『インスタント沼』 あらすじ・作品情報

あらすじ
担当していた雑誌が廃刊になり、退職することになったOL、沈丁花ハナメ。男にもフラれ、人生ドロ沼状態の彼女は、ひょんなことから自分の全く知らない実の父親の存在を知ることに。真偽を確かめるため、その男のもとを訪ねたハナメだったが、そこにいたのは“電球”と名乗るあまりにも残念な風貌の骨董屋のオヤジだった。追い打ちを掛けるように、店に出入りするパンクロッカーのガスに2人の顔が似ていると言われ、ますますヘコむハナメ。それでも電球の不思議なアドバイスでちょっとだけ光が差し込んできたハナメは、いつしか骨董の魅力にハマり出すのだが…。
(allcinemaより)

作品情報
監督・脚本: 三木聡
撮影: 木村信也
美術: 磯見俊裕
編集: 高橋信之
音楽: 坂口修
製作国: 2009年日本映画
上映時間: 120分
配給: アンプラグド、角川映画

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ