『ゲキ×シネ「五右衛門ロック」』 あらすじ

時は豊臣秀吉の世。希代の大泥棒・石川五右衛門(古田新太)は役人・岩倉左門字(江口洋介)らの手でお縄となり、釜茹での刑に処される。その葬儀を仕切る謎の美女、真砂のお竜(松雪泰子)。実はお竜たちの仕掛けにより、五右衛門は生き延びていた。

そこに現れる南蛮人ペドロ・モッカ(川平慈英)たち。彼らに乗せられた五右衛門一味は、南の果てのタタラ島に眠る神秘の石≪月生石≫を求めて船出する。しかし彼らを追う左門字もろとも猛烈な暴風雨が襲い、海に投げ出される。南の島に流れ着いた彼らは、タタラ島国王クガイ(北大路欣也)の手下によって捕らえられる。絶体絶命のピンチの場に、クガイを憎むバラバ国のカルマ王子(森山未來)、ボノー将軍と妻・シュザク夫人(濱田マリ)が攻め込んできて…。

≪月生石≫の持つ力とは?クガイとは一体何者なのか?果たして五右衛門の運命やいかに! (公式サイトより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ