『いけちゃんとぼく』 あらすじ

小学生のヨシオには、いつの頃からか“いけちゃん”がいつも一緒にいた。それは、ヨシオにしか見えない不思議ないきもの。いじめられたとき、お父さんが事故で亡くなったとき、どんなにつらいときでもこの色も形も変幻自在のいけちゃんが見守り励ましてくれた。こうしてヨシオは、一つひとつ困難を乗り越えながら少しずつ大人へと成長していくのだったが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ