『ジェニファーズ・ボディ』 あらすじ・作品情報

あらすじ
アメリカの田舎町、デヴィルズ・ケルト。この町の高校に通うジェニファーとニーディは幼なじみの大親友。モデル並みのルックスと派手好きな性格で男子を魅了する小悪魔タイプのジェニファーに対し、地味で内気な純情少女のニーディ。そんな2人は、地元で行われたインディ・バンドのライヴ会場で火事に巻き込まれ九死に一生を得る。その直後、同じく惨事を逃れたバンドのヴォーカルに誘われたジェニファーは、ニーディの心配をよそについて行ってしまう。そしてこの日を境に、ジェニファーの美しさには磨きが掛かり、町では若い男の子たちが次々と惨殺される恐ろしい事件が相次ぐようになる。やがてニーディは、親友のジェニファーが小悪魔から本物の悪魔に変わってしまったことを知るのだったが…。
(allcinemaより)

作品情報
原題: Jennifer's Body
監督: カリン・クサマ
脚本: ディアブロ・コーディ
製作: ディアブロ・コーディ、ジェイソン・ライトマン
製作国: 2009年アメリカ映画
上映時間: 102分
映倫指定: PG12
配給: ショウゲート

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

レビューへ