『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』 あらすじ

トロイ(ザック・エフロン)とガブリエラ(ヴァネッサ・ハジェンズ)はイースト高校の最上級生。それぞれ卒業後はアルバカーキ大とスタンフォード大学に進学が内定していた。しかしスタンフォード大はカリフォルニア州、地元の大学であるアルバカーキ大とは1600キロ以上も離れている。卒業したら離れ離れになってしまうという事実は、トロイとガブリエラを悩ませていた。

そんなある日、卒業前のプロムでクラス全員がミュージカルをやることに決定する。しかもその舞台はジュリアード音楽院の奨学生を選ぶ舞台になるというのだ。そしてその奨学生の候補者のなかに、何故かトロイも入っていた。身に覚えの無いトロイは困惑する。しかし実はトロイはアルバカーキ大への進学に納得していなかったのだ。父の夢をかなえるために無条件でアルバカーキ大に進学することが果たして良いことなのか。彼はバスケのほかに舞台の世界に進むことにも魅力を感じ始めていたのだった。

一方ガブリエラはスタンフォード大の入学前プログラムに参加する資格を得ていた。トロイの説得でガブリエラはプロム前にスタンフォード大へと旅立った。トロイのプロム用のタキシードが用意できたその日、ガブリエラからトロイに電話が入る。それはプロムはおろか卒業式にも戻らないというのものだった。ガブリエラは戻ったらまた友達との別れがつらくなる、それならいっそもうこのまま会わないでおこうとしたのだ。ショックを受けるトロイだったが彼はここである決断をする。それは・・・。

本文へ