『クヌート』 あらすじ

極でホッキョクグマにしては珍しく3頭の子グマが誕生するが、そのうち1頭は命を落とす。ドイツのベルリン動物園でも2頭のホッキョクグマが生まれ、母グマが育児放棄をしたために1頭は数日後に死亡、もう1頭はクヌートと命名され、人工保育で育てられることになる。一方、ロシアのベラルーシでは母グマの帰りを待つ2頭のヒグマがいた。
(シネマトゥデイより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。