『ゴールデンスランバー』 あらすじ

杜の都・仙台。野党初となる金田首相の凱旋パレードの真っ最中に、突如ラジコンヘリが首相の頭上で爆発!衆目の中、首相暗殺事件が勃発する。その頃現場付近では宅配ドライバーの青柳(堺雅人)が、数年ぶりに大学時代の友人・森田(吉岡秀隆)との再会を果たしていた。森田から「お前、オズワルドにされるぞ」という謎の言葉を投げかけられるやいなや、爆発音と共に警官たちが青柳に向けて躊躇なく拳銃を構える。青柳は、反射的に地面を蹴り、仙台の街中へと走り出す。理由もわからず逃げる青柳は、実に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立て上げられていく。大学時代の友人・恋人・、職場の同僚、そして家族ら青柳の人生に関わってきた人々の手助けや励ましの中、青柳は仙台一帯に張り巡らされた包囲網をかいくぐっていくが…。
(フライヤーより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ