になるからだという者もいるくらいだ。そんな中、告発された医療メーカーの支店長・磯辺が院内で自殺。田口はまたもや高階院長(國村隼)から、病院内を密かに探るように命を受ける。そこに骨折をした厚生労働省の切れ者役人・白鳥圭輔(阿部寛)が運び込まれ、二人は嬉しくもない再会を果たした。実は白鳥の元にも、田口に届いたものと同様の告発文が届いていたのだ。「磯辺は自殺ではなく殺人だ。そして速水は告発通り収賄をしている」と口走る白鳥の言葉に田口は首を捻りながら、凸凹コンビの珍妙な捜査が始まった……。

(c) キネマ旬報社
(c) Variety Japan より

本文へ